2008年09月15日

オマハ プリフロッププレイその15 プリフロップシチュエーション 後編

前回の続き

Q.16 あなたはAs-Kc-Qs-4cを持ちボタンの位置にいる。前に3人のプレイヤーがリンプした。あなたはどうプレイする?

A.16 コール 私の考えではレイズをしてポットの構築をしたいところである

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.17 あなたは7s-6d-5s-2dを持ちUTGの位置にいる。あなたはどうプレイする?

A.17 コール このハンドはスペキュレィティブドローイングハンドでディープスタックゲームではレイズすることも必要だ。しかし、ディープスタックでないショートハンドゲームは捨てた方がいいハンドだ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.18 あなたはAs-Kc-Qc-9sを持ちUTGの位置にいる。あなたはどうプレイする?

A.18 レイズ 4枚のカードが9以上でスーテッドAを持っているならレイズできる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



Q.19 あなたはAd-9d-8c-7sを持ちボタンの位置にいる。前に3人のプレイヤーがリンプした。あなたはどうプレイする?

A.19 レイズ あなたは6-5-4より高いストレートカード3枚とスーテッドAはフロップを見に行ける。そしてレイトポジションにいるのでレイズをしてポットを構築したいところである。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.20 あなたはAs-2s-9d-9cを持ちボタンの位置にいる。前に3人のプレイヤーがリンプした。あなたはどうプレイする?

A.20 コール このハンドはとても大きい可能性を持っている。しかし、確率は低い。このハンドはどこからでも参加できるハンドだ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.21 あなたは8s-7d-6s-5dを持ちボタンの位置にいる。前に3人のプレイヤーがリンプした。あなたはどうプレイする?

A.21 レイズ プレミアムクラスのハンドだ。だからレイトポジションでレイズできる。特に複数人対戦の状況で真価を発揮する。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.22 あなたは8d-7c-5d-3dを持ちボタンの位置にいる。前に3人のプレイヤーがリンプした。あなたはどうプレイする?

A.22 コール スペキュレィティブハンド―ビッグプレイになる可能性を持つのでコールする価値がある

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.23 あなたはQs-Qc-Js-Tdを持ちUTGの位置にいる。あなたはどうプレイする?

A.23 コール あなたはハイペアを持っているだけでアーリーからレイズしてはいけない 例外としてときにはAAを含んだハンドかQQ-JJのようなダブルペアでレイズせよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.24 あなたはQs-Jc-Ts-Tdを持ちボタンの位置にいる。前に3人のプレイヤーがリンプした。あなたはどうプレイする?

A.24 レイズ レイトポジションからレイズできる条件は整っている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.25 あなたは5s-5c-2s-2cを持ちUTGの位置にいる。あなたはどうプレイする?

A.25 フォールド セットになってもボトムセットにしかならず、ポジションも悪い 参加できない

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.26 あなたはJc-Td-8c-7dを持ちボタンの位置にいる。前に3人のプレイヤーがリンプした。あなたはどうプレイする?

A.26 レイズ ギャップは悪いものであるのは否めないが、ボタンにいてポジションも良いのでレイズするのも正当化される状況になる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.27 あなたは8s-7d-6s-5cを持ちUTGの位置にいる。前に3人のプレイヤーがリンプした。あなたはどうプレイする?

A.27 コール このハンドはプレミアムハンドに属するが数字が小さいので少し弱くなる。ときにはレイズで参加すことも大切だが、コールする方にウェイトが大きくなっている。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.28 あなたはQd-Th-9d-8cを持ちボタンの位置にいる。前にレイズがあり、それに2人のプレイヤーがコールした。あなたはどうプレイする?

A.28 フォールド トップギャップはマージナルハンドであってプレイするとトラブルがついて回る。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.29 あなたはQd-Jc-9d-7cを持ちボタンの位置にいる。前にレイズがあり、それに2人のプレイヤーがコールした。あなたはどうプレイする?

A.29 コール このハンドはスペキュレィティブハンドでビッグプレイになる可能性を持つ。タイトプレイヤーでこのハンドを持っていればアーリーからではフォールドになるが、ボタンにいればポジションの利がありいい手が見れる可能性も高くなる。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.30 あなたはAd-8h-7d-6hを持ちボタンの位置にいる。前にレイズがあり、それにリレイズがあった。あなたはどうプレイする?

A.30 フォールド このハンド自身は悪くは無いのだが、プリフロップでリレイズがあった場合、相手がAAを持っている可能性が非常に高く、このハンドがドミネートされている可能性が高い。このような状況でコールするのはコストが掛かる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【参照記事】

オマハ スターティングハンド区分

オマハ スターティングハンドランク分け

posted by Nick O at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその14 プリフロップシチュエーション 前編

それでは今まで覚えたことを踏まえた上で練習問題を出そう ポットリミットオマハキャッシュゲーム SB $2/BB $5 テーブルにいる9人全てのプレイヤーのスタックが$1,000だと仮定する。あなたはどうプレイする?


Q.1 あなたはAc-Ad-Th-6sを持ちボタンの位置にいる。前に3人のリンパーがいる。あなたはどうプレイする?

A.1 コール このハンドは価値のないAAハンドだ。このハンドはフロップを見に行ける。しかし、レイズをする必要性がないハンドでもある。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.2 あなたはAs-Ac-Ts-5cを持ちボタンの位置にいる。前に3人のリンパーがいる。あなたはどうプレイする?

A.2 レイズ ダブルスーテッドAはレイトポジションからレイズする資格がある。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.3 あなたはAd-Ac-9d-5cを持ちSBの位置にいる。前に4人のリンパーがいる。あなたはどうプレイする?

A.3 コール Q2ではダブルスーテッドAをレイズしたが、SBにいるこの状況ではレイズできない ナッツストレートができる可能性を持ったハンドでなければレイズしてはいけない

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.4 あなたはAs-Ac-Js-Tdを持ちBBの位置にいる。前に3人のリンパーがいる。あなたはどうプレイする?

A.4 レイズ AAとブロードウェイカードとスーテッドAは複数人対戦時で勝てる可能性を秘めている。ポジションが悪くてもレイズできるハンドである。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



Q.5 あなたはAs-Ad-8s-7dを持ちUTGの位置にいる。あなたはどうプレイする?

A.5 レイズ ダブルスーテッドAとコネクターカードはどの位置からでもレイズする資格がある。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.6 あなたはAs-Ac-Js-Tdを持ちSBの位置にいる。前に3人のリンパーがいてボタンがレイズした。あなたはどうプレイする?

A.6 コール リンパーが多数いる所に前からレイズが入ったので、プリフロップでの目的の早い段階でのポットの構築は充分にできた。さらにポットを大きくする必要は無い この場面でレイズをすると… 高確率でポジションの無い状態からヘッズアップに行く事になる。ディープスタックゲームでは災害に巻き込まれる可能性が高い。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.7 あなたはAc-Ah-Jc-Jdを持ちUTGの位置にいる。あなたはどうプレイする?

A.7 レイズ AAとセカンドビッグペアとスーテッドAはどのポジションからでもレイズできる。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Q.8 あなたはAs-Ah-7s-6cを持ちボタンの位置にいる。前に4人のリンパーがいる。あなたはどうプレイする?

