2009年08月06日

オマハ古典記事 誤った認識 フルハウスのプレイ


[間違い]

フルハウスができたけど、どうすれば捨てれるの?



リミットオマハではスモールフルハウスを持ってそのような考えを持つのはおかしくない。相手がより高いフルハウスを持っていたとしても、たいした損害にはならない

ただポットリミットである場合は、あなたのスタックに多大な損害を与える事になる。そこでアンダーフル(66 フロップ[J-6-J]というような低い数字部分がスリーカードとなってるフルハウス)を手にした場合、常にシリアスな状況を迫られる。


(例)

フロップ[Jh 6c Js]

ハンド You【9h-6h-6d-5s】 あなたのポジション BB 後ろに4人のプレイヤーが控えている状況

あなたがショートスタックなら問題は無い ここでオールインせよ おそらく、中にいる1〜2人のJ持ちがコールし、キッカーがヒットしなければあなたの勝ちになる。(中にJ6,JJが無ければの話だけど)

しかし、ビッグスタック(両者共にスタックに余裕がある)であるなら状況は異なる。多くの敵がいる状況でフロップ,ターンとベット・レイズをしリバーでもベット・レイズをしても、後ろの敵がトリプスからフルハウスに昇格したか分からないのである。(もちろんこの話はJJのクアッドいないことを前提 ※そしてフロップでベットし、2人がコールしてきた場合、あなたはフロップで良い状況だったと知ることができる)


※注釈

なぜ2人がコールしてくれれば、フロップ時点で良い状況だと知ることができるのか


[J6が中にいる場合のシミュレーション]


プレイヤーA(ポジションBB ハンド 6-6-X-X )
プレイヤーB(AとBに挟まれている ハンド J-X-X-X)
プレイヤーC (AとBの後でアクション ハンド J-6-X-X)


AがBBからベットし、Bがコールする。Cは今フロップナッツのJ6を持っている。この場面でCはコールする? 答はNoになるであろう。ターン,リバーで上位カードが出れば上のフルハウスが作られる可能性ができるから、それを防ぎたいと考えるはずだ。そしてオマハでは4枚全てが機能するハンドが強い(基本知ってるプレイヤーはそのことを意識する)のでJと連動するA,K,Q,T,9,8が出れば命取りとなる。Cから見れば、AやBに安々とカードを見せたくないのでプロテクト目的のレイズをするはずだ。

66はすでにこちらが2枚持っているのでJ6持ちは一人しか存在しない J6がいたらプロテクトするためのレイズをしたい場面なので、2人がコールしたら両者ともにフルハウスじゃないと判断する事ができる。


そのことはターンでも同じことが言えるだろう。キッカーの数字が高ければどのようなベットに対してもコールをするだろう。リバーで相手がキッカーヒットしたのか分からないままリバーまで来てしまった。じゃあどのようにプレイすべきなのか?それは敵にインプライドオッズを与えないようにプレイすべきだ。以下にあなたにとって美味しくないシチュエーションを挙げよう


◆敵ができていない場合でターン,リバーであなたがベットしたとき、敵は降りる

◆敵ができていない場合でチェック(又はスモールベット)したとき、敵がビッグブラフを行えばあなたはフォールドし彼が勝つ

◆敵ができている場合であなたがチェック又はベットしたとき、敵はベット・レイズを行い、あなたが相手はブラフしてると思いコールすると多額のチップを支払う事になる

以上はマルチウェイポットでポジションがない状態からのアンダーフルを話したわけだが、ではポジションがある状態ではどうか?

