2008年07月20日

ビッグポットを獲るためのオマハのコツ その3

・Set VS Over Set

ミドルセット,ボトムセットを好んでプレイするプレイヤーはポットリミットオマハでは多い。ホールデムではセットを持ってリバーまで行ってもいい。ビッグポットを手にできる可能性が高いから しかしオマハでオーバーセットは日常茶飯事だ。クアッドができない限り勝つことはできない。トップセットをを持ったときのみプレイすればその危険性は少ない ミドル,ボトムセットはトップセットに食われる。スモールペアはプレイしない事が一番なのだ。

心得その8 ビッグポットになった際、ミドルセット,ボトムセットをプレイすると大きく負ける

心得その9 スモールペアは捨てよ 77よりも小さいペアはトップセットにならず、トップセットになったとしてもストレート相手にチップをプレゼントするようなものだから


※オマハ低レートではセットでプリフロオールインに発展するなぁ・・ 本当にスモールペアだけでプレイする奴が多い



・Flush VS Over Flush



Player A hold Jc Jh Ts 9c

Player B hold Ac 7c 6h 5s

[Js 4c 3d]

Aはトップセット Bはナッツストレートドローでアウツは13枚

ターンに出たのが

[Js 4c 3d Qc]


リバーに出たのが


[Js 4c 3d Qc Kc]

Aはセカンドナッツフラッシュができた。

このケースの場合、Aはリバーでフラッシュができたことがいいことだと信じている。バックドアフラッシュではナッツフラッシュがないと思いがちだ。

※ このケースの場合 ナッツストレートもオーバーセットも倒す事ができるから

フロップでビッグベットし、後にフラッシュが出ると彼がナッツじゃないフラッシュでもバックドアフラッシュをありがたがる。バックドアでもセカンドナッツフラッシュならかなり助かると思っている

BはAからのフロップのビッグベットをナッツストレートドローとナッツクラブスを持ってコールすることは妥当だ。

ここでAはリバーでベットするのではなく、コールorフォールドを選択した方が良い


心得その10 一般的なルール 多くの金を失う事態を避けるにはナッツでないフラッシュは捨てよ

※逆に言えば、オマハではスーテッドAはすごく価値があるという事になりますな バックドアナッツフラッシュはものすごく稼げる手なんじゃないでしょうか
posted by Nick O at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103258535

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。