A.8 レイズ AAとコネクターとスーテッドAはレイトポジションからレイズできるハンドだ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.9 あなたはAs-Ah-7s-6cを持ちボタンの位置にいる。アーリーからレイズが入り、それに2人がコールした。あなたはどうプレイする?

A.9 コール ここでリレイズすることでAAを持っているという事実を明らかになることはしたくない。ジャストコールすることで1つのアドバンテージが生まれる。フロップで全員がチェックで回ってきたとき、AAがベストである可能性が充分ある。この状態でポジションベットをすればポットを取れる確率は充分にあると言っていい リレイズをするのはあなたがターゲットになるだけである。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.10 あなたはAs-Ac-Ts-Tcを持ちボタンの位置にいる。アーリーからレイズが入り、それに2人がコールした。あなたはどうプレイする?

A.10 リレイズ AAとセカンドハイペアとダブルスーテッドAは高確率で強いハンドになる。だからリレイズできる。セットができたときと、※ボードにペアができればかなりいい状況になる。

※ リレイズにコールするのは ストレート系ハンドが大半であるから、ボードにペアができると ストレートドローがあまり意味がなくなるからだろう。 だからいい状況と解釈できる。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.11 あなたはAs-Ad-Js-3cを持ちUTGの位置にいる。あなたはリンプし、次のプレイヤーが$25のレイズをした。そのレイズに4人がコールし、ブラインドもコールした。 あなたはどうプレイする?

A.11 コール $200のポットを作ることができた。ここは、AAのドローに期待したい所だ。ここでリレイズすればあなたのAAを倒しにコールするプレイヤーも現れるだろう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


※リレイズして、AA承知でストレートドロー系がコールしてくるというのもよくある話 それにUTGだからポジションも取れない 大人しくフロップを見に行くのがいい


Q.12 あなたはAs-Ad-Js-3cを持ちUTGの位置にいる。あなたはリンプし、次のプレイヤーが$25のレイズをした。そのレイズに4人がコールし、ブラインドが$180のリレイズをした。あなたはどうプレイする?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


A.12 リレイズ あなたはここで$665のレイズをする事ができる。この状況ではあなたのスタックの2/3をポットに入れる事ができる。このポットの大きさではインプライドオッズを期待してAAを打ち破ろうとすることすらできない。そして、実質的にあなたは他のAA以外は常に有利な状況になるのだ。


※ Q11と違ってプリフロップで決着つけられる状況になったからリレイズが正しいということになる。トーナメントオマハではAAプリフロップオールインがしょっちゅう行われている。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.13 あなたはKs-Qc-Js-Tdを持ちUTGの位置にいる。あなたはどうプレイする?

A.13 コールorスモールレイズ ポットの構築をしたいところだが、レイズする場合は少量でポジションが悪いときは複数人対戦の状態を保つ事が重要なのだ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.14 あなたはTs-9c-8s-7dを持ちミドルポジションの位置にいる。前に3人のリンパーがいる。あなたはどうプレイする?

A.14 レイズ これはプレミアムドローイングハンドだ。そして、3人のリンパーがいるから複数人対戦の状況となるだろう。3〜4BB程度のレイズがちょうどいい額だ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Q.15 あなたはAs-Kc-Qs-4cを持ちボタンの位置にいる。前に2人のリンパーがいて、ミドルポジションにいるプレイヤーがレイズをした。あなたはどうプレイする?

A.15 コール スペキュレィティブドローイングハンド。このハンドはA-K-Q-Jにドミネートされているリスクを持っている。しかし、ディープスタックゲームではフロップを見に行ける。

※ ボタンにいるからということも要素に入っているだろう



posted by Nick O at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその13 ベーシックコンセプト 後編

プリフロッププレイで心得る事・注意すべき点の要約

7.スペキュレィティブドローイングハンドはオールインせざるを得なくなった場合を除き、レイトポジションにいればプレイできる状況となる。

スペキュレィティブドローイングハンドはレイトポジションにいればいつでも参加できる。あなたは7-6-4-2というような小さなスペキュレィティブハンドを強調したいわけではないかもしれない あなたがボタンにいてT-9-7-5というわずかに大きいハンドを持ってプリフロップでレイズし、3人がフロップを見に行ったとしよう。あなたの敵はフロップでヒットしなければならなくなるわけだ。

ヘッズアップではどの4枚の組合せでもプレイできる。左にアクションを控えているプレイヤーがいるのならスペキュレィティブハンドを持った場合コール,レイズの判断を下さなければならない。しかしながら、あなたがショートスタックである場合プレイしてはいけない。充分なインプライドオッズを手にする事はできないからだ。


8.プリフロップでオールインできない限り、AAはドローイングハンドである。

オマハでは全てのハンドがドローイングハンドである。その事を理解してプレイせよ。その意味を知っているあなたはAAを持ったらリンプすべきだ。レイズするときはプレミアムAA(AA DS AAとハイカード2枚)を持って最大限レイズせよ

例外としてプリフロップでオールインできるときはサイドカードが弱くてもオールインせよ


9.プリフロップでAAを持ってオールインできないのなら、AAを持って大きなリレイズをするな

とても大きな間違いはあなたがAAをもった場合でプリフロップで大きなリレイズをして相当な額のポットを作ってプレイしてしまう事だ。

それがいけないのは何故か あなた自身の手で自分の持っているハンドを敵に教えるようなもので敵はAAのアウツドローだと知り喜ばせるようなものだ。その場合敵に莫大なインプライドオッズとドローを与え、AAを倒しにドローを狙いに行くだろうから


※ ローレートではAA持ったらどこでもリレイズする輩がたくさんいる。フロップを見に行ったらヒットしないAAは強くないというにも関わらずにだ。


10.プリフロップでリレイズに直面した場合、あなたがAを持っているなら一般的にフォールドが正しい選択となる。

一般的にビッグリレイズを敵がしてきたら、大抵はAAを持っている。ゲームがディープスタックである場合9s-8d-7d-6s というようなAに絡まないハンドはプレイできる。しかしA-K-J-9というようなAを含んだハンドを持っている場合フォールドすべきだ。相手は高確率でAAを持っているのであなたのハンドはドミネートされていて、敵のアウツドローも考慮してプレイするのはより難しくなるだろうから

11.あなたがレイトよりのポジションにいてプレミアムハンドを持っているのなら定期的にレイズすべきである。

ポットリミットオマハでプリフロップの段階でレイズするのは2つの良い事がある。

1.ポットを早い段階から大きくできる

2.ボタンの位置を固定できる(ポジションを取れた状態でフロップを見に行く可能性が高まる)


プレミアムハンドを手にしたら後ろのポジションからレイズを仕掛けたい(10人卓で5〜8番目辺りのこと)複数対戦の状況を保つためと、フィールドを狭めるため(ボタンからのクズ手の参加をプロテクト)するため定期的にレイズしたいところだ。

そのプレミアムクラスのハンドは、

8s-7d-6s-5d,As-Kh-Qs-9d,Qs-Qh-Js-Td,Ad-Ac-8s-7c これらの手で3〜5BBのレイズが一般的

その上に挙げたプレミアムクラスのハンドより強い

As-Ac-Js-Tc,As-Kd-Qd-Js,Ac-Kd-Kh-Qc,Kh-Qs-Js-Td という手ではブラインドでも強くレイズできると思うだろう。

しかし心得て欲しいのは複数人でフロップを見に行く状態を保つという事を優先するべきなのだ。レイズをしてヘッズアップや3人対戦になってしまったら否が応でもベットせざるを得なくなる。もし、あなたがブラインドにいる場合でレイズするのなら小さいレイズ だいたい3〜4BB辺りのレイズをしよう。