私はレイトにいても多数のプレイヤーが参加しているならば、高確率でアンダーフルを持ってベットしない

ベットしコールされた場合、どういう状況か分からない状態でビッグポットが作られることになる。ディープスタック状態でアンダーフルからビッグポットを取るのは極めて難しい状況なのである。だからポットを低いままに保ったほうが安全だ。

チェックすることで相手のブラフベットを誘ったり、相手にたいした手が入ってないと感じればベットするオプションも加わる。ポットも低い状態なので被害も少なくなる。

フロップチェックストラテジーで発生する問題は、ターン,リバーで高い数字のアンダーフルができた場合である。


フロップ[Jh 6c Js 8d]

You Hold【8s-8c-5c-5h】

こうなった場合、小さいか中くらいの負けたい(勝ちたい)と思うだろう。しかし、敵がそれを察知したら、どんなハンドにも関わらずリバーでアクションしようとたくらむであろう。ハンドができたとしてもフロップと同じくチェックした方が良い 結局は、スモールフルハウスは全てのJ持ちに勝てないのだ。


※アンダーフルができた場合は、

最大限勝てるようにするか、負けを最小限に留めるか

が一番ベストなのである。


※個人的感想

ショートはオールイン ディープならベットしないが一番 私はポジション無い状態でフロップナッツフルを突っ込んで相手により良いフル作られてよく打ち負かされた。ポットを上手にコントロール(早い段階でオールインできるようにする)するのは重要な要素だと本当に思う。ナッツじゃないフルを大きなポットでプレイするのは本当に危険だ。

あと一つだけ、ボード上にエースペアが出現したら気を付けた方がいい。


[関連記事]

ビッグポットを獲るためのオマハのコツ〜フルハウス

フロップ以降のプレイ ボードにペアができたとき

posted by Nick O at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ古典記事 誤った認識 オープンエンドストレートドローについて

[間違い]

フロップでオープンエンドストレートドローができたからプレイしなければならない


オマハではボードにJ-10と出て、あなたがQ9持っているとき、オープンエンドストレートローを持っていると思ってはならない。オープンエンドストレートドローのアウツとして数えるのはナッツになるときのアウツのみだけである。

が出現すればストレートはできるが、Q-9からのストレートは良いものではない。このハンドをプレイすれば勝ちよりも負けて失う方がかなりある。


オマハではオープンエンドストレートドローを持つものは同じようにいて大抵は良くてスプリットポット(最悪なのはより良いドローのフリーロール)となる


オマハではオープンエンドストレートドローはプレミアムドローではないのだ。そしてオマハでフラッシュがある可能性は常に存在する。リバーでフラッシュができるボードとなればストレートの価値は消えうせる事になる。あなたがオープンエンドストレートドローを持ち、ボードに2枚のスーツが存在するならば一般的に投資すべきでないケースとなる。以下にオープンエンドストレートドローをプレイできない理由を挙げよう



◆敵も同じストレートドロー(それかよりよいドロー)を持っているだろう

◆ドローするオッズはどう見ても良いとは言えない(あなたのアウツは全てナッツなのか?)

◆ストレートを作っても負ける可能性がある。ストレートを作っても新たにフラッシュの可能性が出たり、より高いストレートが作られる可能性がある。又、ボードにペアができることでフルハウスが作られる恐れもある。



これらの意味があるから、オマハでは決してオープンエンドストレートドローをプレイすべきでないのか? もちろんそうじゃない 場合によりけりだ。あなたにラップエンドストレートドロー(手札とフロップにある6枚を用いれば連続した数字となる状況のドロー 例としてJ-T-9-7 フロップ[8-6-2])とフラッシュのアウツがあればプレイできるポテンシャルとなる。

オープンエンドストレートドローは最大で8枚のアウツで、ストレートを作ることができても確実にあなたにポットを取れるわけではないのだ。だから、オープンエンドストレートドローができたからプレイすべきという考えは誤りだ。


[関連記事]

ビッグポットを獲るためのオマハのコツ その1

8カードのストレートドローをプレイしてはいけない理由
posted by Nick O at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ古典記事 スターティングハンド分類・プレイの仕方 ストレートハンド編

Rundown hands

フォーコネクターカード(なるべくならスーッテドであるもの)を持ったときは、次に挙げることを理解して欲しい

このタイプのスターティングハンドはとても稼げるハンドだ

これらのハンドは高い確率でビッグラップ(アウツが13枚以上のナッツストレートドロー)やペア+ストレートリドロー,ツーペア+オープンエンドストレートドロー というようなハンドになるのが目標である。(ポジションは重要で、ポジションがない状態でビックドローを持つよりも、ポジションがある状態でドローを持ったほうが稼げる)

