2008年07月20日

スリーカードポーカーのストラテジー

スリーカードポーカー



スリーカードポーカー ルール

@アンティにベットし、カードが3枚配られる。
Aフォールドかベットの選択をする。フォールドした場合 @に戻り1単位失う ベットする場合、1単位支払う。
Bディーラーのカードがオープンされる。ディーラーがQハイ以下の場合 ディーラーは降りて1対2の配当を得る。Qハイ以上の役の場合勝負になり勝てば1対1の配当を得る。
Cスリーカードポーカーの役の強さは以下のようになる

ハイカード<ペア<フラッシュ<ストレート<スリーカード<ストレートフラッシュ

Dストレート以上の役で勝てた場合、追加のボーナスを得る事ができる

ストレート 1倍
スリーカード 4倍
ストレートフラッシュ 5倍

※カジノによってその倍率は違う





【できる役の確率】





Wizard of Oddsより、ペアにならない確率は74%


【アンティボーナス】



Element of Riskというのは最適プレイをしたときのハウスエッジ 自分でベットの選択をできるゲームはこちらが正確なHEと考えていい 上はanyハンドプレイしたときのHEである。


【ペアプラスボーナスのHE】

スリーカードポーカー3


サイドベットで ペア以上の役ができたら配当が出るミニゲーム 基本的にHEが高いので無視すべき存在 ただスリーカードポーカーでジャックポットが存在するなら額によっては参加を検討する余地がある。


【ストラテジー】

3枚がQ64以上なら参加 それ以下は降りる


【ソフトウェアごとのHE】※最適プレイ時のHE ()内の数字はペアプラスのHE

・マイクロゲーミング 2.01%(2.32%)

・クリプトロジック 2.01%(2.32%)

・プレイテック 2.01%(2.32%)

・ネットエント 2.01%(5.02%)

・RTG 2.01% or 2.56%(2.32% or 4.58%)

・WAGERWORKS 2.01%(2.32 or 2.70%)

・RIVAL GAMING 2.01%(2.32%)

・CANTOR GAMING / KISMET 1.93%(2.32%)

・ODDS ON 2.01%(2.32%)

・PARTY GAMING 2.01%(2.32%)

posted by Nick O at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオポーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103260278

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。