※ブラインドにいるときは不利なのでアーリーからレイズがあり、そのレイズに多数のプレイヤーがコールしたのなら、A-A-K-K DSを持っていようがリレイズせずにコールすべきなのである。この話はオマハリングで当てはまる 特にディープスタックゲーム


12.タイトにプレイすれば、ブラインドはわずかなプレイングコストとなる。ルーズプレイに掛かるコストはあなた全てのスタックがコストとなる。


1つ重要な事がある。ポッとリミットオマハのブラインドは相対的に見て極わずかだ。極わずかなコストでフロップを見に行ける。しかし、適切なハンドを持っていないのなら参加しないことが一番なのだ。

あなたはSBにいて7-6-5-4オフスーツランダウンを持っている。ここでコールせずプレイしない事がコストを抑えるための最良の選択なのだ。目的にあったハンドが来るまで待って欲しい。焦ってゴミ手をプレイするな。

アウトポジションからマージナルハンドをプレイすることを避けよ
posted by Nick O at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその12 ベーシックコンセプト 前編

プリフロッププレイで心得る事・注意すべき点の要約

1.アウトポジションからプレイするとき、あなたが優先すべき事は複数人対戦の状態を保つ事である。

フロップ以降 ビッグハンドを手にし、あなたがレイトポジションにいるなら全員チェックで回ったときベットする事でポットを獲得できる機会がある。

仮にSBでそこそこいいハンドを手にしたとしよう そこからレイズしヘッズアップに持ち込んだ。ポジションなしのヘッズアップは凄く不利な状況でフロップでヒットしなければやばい状況に追い込まれる。必然的にヒットよりもミスの方が多い。そうなると定期的にチェック・フォールドを選ばなければならないハメになる。

アウトポジション(ブラインドやアーリー)からレイズする場合は降ろすためのレイズではなく、ポットを増やすため小さいレイズにせよ そしてレイズできるハンドはプレミアムハンドのみ


2.小さいカードよりも大きいカードの方が価値がある

Q-J-T-9は同じタイプのハンド7-6-5-4よりも価値が高い。大きければトップペアやトップツーペアができる可能性が高いからだ。


3.スペキュレィティブドローイングハンドはディープスタックゲームで必要とされる。複数人対戦になる状況とインプライドオッズがあるからだ。



フロップ [ 4s 3d Jh ] You Hold 7h-6s-5h-2s

あなたは7h-6s-5h-2sを持っているとしよう。26回に1回の割合で上記のような攻める事ができるフロップになる。しかし、あなた自身がショートスタックである場合、多くの金をプリフロップでこれらの確率の低いドローイングハンドに費やす事になる。仮にできたとしても得られるチップは失うチップを上回る事はない。

スペキュレィティブハンドはマルチウェイが見込めるディープスタックゲームで取るハンドなのだ。


4.マージナルハンドはレイトポジションから小さいベットでのみの参加だけにせよ

マージナルハンドとはKh-Ks-7s-2d,Ks-Qh-Js-5hというような4枚全てが機能しないハンドで、これらの手でいつもフロップを見に行くのは愚かしい。ポジションによるアドバンテージがあるときにプレイできるハンドなのだ。


5.プレイしているゲームがルーズパッシブなら、あなたはスペキュレィテイブハンドをどのポジションからでもプレイできる。

もし、いつも5〜6人のプレイヤーがフロップを見に行っている。そしてプリフロップで小さいレイズがしょっちゅう発生している場合はスペキュレィテイブハンドをどのポジションからでもプレイできる。特にルースパッシブなテーブルはオンラインのスモールステークスでありがちな光景だ。


6.ルースアグレッシブなディープスタックゲームではスペキュレィティブハンドはどのポジションからでもプレイできる。タイトプレイヤーはレイトポジションからこれらの手をコントロールすべきだ。

5と同じように定期的に激しいレイズが発生するゲームでは、複数人対戦のディープスタックゲームをどのポジションからでもロングショット狙いでスペキュレィティブハンドをプレイできる。ディープスタックゲームとはプレイヤーのチップ平均が100BB以上のゲームのことを指す。それ以下は普通のキャッシュゲームだ。しかし、そのようなプレイだと大きなポットの前でしょっちゅうチェック&フォールドを繰り返してしまうことになるので、タイトプレイヤーはレイトポジションから多く参加すべきである。


※スペキュレィティブハンドは早々頻繁に来ない事を付け加えておく
posted by Nick O at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその11 スターティングハンドの例 後編

レーティング記号は前編を参照

前編


×Qs-Js-7c-6c

トラッシュハンド―2枚のホールデムハンドはオマハでは何も作ることはできない。運がそろえば少しのビッグプレイになる可能性を秘めているがそのような手をプレイすべきでない


×7s-7d-6s-3s

トラッシュハンド―77は弱く、16カードストレートドローになったとしても簡単にドミネートされる。


フロップ [7-5-4]

フロップストレートとセットになったとしてもセカンドナッツストレートにしかならない


△7s-5s-4c-3c

トラッシュに近いマージナルハンド―このハンドは複数対戦時に威力を発揮するが上一つのギャップはドミネートの危険性がある。


▲Kc-Qs-Js-4c

マージナルハンド―これは一般的なスリーカードハンドである。しかし、3枚のブロードウェイカードとダブルスーテッドはレイトポジションからのミニマムベットで参加できるハンドだ。

フロップ [T-9-X]

13カードナッツストレートドローが見込めるフロップ



◆As-Kd-Jc-4s

スペキュレィティブハンド―13カードナッツブロードウェイラップとナッツフラッシュドローの可能性を持つのでフロップを見に行く価値は充分あるハンドだ。



◆Js-Tc-8s-6c

スペキュレィティブハンド―16カードナッツラップの可能性がある。


★Js-Tc-9s-8c

プレミアムハンド―13カードナッツストレートドロー,ツーペア+オープンエンドストレートドローとなる可能性を持つ。そしてDSなのでフリーロールプレイができる可能性が高まる。まさにポットリミットオマハを象徴するハンドである。


★Qs-Qc-Js-Jc

プレミアムハンド―ダブルペアによるセットは21.4% ダブルハイペアはヒットしたとしてもストレートドローやナッツフラッシュドローとはならないので攻めの手段は1種類しかない。しかし高確率で強いハンドになるのでプレミアムハンドに分類されるのだ。

★As-Ac-8s-7c

プレミアムハンド―ダブルスーテッドAとコネクターは複数人対戦で素晴らしい可能性を秘めている。そしてトップセットの可能性もある。


◇As-Ac-8d-2h

スペキュレィティブハンド―AA系では最弱のハンド。このハンドをフロップ以降でプレイするのなら、フロップでAをキャッチする必要がある。


▲Kd-Jh-Td-9s

マージナルハンド―上1枚のギャップハンディキャップとなる。しかしこのハンドはインサイドブロードウェイラップの可能性を秘めたハンドだ。



◆8h-7d-5h-3d

スペキュレィティブハンド―このハンドは16カードナッツラップになる可能性を秘めたハンドだ。


☆7c-6h-5c-4h

準プレミアムハンド―フォーコネクターはプレミアムに分類されるが、ローカードは少し評価が下がってしまう。あなたはフロップをいつも見に行けると思うだろう。だが時にはこういったハンドでレイズすることも重要なのだ。