Q-J-T-9というような四連続続いた数字のスターティングハンドを持てたら非常に好ましい事なのである。フロップで好ましい状況となったとき、あなたはツーペアとストレートorツーペアとストレートとフラッシュ という複数の攻めの手段が整う事になる。


ビッグドローができた場合、フロップ以降はアグレッシブに攻めるべきだ。(相手がドローなしの現ナッツのトップセットでこちらがビッグドローの場合、トップセット側が若干有利でしかない)


私はスモールランダウン(小さい数字四連続コネクター 7-6-5-4等)を好んでプレイする。特にポジションがあるならなおさらである。先ほど挙げた ダブルペアやビッグペアと同様にプリフロップでは時々レイズで入る。フロップでドローをキャッチできたら非常に好ましい状況となるであろう。


敵はレイズがあった場合、小さい数字よりも大きい数字を警戒する

テーブルにいるプレイヤーが少ないなら、スモールランダウンを好んでレイズせよ また、これらのハンドを持ってAA持ちの大きなリレイズをコールするのは危険なプレイとなる。オッズ的に3回に2回はAAに負ける事になる。しかし、大きくリレイズされた場合は相手のハンドをAAだと判断できた上でフロップを見に行く事ができるから、充分スタックがあり、インプライドオッズを手にできるなら承知の上でコールするのもよいだろう。


ストレート系ハンドは、ポットリミットオマハの中で最も稼ぎやすいスターティングハンドである。以下にこのタイプに属するスターティングハンドの注意点を挙げる


・ポジションの無い状態でこれらのハンドをプレイする場合、特に小さい数字のコネクターハンドはとてもコストが掛かる


敵があなたがターンでドローをミスしたと判断したときは、あなたを倒そうと試みるだろう。敵があなたにドローができたと判断したときは、敵は逃げてゆくだろう。


あなたにポジションがないときにする最高の選択は、

フロップでオールインに持ち込めるように挑戦することだ


ターンでできるかどうか待つよりもそうした方がオッズ的に良いのだ。しかし、このプレイは勝つチャンスのない持ってプレイしてはならない


※あなたのチップスタックが大きくないのなら、このことは特に断言できる。


(※個人的感想)

スタックが大きければ、リスク回避>チップ獲れるチャンス という判断で降りたほうが良いケースがたくさんあるが、ショートの場合はリスク回避を考えなくても良いのでオールインが有効となる。



・上の数字に伸びるストレート系ハンドが好まれる


J-9-8-7よりもJ-10-9-7の方が良いとされる。その訳はJ-9-8-7はギャップを埋める10出てストレートドローとなっても、ナッツストレードローのアウツは少ないが、J-10-9-7の場合はが出たら、アウツ全てがナッツのアウツになる可能性が高いからだ。ゆえに4枚のストレート系ハンドは、 

数字4連続>下ギャップ>中間ギャップ>上ギャップ

という風に判断される。

ポットリミットオマハはスーテッドAやビッグペアは多くの場合で価値を付加することとなる。


Q1 プレイヤーAとプレイヤーBが持つハンドはどちらの方が良いスターティングハンドを持っているか選べ そう判断した理由も答えよ


プレイヤーA・Ah-7h-Qs-3d プレイヤーBAh-9d-8h-7c


A.Bの方が良いハンドとされる。理由はAにはストレートドローの可能性が無いが、Bにはストレートドローの可能性があるからである。



Q2 プレイヤーCとプレイヤーDが持つハンドはどちらの方が良いスターティングハンドを持っているか選べ そう判断した理由も答えよ


プレイヤーC・Kh-Qh-Qs-Jd プレイヤーDKh-Qd-Qh-8c


A.Cの方が良いハンドとされる。理由はCがセットを手にしたときは、Dはストレートドローの可能性は無いが、Cにはドローできる可能性があるからである。


最後に、J-T-9-3というような4枚のうち役に立たない1枚が含まれたハンドはプレイしてはならない(dangler Hand<デングラーハンド>という) 特にハイステークスゲームやスタックが大きいときでこれらのハンドをプレイするのは命取りになる。
posted by Nick O at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ古典記事 スターティングハンド分類・プレイの仕方 ペア編