☆Qd-Js-Ts-8d

準プレミアムハンド―Q-J-T-9よりは弱いが、下のワンギャップでも充分な強さを持っている。このタイプのハンドは17カードラップドローの可能性を持つハンドだ。



★★As-Ac-Js-Tc


プレミアムハンド(ベストスターティングハンド)―高確率でナッツのドローとナッツになる可能性を持つ ドミネートされないストレートドロー(相手はドミネートされた状態になるドロー)と2つのナッツフラッシュドロー、そしてトップセットと複数のナッツが期待できる。ポジションが悪くてもレイズできるハンドだ。まさにオマハで最高のスターティングハンドである。


posted by Nick O at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその10 スターティングハンドの例 前編

前回ハンドの強さごとに分類したが、実際にハンドの例を出してみることにする。

★プレミアム(レイズでポット レイズ/時にはコール)※
☆準プレミアム(アーリーではコールや少量のレイズ)
◆スペキュレィティブ(フロップを見に行ける コール/時にはレイズ )
◇準スペキュレィティブ
▲マージナルハンド(フロップを見に行くのに条件がある コール/フォールド)
△準マージナル
×トラッシュハンド(フロップを見に行けない フォールド)


※プレミアムハンドを持って、前にレイズが入っている場合はコールしたほうがいい場面もある。


★Ks-Kd-Qd-Js

このハンドは簡単にいいフロップを想像できる。

フロップ [T-9-8]

ナッツストレート+ストレートリドロー,フラッシュリドローになる。

フロップ [K-T-9]

ナッツストレート+フルハウスリドローとフラッシュドローになる。

フロップ [X-T-9]

オーバーペア+12カードナッツストレートドローになる。このハンドは充分プレミアムハンドと言える。

☆As-9d-8d-7s

ビッグプレイポテンシャルを秘めたハンドだ。

フロップ [6-5-4]

ナッツストレートとストレートとフラッシュのリドローに

フロップ [6s-5s-2d]

13カードナッツストレートドローとナッツフラッシュドローになる。

フロップ [A-7-6]

トップツーペア+オープンエンドストレートドローに、このハンドはプレミアムかニアプレミアムドローイングハンドだ。どのポジションからでもプレイできるハンドである。

▲Jd-Jc-6c-3s

マージナルハンド JJのトップセットしか期待できない。シングルスーツは多少のヘルプになるがメインのドローにはならない。レイトからリンプすることしかできないハンドだ。

☆As-Kc-Qd-9s

フロップ [J-T-8]

ナッツストレートとフラッシュのリドロー

フロップ [Js-Ts-X]

16カードナッツストレートドロー+ナッツフラッシュドローになる。ハイカード+ナッツフラッシュドローの可能性を持つものはプレミアムドローイングハンドと言える。


◇7c-6s-3c-2s

20カードストレートドローの可能性を持つが、より大きいストレートドローにドミネートされることが多ぃトラブルの可能性を持っている。

フロップ [A-4-5]

ナッツストレートとストレートリドローになる。しかし、

フロップ [X-4-5]

だと8-7-6-5,9-8-7-6にドミネートされていることになる(66%の確率で負ける事になる)。7-6-5-2,7-6-4-2の方がいいハンドだ。

◆7c-6s-5s-5c

スペキュレィティブハンド−しかし、大きなプレイを制する可能性を秘めている。ナッツストレートになれば、セットを持っていることになり、フラッシュのリドローもある。12カードナッツストレートドロー+ペア、セット+オープンエンドストレートドローという形にもなるハンドだ。

★As-Js-Td-Tc

このハンドはプレミアムドローイングハンドだ。トップセットとナッツフラッシュドロー、12カードナッツストレートドローとナッツフラッシュドロー、小さいペアとスーテッドAはスペキュレィティブなハンドであるが、サイドカードがハイカードであるなら、ブロードウェイラップの可能性を持ち、そしてペアが大きければトップセットになる可能性も高くなるのだ。


×9h-7d-5c-3s

完全に捨てるべきハンド ダブルスーテッドになっていても同じく捨てる、このハンドでストレートができてもドミネートされる。例を出すと、

フロップ [8-6-4]

T-9-7-5にフリーロールされる。T-9-8-7に簡単にドローしに行かれてしまう。

フロップ [6-4-2]

相手が8-7-5-3であるなら、期待値が 相手0.58 自分0.42 となる。5か7が出れば相手により大きいストレートを作られ負ける。あなたは8のリドローができない限り、勝てないのだ。


◆As-2s-9c-9d

スペキュレィティブハンド−トップセットとナッツフラッシュドローは、決まれば強いドローになる。ペア部分が大きいペアであるなら、レイトポジションからレイズで参加せよ


▲Td-Ts-9c-4s

マージナルハンド このハンドもJd-Jc-6c-3sと同じくレイトポジションからリンプオンリーのハンドである。


◆Kd-Qs-Jd-8s

スペキュレィティブハンド−16カードナッツラップの可能性を持つハンドだ。


◆Ad-9d-8s-6s

スペキュレィティブハンド−このハンドは13カードナッツストレートドローとナッツフラッシュドローの可能性を秘めている。

フロップ [T-7-X] [7-5-X]

で13カードストレートドローになる。しかし、そのストレートは全てがナッツとはならない

フロップ [A-9-7] [A-8-7]

というフロップでは、トップツーペアとナッツにはならないオープンエンドストレートドローを持つことになる。同じタイプのハンドであるA-9-8-7はナッツのオープンエンドストレートドローであるからプレミアムに近いハンドとして扱われる。


◇Qc-Js-8s-7c

トラッシュハンドに近いスペキュレィティブハンド −20カードラップポテンシャルを持つが、買いかぶりすぎだ。20カードラップはロングショット(低確率で大きくなる)であり、K-Q-J-Xというハンドに簡単にドミネートされてしまう。このハンドでトップツーペアができたとしても、攻めの手段がそれ1つだけしかない。J-T-9-8であればトップツーペアができたときに、確実にオープンエンドストレートドローにもなるのだ。

×As-8c-4s-4c

トラッシュハンド―44はトップセットになったとしても、ストレートにチップを渡すようなもの 確かにDSになっているが、スーテッドAの部分を持っているため、セット+ナッツフラッシュドローという形にはならないのである。


×Kd-9d-6s-6c

トラッシュハンド―66はトップセットになってもストレートに食われる。セカンドナッツフラッシュをドローしに行くのはコストが掛かるだけである。
posted by Nick O at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその9 スターティングハンドのランク分け

スターティングハンドをタイプ別に分類したが、強さで分類するとスターティングハンドは4つに分けられる。




★プレミアムハンド

◆スペキュレィティブハンド

▲マージナルハンド

×トラッシュハンド




★プレミアムハンド

絶対条件として・4枚がシングルスーテッドorダブルスーテッドになっている(ハンドにAがある場合はAがスーテッドになっていること)が求められる。

これらのハンドはプリフロップでレイズで参加するのが基本となる。




・4枚がT以上のカード(例 A-K-Q-T)

・ビッグダブルペア(例 K-K-Q-Q)

・ダブルスーテッドA(例 As-Ad-8d-7s)

・ハイペア+スリーコネクター(例 Qd-Qc-Jd-Tc)

・A-K-Q-9,A-K-J-9,A-K-T-9,A-Q-J-9,A-Q-T-9,A-J-T-9(スーテッドA)

・パーフェクトランダウン(例 J-T-9-8)

・シングルギャップランダウン(例 J-T-9-7)

・ミドルギャップランダウン(例 J-T-8-7)




◆スペキュレィティブハンド

ドロー次第ではモンスターハンドになるハンドがこのカテゴリーに入る。フロップを見に行けるハンドだが、いつもリンプするのでは単純すぎる。時にはこれらのハンドでレイズすることも重要なのだ。特にディープスタックゲームのときや複数人対戦が望める場合などにも、またはあなたがポジションを持っているとき(ミドルにいてレイズすることでポジションが取れると思ったとき)に適度な頻度でレイズするべきである。




・ギャップのあるランダウン(例 Q-J-T-7,Q-J-8-7,Q-J-9-7)

・ペア+スーテッドコネクター(例 9s-8d-7s-7d)

・スーテッドA+ペア(例 As-2s-Jd-Jh)

・スーテッドA+T以下のストレートカード(例 As-9d-8d-7s)

・スーテッドA+ブロードウェイカード2枚(例 As-3s-K-Q)

・AA系ハンド(例 As-Ad-6d-4c)

・ミドルダブルペア (例 Q-Q-9-9,9-9-8-8)






▲マージナルハンド 

マージナルハンドは4枚全てのカードが連動しないハンド 又はメインとなる攻めが1つしかないハンドのことを指す。これらにカテゴリされるハンドは時々レイトポジションからリンプするというプレイをすべきである。




・サイドカードが弱いKK,QQ,JJ,TT (例 Ks-Kc-6d-4c)

・ラグのスリーカードランダウン (例 Ks-Qd-Jd-5s)

・サイドカードが弱いスーテッドA (例 Ad-Qs-8s-7d)

・トップシングルギャップランダウン (例 J-9-8-7)
参考記事:ストレート系マージナルハンド


・オフスーツのストレートハンド (例 7d-6s-5h-4c)






×トラッシュハンド 

上記3つのカテゴリに分類できないハンドはこのカテゴリになる。これらのハンドは捨てるべきハンドだ。9-7-5-2というようなハンドはナッツストレートになったとしても簡単にドミネートされてしまう。Kd-4s-2d-2cをプレイするのは金を投げ捨てるようなもの。勝ったとしてもポットは小さく、負けたら大きなポットを失ってしまう。


Kd-4s-2d-2cが金を投げ捨てるようなもの その理由を説明する。


フラッシュドローができた場合

フロップ [Qd-8d-3s]

Aハイフラッシュにやられる可能性があるので、Adが出ない限りフラッシュドローをあてにできない


ストレートができた場合

フロップ [3c-5d-6s]

7-4-X-Xにドミネートされている。


セットができた場合

フロップ [Qd-8c-2s]

トップセットに食われる。 アウツは2の1枚のみ


フルハウスができた場合

フロップ [Ks-Kc-4d]

上位カードの恐怖に去らされる。勝ったとしてもポットは小さい


フロップでクアッズができない限り、ポットを取る事はできないといえる




・上のカテゴリに属さない全てのハンド




【関連記事】
スターティングハンド分類

posted by Nick O at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその8 マージナルハンド系

マージナルハンドは基本的に攻める手段が1つしかないハンドのことを指す。タイプ別に分類するとKs-Qc-Js-5cというような3枚のビッグカードと機能しない1枚のカードやQc-Qh-7c-3dというようなビッグペアと機能しない2枚のカードがマージナルハンドに分類される。

As-Jd-7d-6sというようなスーテッドAを含んだ4枚全てが機能しないハンドもマージナルに分類される。スーテッドAハンドの中に2,3,4が含まれているものは捨てるべきハンドだ。

例えば、

As-Kd-2s-3h,Ah-2s-3h-5s,As-2d-4s-Kh

これらのハンドは下ストレートにしかならず、上ストレートに美味しく食べられてしまうからだ。


マージナルハンドはレイトポジションから少量のコストでフロップを見に行くハンドだ。


ストレート系のマージナルハンド群


・マージナルハンド−タイプ別紹介


▼ビッグペア  


一例
Kd-Kc-6c-5h,Qs-Qd-7c-5d,Ts-Td-9c-6s,Jh-Jd-8d-6s,
K-K-2-2,Q-Q-5-5,J-J-6-6,Td-Ts-2d-2s,





▼ストレートカード系  


一例
Kd-Qs-Js-3d,Qd-Js-Tc-2s,9s-8d-7c-5h,As-Jd-Td-7c,
9-7-5-4,T-7-6-5,7-4-3-2,J-8-7-6,


 


▼スーテッドA系  


一例
As-Jd-7s-6d,Ad-Qd-8c-7c,Ac-Kc-8c-8h,As-Ad-Ah-Qs,
Ah-Jc-9d-9h,As-Td-8h-6s,Ah-Jh-Jd-2h,




※4枚の中に2,3,4が含まないものに限る(ハンドにペアがある場合はその限りでない)

posted by Nick O at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその7 AA系―カテゴリー区分―

AA系ハンドを強さ別に区分するとこのようになる。


1.Speculative AA

オフスーツのAAハンドは全てこのカテゴリーに含まれる。スーテッドAとサイドカードが弱い場合もこのカテゴリーになる。それでもフロップを見に行く価値はある。

◆AAハンド(弱)  
代表的なハンド A-A-6-2




オフスーツAA全て,
スーテッドAとナッツストレートにならないカード2枚,





2.Premium AA

ダブルスーテッドAとスーテッドA+ハイカード2枚(A-A-J-T),スーテッドA+コネクター(A-A-8-7),スーテッドA+セカンドペア(A-A-J-J)

これらのハンドはレイズすべきハンドだ。特にレイトポジションでは
しかし、ディープスタックゲームではダブルスーテッドAでストレートの可能性が無いものやセカンドペアである場合は、アーリーからはリンプするべきだ。レイズすることで複数人対戦時にフロップで難しい状況になってしまうからだ。




★AAハンド(プレミアム)  
代表的なハンド A-A-7-2 DS



ダブルスーテッドA,
スーテッドA+ハイカード2枚
スーテッドA+コネクター
スーテッドA+セカンドペア







3.Magunum AA

スーパープレミアムAA ダブルスーテッドAでブロードウェイカード2枚,コネクター,セカンドペアがビッグペア がこのカテゴリーに入る。これらのハンドは複数人対戦時に素晴らしいポテンシャルを発揮する。オマハのスターティングハンドでベストなスターティングハンドである。どのポジションからでもレイズできるハンド

★ベストスターティングハンド★  
代表的なハンド A-A-J-T DS



A-A-K-K DS,A-A-Q-Q DS,A-A-J-J DS,A-A-T-T DS,
A-A-J-T DS,A-A-Q-J DS,A-A-K-Q DS,A-A-K-J DS,
A-A-Q-T DS,



※A-A-9-8 DSやA-A-9-9 DS もカテゴリーに入る。そのカテゴリーの中でも厳選したものだけを載せた。(つまり4枚T以上のもの)少人数だと正確に区分できるが、フルテーブルだとどれがベストスターティングハンドなのかは関係ない いいハンドならプレイするという感じなので
posted by Nick O at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその6 AA系―解説―