Big Pairs(AA or A-K-K)

ポットリミットオマハプレイヤーは単純にAAを持ったからといってレイズすることは少ない 2枚のカード,チップスタック,今いるポジションを考慮せずにレイズするか決めなければならない。より経験のあるプレイヤーはAAをよくよくリンプで入る。プリフロップのレイズに対し、リレイズすることでプリフロップの段階で勝負を決めたり、ヘッズアップに持ち込むためのリレイズというのが狙いとなる。どちらもポットを最大限に獲得する為にやるプレイとなる。


手札がバレたとしてもリレイズすることで多数のコストを払ってまでフロップを見に行く選択は取らないから勝つことができる。しかし、リレイズをしても相手のスタックが85〜90%残るのであれば、相手は「相手のハンドに負けていることを承知の上でフロップでヒットする事」を願ってコールしてくるだろう。つまり、スタックのあるコーラーに対して、


完全なインプライドオッズを与える事になる


こちらは自分のハンドは何を持っているか教えていて、かつ相手は何を持っているか分からないのである。オマハはオーバーペア程度では強くは無く、ありとあらゆるドローが存在するのだ。


※1レイズに対してリレイズをする場合は、


敵がオールインしてくるのを捕まえられるときかフロップ1回のポットベットで充分な金を置けるときのみ


(※1個人的感想)
オマハはポットコントロールが本当に重要 AAをいつでもポットベット、ポットリレイズすると痛い目に会うだろう


Two Pair Hands

ダブルペアハンドはペア数字の高さによって価値は変わる。Q-Q-J-JはQ-Q-7-7よりも価値がある。しかし、大部分の状況下でQ-Q-7-7はプレイできるハンドだ(ポジション スーツがあればハンドの価値は若干高まる)

私はこれらのタイプのハンドを手にしたら、レイズで入るだろう。それに対してリレイズされた場合、そのリレイザーのハンドが予想できて(リレイズした場合、大概はAA)スタックに充分余裕がある場合はセットができることを狙いコールする。私がダブルペアをレイズで入る理由は、※2フロップのボードにフラッシュやストレートドローがある状態のときにできたフロップセットをプロテクトしたいからだ。つまり、ボードのコントロールをするために行う。しかしこのプレイは私にとって助けとならず相手を助けるために終わるかもしれない。そのときは私はほとんどの場合ハンドを諦めるだろう

K-K-T-Tというような2つのハイペアは事実上いつでもプレイできるが、7-7-3-3というようなスモールペアのダブルペアはプレイできない


ポットリミットオマハはボトムセット,ミドルセットをプレイしたいと思うな 特にディープスタックゲームにおいてはなおさらである

またQ-Q-7-7というようなハンドを手にしたときアグレッシブになるべきでないということは分かっているだろう。それは正しい この場合スモールレイズでの参加してもいいが、大きすぎるレイズはしてはならない 前述の通り、AAはリンプで入るケースが多くリレイズしてプリフロップで勝負決めることができるチャンスを与えてしまうかもしれないのだ。あなたのスタックがディープでないならコールはできない。レイズをすることで大きくなったポットをいいフロップになってポットを勝ち取る事を狙うほうが得となるであろう。



※2 ポットが低いとアウツが少なくてもドローしに来るケースが多い ポットリミットはポットベット以上のベットができないので気軽にコールできないベットをするためには前に準備をしなければならない
posted by Nick O at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハ古典記事 ブラフのインパクト

ポットリミットオマハは他のゲームやベッティングストラクチャーと比較しブラフの可能性は非常に多い。しかし、行われるブラフはピュアブラフでなくセミブラフが大半だ。オマハはビッグドローがフロップでできたら、すでに作られたハンドよりもアグレッシブにプレイするゲームだ。

(例1)