AAがセットになった場合それ以上のセットは存在しない。それゆえにAAはフロップを見に行く資格がある。

AAのフロップセットになったとき、ビッグラップストレートドローを相手にするよりも、フロップJJセットとの対決になる方が望ましい




フロップ [ As Jd 9c ] You Hold A-A-6-5


Opponent Hold K-Q-J-T

AA オマハ



Opponent Hold J-J-8-8

オマハ AA

※ この例の場合 AAにとってターンに出て欲しいカードは2〜7(特にダイヤ)
Jが出た場合はヘルプでもありスケアカードでもある。クアッズを作られたというのも充分考えられる。オマハではビッグペア+ハイカードという組合せも充分ありえる。


AAは、

プリフロップオールインをしない限り、全てのAAはドローイングハンドである

それはポットリミットオマハ全てのハンドに言えることであり、AAをあてにできるかどうかはサイドカード次第である。

オフスーツでストレートの可能性の無いハンド、例えばA-A-8-3はAAでしか攻めれないスペキュレィテイブハンドだ。そんなに強いハンドではない。


プレミアムハンドと呼ばれるAAは色々な形でナッツ可能性を持つハンドのことを指す。

AAのサイドカードを分類すると以下のようになる

1.スーテッドA -ダブルスーテッドA

2.ブロードウェイカード(ハイカード2枚)

3.コネクター

4.セカンドペア



スーテッドA -ダブルスーテッドA

スーテッドAあるのならば、トップセット+ナッツフラッシュドローの可能性がある。オーバーペア+ナッツフラッシュドローという形にもなる。このハンドは20カードストレートドロー+フラッシュドローと対戦したときこちらの方が勝率が高い。相手がツーペアでも同じである。




フロップ [ Qh 8h 6s ] 
You Hold Ad-Ah-6h-5d Opponent Hold Jh-Th-9s-7s

omaha AA


フロップ [ Kh 7s Qh ] 
You Hold Ad-Ah-6h-5d Opponent Hold K-Q-3-2

omaha omaha

ダブルスーテッドAAを持っていて、フロップでナッツフラッシュドローになる確率は24%になる。ターンでダブルナッツフラッシュドローになる可能性もあるのだ。


ブロードウェイカード(ハイカード2枚)

2枚のブロードウェイカード(K,Q,J,Tの2枚)はナッツストレートになる可能性を秘めている。例えばA-A-J-Tを持っているとする。

フロップ[K-Q-X] というボードになると、オーバーペア+12カードナッツストレートドロー トップセットとナッツストレートの可能性を秘めている。

ストレートの項目で説明したが、ブロードウェイラップは他のストレートドローにドミネートされず、相手をドミネートできるドローなのだ。



コネクター

A-A-8-7というようなサイドカードがコネクターであるカードがここに分類される。ストレートが期待できるサイドカードだ。スーテッドAであるならば複数人対戦時に勝てる期待性を多く秘めている。

フロップ [ Ts 6c 2s ] You Hold As-Ac-8s-7c

この場合、オーバーペア+ナッツフラッシュドロー+ガットショットストレートドローを持っている。(ナッツアウツは13枚) セットドローとフラッシュドローとストレートのドローがあるのなら攻める事は充分できる。


セカンドペア

ダブルペアでセットになる確率は21.4% ダブルスーテッドAを持っているなら、セットかフラッシュドローになる確率は45%

フロップでフラッシュ以上の役になる確率は4%になる


AA系―カテゴリー区分―に続く
posted by Nick O at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその5 ペアプラスハンド系

ペア+ハンドは主に二種類のタイプに分けられる(厳密に言えばAAを含んだハンドもこのカテゴリーに属するが、ここでは説明しない)



・ペア+コネクティングカード

・ダブルペア(2枚のポケットペア)



ペア+コネクターカード


フロップにAが出た場合、Aを用いたストレートドローは9カードストレートドローとなる。(フロップ[A-T-6] You holdK-Q-J-X ストレートのアウツはK 3枚 Q 3枚 J 3枚の計9枚)

ボード上のKを用いたストレートドローは13カードストレートドローとなる。(フロップ[K-T-2] You holdA-Q-J-X ストレートのアウツはA 3枚 Q 3枚 J 3枚 9 4枚の計13枚)

ボード上のQを用いたストレートドローは16カードナッツストレートドローとなる。(フロップ[Q-J-2] You holdA-K-T-9 ストレートのアウツはA 3枚 K 3枚 T 3枚 9 3枚 8 4枚の計16枚)

ボード上にJ,Tが出た場合、20カードストレートドローができる可能性を持ったボードになることがある。

小さいペアを持っていて、サイドカードがコネクターであるということがナッツフラッシュドローとまではいかないが多人数対戦では重要になってくる。

QQ JJ TTはそのペア部分に絡むカードを持っていない限り、プレミアムハンドではない、マージナルハンドとして扱われる。


Qs-Qc-9h-3cというようなハンドは完全に捨てるハンドだ。このハンドはワンウェイハンド(このハンドだと勝ち手段がQQしか存在しない)だからだ。しかし、あなたがもし多人数対戦時にQs-Qh-Js-Thというようなハンドを持っているならば、面白い結果となる可能性を持つ。



フロップ [ Qs 9d 2c ] You Hold Q-Q-J-T

フロップセット+オープンエンドストレートドローとなる



フロップ [ 9s 8d 2c ] You Hold Q-Q-J-T

12カードナッツストレートドロー+オーバーペア



スーテッドであるならメインのドローとならないが、フラッシュの可能性もあるので勝率も上がる。


7-6-5-5 9-9-8-7というようなペア+コネクターはフロップセット+ナッツストレートとなったとき、フルハウスリドローにもなるのだ。

特にAd-Kh-Kd-Qs As-Qd-Js-JdというようなビッグペアとスーテッドAとその他ハイカードの組合せはプレミアムドローイングハンドとして扱われる。

★ペアプラスコネクティングカード(プレミアム)  
代表的なハンド A-K-K-Q


Group1
A-K-K-J,A-K-Q-Q,A-K-K-T,A-K-T-T,A-K-J-J,
A-K-T-T,A-Q-Q-J,A-Q-Q-T,A-Q-J-J,A-Q-T-T,
A-J-J-T,A-J-T-T

Group2
K-K-Q-J,K-K-Q-T,K-K-J-T,K-Q-Q-J,
K-Q-Q-T,K-Q-J-J,Q-Q-J-T,Q-J-T-T,
K-J-J-T,K-Q-T-T,K-J-T-T,J-J-T-9,
J-T-T-9,



※シングルスーテッド以上であることが条件になる(Group1はスーテッドAがあること)


◆ペア+コネクティングカード  
代表的なハンド 9-9-8-7



一例
9-9-8-7,9-8-8-7,9-8-7-7,8-8-7-6,8-7-7-6,
8-7-6-6,7-7-6-5,7-6-6-5,7-6-5-5,6-6-5-4,
6-5-5-4,6-5-4-4,