フロップ[Jh 9d 3h]


※1現在の勝率
【Js-9s-5c-2c】31.46%
【Kh-Qd-Td-8h】68.54%


現段階では【Kh-Qd-Td-8h】はKハイなのだが、トップツーペアよりも勝率はある。オマハはドローがかなり強いゲームなのだ。ドローでの強気なベッティングはかろうじてセミブラフとして数えられる。ブラフを積極的にしよう


※1 ディープスタックゲームではトップツーペアだけのハンドはデットマネーになる可能性があり、大きく金を失いかねないのでフォールドで正しいが、ポットが小さい場合はフロップベットにコール(レイズやフォールドするよりも)し、ターンにドローに影響しないカードが出れば、ターンでの勝率はほぼ5分になるのだ。このことはオマハのグットプレイヤーは知っている。小さいポットで降りるという考えはこんなに大きな誤りであるのだ


(個人的感想)
今まではトップツーペアはたいした事無いハンド 相手のベットは受けられないと言う教えを守り、相手のちょっとしたベットに降りてきたわけだが、これを読んで「ポジションがありブラフで降ろせる可能性があるなら、コールという選択肢も充分ある」という考えも持つようになった。ビッグポットのときでマルチウェイなら危険だけれども



ディープマネーのゲームではビッグブラフをリバーで行うのは効果的だ。ただ、敵がいい手を持っているときは相手もブラフだと疑うかもしれないけど効果は大きい

(例2)

フロップ[Kh Tc 3h]


ハンド
You   【Ah-Jh-7c-7s】
Opponent【Ks-Kd-Qd-9s】


あなたがアーリーポジションにいてチェックし、敵がポットベットをし、あなたはそれにコール

ターン[Kh Tc 3h Jd]

敵はトップセットを持っているが、ターンで出たJdは好ましくないカードだ。相手にナッツストレートができた可能性も否定できないからである。ここでベットすればナッツストレートを持っているように見せかけられる(ただしこのブラフをする場合、フロップポットベットにコールしなければならない) ここでポットベットをし、敵はコールした。

リバー[Kh Tc 3h Jd 4s]

ボードにラグが出現し、グットサイズのベットを打てばあなたはポットを勝ち取れる。相手は自分より良いハンドを持っているのにも関わらず勝つことができるのである。だからといってナッツを必要じゃないと考えてはいけない 基本はナッツで勝ち取る事なのだ。だが、あなたのブラフはあなたにとって良いチャンスをもたらすだろう。特に相手がタイトでしっかりしたプレイヤーならブラフすることで相手を乱れさせられる。


Bare Ace Bluff

オマハでよく働いてくれる"ベアエースブラフ(ドライエースブラフ)"を紹介しよう フロップで3枚のスーツが出て(又は2枚のスーツから3枚目のスーツが出現したとき)、あなたがスーツになってないエースを持っているときは、ここでベットすれば、フラッシュができないにもかかわらずポットを勝ち取れる。


なぜ勝ち取れるのかというと相手はナッツフラッシュを持っていないことをあなただけが知っているから勝つことができる。オマハはナッツを目指すのが基本だから相手は降りてしまうのだ。(もちろん、このブラフをするときは相手がKハイフラッシュを降りれるプレイヤーかどうか知る必要がある)


このプレイはやりすぎてはいけない 察せられてしまうからだ。このブラフがベストに働くときは セットやツーペアなどペア系ハンドとエースを持っているときである。相手がナッツでないフラッシュでコールし、こちらにフルハウスができたときは相手に勝てる。


実際にブラフを仕掛けるときは、ピュアブラフよりもセミブラフのほうがよいだろう。


最後に、1つ あなたのチップと敵のチップスタックの差にいつでも気を配るべき

ショートであるならオールインかフォールドの選択しかない。あなたにセカンドベストハンドが配られたときは基本的に金をあきらめよう。そして死を恐れぬ男や真に強いプレイヤーはリバーで大きなブラフを仕掛けてくる。完全に強いか全くの嘘しかないベットは強さを意味するのだ
posted by Nick O at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。