ダブルペア

8-8-7-7,Q-Q-9-9というようなダブルペアはプレイできるハンドだ。ダブルペアはフロップセットができる確率21.4% 高確率でセットになる。しかし、このハンドは他のドローが期待できないハンドでもある。例えば、8-8-7-7というようなコネクターペアでフロップセットになればストレートドローの形にはならない。スーテッドであっても弱いフラッシュドローだからメインで攻める事はできない。

66以下のペアはトップセットになってもストレートドローボードであり、オマハではハイペアが持ちがゴロゴロ存在するので上位セットに食われてしまう。66以下のペアはAA,KKと組まない限りプレイしてはいけない。

※ KKとスモールペアはマージナルハンド(DSでもマージナル) AAとスモールペアはスペキュレィティブハンド(DSだとプレミアム) オマハではAAのリンプはよくあるのでフロップAとKが出た場合、『AA持ちなんているわけない』と思っていると痛い目に会ってしまうのを念頭に入れておくべき。


★ビッグダブルペア  
代表的なハンド K-K-Q-Q



K-K-Q-Q,K-K-J-J,K-K-T-T,Q-Q-J-J,Q-Q-T-T,J-J-T-T



※シングルスーツ以上でプレミアムハンド


▲ダブルペア(マージナル)  代表的なハンド K-K-2-2


K-K-X-X,Q-Q-X-X,J-J-X-X (Xは6以下のペア)



※ オフスーツならフォールドする割合が高まる。ミドルペア(TT〜77)は66より大きいペアとの組合せでプレイできる。


×トラッシュダブルペア   代表的なハンド 2-9-2-9 off suite


9-9-2-2,9-9-3-3,9-9-4-4,9-9-5-5,9-9-6-6
8-8-6-6,8-8-5-5,-8-8-4-4,8-8-3-3,8-8-2-2,
7-7-5-57-7-4-4,7-7-3-3,7-7-2-2,6-6-5-5,
6-6-4-4,6-6-3-3,6-6-2-2,5-5-4-4,5-5-3-3,
5-5-2-2,4-4-3-3,4-4-2-2,3-3-2-2


※ 私が解釈した捨てるべきダブルペアの候補 29oはホールデムでプレイしていただきたい。オマハでは最弱のハンドと思っていい

posted by Nick O at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその4 スーテッドA系−後編

(2) スーテッドA+オフスーツペア

スーテッドAとオフスーツペアの組合せはスペキュレィティブハンド(強い手になる確率は低いハンド)になる。しかし、このタイプのハンドはビッグポットを獲得できるポテンシャルが非常に高いハンドだ。

オフスーツペアの方がいい理由は、セット部分がヒットしたとき、ナッツフラッシュドローの可能性も出てくるからだ。





フロップ [ 9s 3d 4s ] You Hold As-2s-9h-9d

持っているペアがオフスーツであるとこのように、セット+フラッシュドローという形になる。As-8s-9d-9hというようにAスーテッドでないスーテッド部分とペア部分がコネクターになっているのならさらに価値が高まる。


当然のことながら、ペア部分は大きければ大きいほどよい。もう一度言うが、6以下のペアはスモールペアでトップセットになってもストレートドローがあるボードになってしまうのだ。だからスモールペアは捨てよ


多くのプレイヤーはAs-7h-5s-5hというようなAスーテッドのダブルスーツをプレイしたがるが、コストが掛かりあまりよくないハンドだ。特にペア部分がスモール部分であるならなおさらである。


※ ペア部分がAスーツになっているとダメな理由は、セット+ナッツフラッシュドローという形にならないからである。ビッグポットを獲るときは1種類のドローでは頼りにならない


◆スーテッドAオフスーツペア   代表的なハンド As-2s-K-K


一例
As-Xs-K-K,As-Xs-Q-Q,As-Xs-J-J,
As-Xs-T-T,As-Xs-9-9,As-Xs-8-8,



※ Xはストレートに絡まないT以下の数字のカード(例えばAs-Xs-K-KでXがJだとプレミアム扱いになってしまうから)

◆スーテッドAオフスーツペア(コネクター付)
  代表的なハンド As-9s-8-8


一例
As-9s-T-T,As-Ts-9-9,As-8s-9-9,
As-9s-8-8,As-7s-8-8,As-8s-7-7




※ これ以下のペアだとトップセットになってもストレートドローの可能性があるボードになるので除外 スーテッドA+オフスーツペアはAsはストレートに絡まないものと考えてよい



(3) スーテッドA+ハイカード2枚


最後に説明するのがスーテッドAとハイカード2枚という組合せだ。このタイプは13カードブローウェイラップとナッツフラッシュドローが期待できる。

このタイプのハンドはAs-7s-K-QよりもAs-5s-K-Qの方がよいハンドになる。その理由はホイール(A-2-3-4-5ストレート)の可能性もストレートができる可能性が広まるからだ。


◆スーテッドA+ハイカード2枚   代表的なハンド As-Xs-K-Q


As-Xs-K-Q,As-Xs-K-J,As-Xs-Q-J,
As-Xs-Q-T,As-Xs-J-T,As-Xs-K-T,



※ Xが2,3,4,5なら追加のストレートの可能性が発生する



これらスーテッドAハンドはスペキュレィティブハンドであるが、いつも安いコストでフロップを見に行くというのは単純すぎる。ときにはこういった手でレイズすることも重要なのだ。

※これらの手でレイズする場合は、レイズすることでポジション取れそうなとき、レイトポジションにいるときが条件になる。
posted by Nick O at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその3 スーテッドA系−前編

スーテッドAを含んだハンドは、フロップを見に行ったときナッツフラッシュドローの可能性があるハンドだ。スーテッドAを含んだハンドは3種類に分けられる。

(1) スーテッドA+ストレートカード

(2) スーテッドA+オフスーツペア

(3) スーテッドA+ハイカード2枚



※スーテッドAがメインに説明されているセッション ここにカテゴライズされているハンドにプレミアムハンドは存在しない(ホールデムのハンドの強さに換算するとAJ,KQ辺りか) どうプレイするかはプレイヤー次第となるハンドになるだろう。




(1) スーテッドA+ストレートカード

スーテッドAを持ったストレートハンドの中でベストなタイプのハンドは、As-9h-8s-7dのようなスーテッドA+3コネクターだ。これらのハンドは多人数対戦で素晴らしい効果が期待できるハンドだ。フロップでトップツーペア+ナッツフラッシュドロー,ツーペア+オープンエンドストレートドロー+ナッツフラッシュドロー など多数の可能性を秘めている。

◆スリーカードランダウン (スーテッドA+スリーコネクター)  代表的なハンド A-9-8-7


A-Q-J-T,A-J-T-9,A-T-9-8,
A-9-8-7,A-8-7-6,A-7-6-5,A-6-5-4




A-5-4-3がカテゴリーに含まれない理由は、12-13ナッツストレートドローの形になることがないからだ。


次にベストなものがA-8-7-5, A-8-6-5というようなスリーカードランダウンボトムギャップだ。これランpハンドはフロップ13カードナッツストレートドローとナッツフラッシュドローが期待できる。ストレートの項目でも説明したが、13カードストレートドローには全てがナッツである場合とナッツじゃないものがある。



フロップ [ 6s 4d Qs ] You Hold A-8-7-5

このケースの場合、13ナッツストレートドロー


フロップ [ 9s 6d Kc ] You Hold A-8-7-5

このケースの場合、ナッツは7枚

◆スリーカードシングルギャップランダウン (コネクター+下ワンギャップ+Aスーツ)  代表的なハンド A-9-8-6


A-Q-J-9,A-J-T-8,A-T-9-7,
A-9-8-6,A-8-7-5,A-7-6-4,A-6-5-3






◆スリーカードミドルギャップランダウン (中間にギャップのある3枚+Aスーツ)  代表的なハンド A-9-7-6


A-J-9-8,A-T-8-7,A-9-7-6,
A-8-6-5,A-7-5-4,A-6-4-3




A-9-8-5,A-9-7-5というようなボトムツーギャップのハンドは17カードラップドローが期待できる。



◆スリーカードボトムツーギャップ (コネクター+下ツーギャップ+Aスーツ)  代表的なハンド A-9-8-5


A-Q-J-8,A-J-T-7,A-T-9-6,
A-9-8-5,A-8-7-4,A-7-6-3,A-6-5-2





◆スリーカードツーシングルギャップ (中間にシングルギャップが入る3枚+Aスーツ)  代表的なハンド A-9-7-5


A-Q-T-8,A-J-9-7,A-T-8-6,
A-9-7-5,A-8-6-4,A-7-5-3,A-6-4-2






しかし、ギャップのあるハンドというものはいつもプレイすると簡単にドミネートされる。だからA-8-5-4というようなハンドは17カードラップのポテンシャルを持つが、それはナッツストレートではないから簡単にドミネートされてしまうのだ。



スーテッドA系−後編 に続く
posted by Nick O at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその2 ハイカード系

T以上の4枚のカードの組合せはプレミアムドローイングハンドになる(特にスーテッドであればなおさら)。4枚全てが9以上であるならプレイできるハンドだ。



オマハのストレートのセッションでK-J-T-9を除くハイカード4枚はプレミアムハンドであると説明した。


エースハイブロードウェイラップは9より高い4枚から構成されるストレートドローでストレートができた場合はビッグナッツストレートになる。


A-K-Q-9,A-K-J-9,A-K-T-9,A-Q-J-9,A-Q-T-9,A-J-T-9

は16ナッツストレートドローになる可能性を持っている。また13カードナッツストレートドローの可能性もある。



※上記に書いたハンドは、ストレートドロー系ハンドに分類したら下位に属する。しかし、Aを含んだ最上位のドローはとても強いハンドに分けられる


スーテッドAを持っていて かつビッグブロードウェイラップというのは素晴らしく大きなポテンシャルを秘めているハンドだ。まさにプレミアムドローイングハンドといっていいだろう。

ビッグカードを持つということはフロップでトップツーペアになる可能性も充分考えられる。


★プレミアムハイカード (4枚がT以上) 
代表的なハンド A-K-Q-J



A-K-Q-J,A-K-Q-T,A-K-J-T,A-Q-J-T,K-Q-J-T



※4枚全てがT以上でプレミアムドローイングハンド 当然のことながらDS(ダブルスーテッド)であるなら価値はさらに上がる。

★プレイできるハイカード (4枚が9以上) 
代表的なハンド A-K-Q-9



A-K-Q-9,A-K-J-9,A-K-T-9,A-Q-J-T,A-Q-J-9,
A-Q-T-9,A-J-T-9,K-Q-J-9,K-Q-T-9,K-J-T-9,Q-J-T-9, 



9が入っていてもスーテッドAがあるならプレミアムハンドとして扱われる。

Q-J-T-9,K-Q-J-9はストレート系として数えるとプレミアム扱いとなる。

K-J-T-9はマージナルハンドの中でベストハンドに分類される。


※Aの無いハイカード4枚(スーテッド持ちの状態)について

ストレートドローの形になってもドミネートされる心配もあまりないが、フラッシュドローは期待せず保険程度で考えるといいだろう(特に低レートでは「プリフロップでよほど大きなレイズが起きない限り、Aスーテッドを持ったらフロップを見に行く」という考えを持つプレイヤーも多い )
posted by Nick O at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ プリフロッププレイその1 スターティングハンド前書き

ポットリミットオマハのベストスターティングハンドは A-A-K-K,A-A-J-Tのダブルスーテッドである。

フォーランダウンA-K-Q-JJ-T-9-8もいいハンドである。つまり、4枚全てが機能するハンドこそがプレイできるハンドであるのだ。

テキサスホールデムプレイヤーはより多くのハンドをプレイできると思っている。しかし、最も強いスターティングハンドをプレイしたとしても、ヘッズアップで66%の勝率を超える事は無い。ヘッズアップの状況でプリフロップでオールインができるのなら、プリフロップ時点で決着を着けるのは正しい。

実際の話、大きいポットを獲れるハンドとそうでないハンドの差にはとても大きな差がある。


ディープスタックオマハキャッシュゲームはとてもインプライドオッズが合うゲームである。そして、どのハンドでプレイする場合も、
ビッグポットで勝つことを狙うべきである。

AAを含んだハンドはドロー系のハンドであることを理解して欲しい。

※AAを持っているからといってリレイズというのは危険すぎる。オマハでフロップAペアというのは対して強くない。


オマハではフロップでヒットした時どうプレイするかが大切なのだ。そのヒットとは…

1.ナッツストレート+リドロー

2.オーバーフルハウスorトップセット+他のドロー

3.ビッグナッツストレートドロー

4.ナッツフラッシュorナッツフラッシュドロー

5.その他のコンビネーション



いいスターティングハンドとは4枚全て機能するハンドとヒットしたとき多人数対戦でも強い手ができるハンドのことを指す。

プレイできるスターティングハンドを6つのグループに分けると…

(1) ハイカード4枚系

(2) ストレート系

(3) スーテッドA系

(4) ペア+α(ダブルペア,ペア+スリーコネクター)系

(5) エースペア系

(6) マージナルハンド




に分けられる。


【関連記事】

 スターティングハンドのランク分け
posted by Nick O at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハのストレートドローその10 その他色々

JTがナッツストレートを作ることができないとき


ホールデムではJTは強いストレートハンドでストレートができた場合、ストレートはナッツになる。しかし、オマハではそうではない。ホールデムプレイヤーがオマハをプレイしたとき、JTから発生するストレートは全てナッツだと思い込んでしまっている。





フロップ [ Kd Qd 2c ] You Hold J-T-9-8


ナッツストレートになるのはA,9のみで、相手がA-J-T-Xを持っているなら相手においしく食べられてしまう。


JTからできるストレートは全てナッツだというのは、大きな間違いだから気をつけよう。J-T-9-Xは見捨てるべきハンドだ。

※ホールデムではこういったインサイドドローとなるので相手のストレートドローにあまり警戒しないでいいが、オマハではこういった13カードブロードウェイラップはありえる。


左右される3枚目のカード

最後にドローに関わらない3枚目のカードにも気をつけろ。3枚目のカードによってナッツラップかサッカーラップ(下ストレートストレートドロー)になるか決まるからだ。




フロップ [ Kd 5d 3c ] You Hold 7-6-4-2


この場合は16カードナッツラップだ。しかしボードが


フロップ [ 9d 5d 3c ] You Hold 7-6-4-2

7と6が出ればストレートを完成にはなるが、上位ストレートでやられる可能性がある。8-7-6-Xにドミネートされてしまう形となる。



posted by Nick O at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。