2008年07月20日

【Limit Hold'em】Hand8 Small Blind,Small Hand 解答編

<スコアチャート>

100 エクセレント!ハンドの価値を正確に掴みかつ手を守ることができた。

90〜99 ベリーグット Johnのようなプレイヤーと戦うのは楽ではない

80〜89 グット ハンドをプロテクトする事で重要なのはホールデムの戦術を理解することそして素直にベットしてばかりではベストな手段をしているとは言えないということだ

70〜79 平均レベル あなたはもう少し押すべき所と退くべき所を学ぶべきだろう

60〜69 ドンマイ こういうハンドのプレイは難しく操るのは困難なのだ

60以下 下手糞




★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Q1. (a) 0 (b) 2 (c) 5

KQはいいハンドで充分レイズができる。しかしポジションは悪い。フロップでKかQができたのならあなたはビジネスするチャンスだ。もしAが出てもあなたはベットするといい。その理由はレイズをされたら簡単に退く事ができるし、彼らがどういったプレイをしてくるか見ることができる。またレイズをすることでBBにいるGeorgeがフロップに参加しない可能性があるのだ。


Q2. (a) 0 (b) 5 (c) 1

あなたはT9sというまともなドローイングハンドを持っている。しかし、まだ何もできていない状態だ。そして今いるポジションはそのような状態からレイズで入るのは悪手としかいいようがない。こういったドローイングハンドで参加する場合はあなたがレイトポジションにいてもう1〜2人のコーラーがいるのが望ましい。このことをノートに書いて欲しい ここはチェックしGerogeがタダでフロップを見に行く事を願おう



Q3. (a) 0 (b) 15 (c) 8

Q4. (a) 0 (b) 4 (c) 15

あなたが成し遂げるためには少し考える必要がある。あなたはきちんとしたハンドを作らなければ勝つことはできないだろう。ここで優先することは持っているハンドをきちんと守ることである、そうすることで勝ちが繋がるケースである。あなたのハンドを守る手段は相手が持っている可能性があるKQや54のような弱いドローイングハンドをおっずこーるさせないようにすることである。このハンドはそれぞれ6〜5のアウツがある。

Q3のケース
ポットには120$あり、レイズがあったプリフロップであなたはT9sをイージーコールした。Johnがボタンにいるのにだ。ベットした場合、フロップで彼はレイズをしてくるだろう。ここで弱いドローハンドを持っている可能性がある2人は手助けをしてくれないだろう。ゆえにここでベターなプレイはチェックする事だ。2人ともチェックするという予想が当たる事を信じよう。ボタンまでチェックで回った場合、Johnはプリフロップでレイズをしたのでここでベットするはずだ。ベットしてきたらあなたがチェックレイズすることでDavidとGeorgeはダブルベットをコールしなくてはならない。ポットは165$でコールに30$のコストが掛かる。KQのようなオーバーカード2枚やボトムペアのようなハンドはオッズに合わず彼らはフォールドすべき状況になるだろう。ノートに書いて欲しい 彼らもまた強くムチで打たれることに心配になるのだ。すなわちダブルベットにコールしたらJohnもさらにレイズを被せるだろう。


Q4のケース

ポットが60$である場合のシチュエーションは上記と全く異なる。あなたはちょうどSBにいたのでどんな弱いドローイングハンドでもプレイすることができた。もう一度言う。彼らはコールをしたのだ。彼らはレイズをする可能性があるJohnを恐れている。あなたはここでチェックレイズを試みる事ができるけれどポットは小さい。それにチェックレイズを試みようとして全員がチェックで回すという可能性もあり危険であるあなたはトップペアができているので、ここではベッティングがチェックレイズより優れたプレイということになる。


Q5. (a) 0 (b) 5 (c) 2

スリーベットにすることは悪くない。しかし多くのドローする可能性がある。ここではターンに出るカードを見に行く事を望みたい。ターンで出ると非常にヤバくなるカードがたくさんある。スペード,7,8,A これらはバッドニュースだ。同じく5or6 J,Q,Kというようなオーバーカードいずれにせよこれらのカードが出たら敵はあなたを試しに行くだろう。ノートに書いて欲しい。ジョンもまた9を持っているのならば、より良いキッカーを持っているということを意識しよう。A9 K9 Q9 J9これらのハンドはボタンでリンプインするのはリーズナブルなハンドなのだ(特にスーテッドならなおさら)


Q6. (a) 3 (b) 10

ターンで出たカードはブランク あなたはここで必ずベットしておきたい。もしJohnがドローイングハンドであるのなら3は全く助けにならない。彼がどういった反応をするかベットをして確かめよう。ここでチェックすると彼がドローイングハンドをならフリーカードを与えてしまいかねないからだ。


Q7. (a) 15 (b) 5 (c) 0

もしウィークパッシブなプレイヤーが個の場面でレイズしてきたら、マッチアップするのはとても難しい。以降を続けてプレイするのはハードすぎる状況だ。完璧にあなたに勝てると判断したハンドでなければBenはあなたに立ち向かわないはずだ。彼が持っている可能性があるハンド たとえば55 66 65 78 A9 K9… Benはセミブラフのような運の要素が絡むようなプレイを挑戦してみるプレイヤーではないのだ。ここは退いた方が正解になる。


Q8. (a) 6 (b) 15 (c) 2

強くアグレッシブなプレイヤーからレイズが返ってきた。これらから判断するにおそらくあなたは負けているだろう。しかしJohnが普通のドローイングハンドを持ってプレイしている可能性がある。例えばローペア+フラッシュ(As 3s)その場合7対1の割合のポットオッズで充分足りうる。恐れてはいけない。Johnのハンドにコールしてみるのは価値があるだろう。あなたがスリーベットする場合あなたのアグレッシブさに敬意を表する。しかしゲームが終わってから私を頼りにするのはやめてくれ

Q9. (a) 5 (b) 2

あなたはフロップ,ターンとベットしレイズされてきた。そこでベットするのならあなたの度胸に感服する。ここでベットしまたレイズされたらおそらく義務的にコールしなければならなくなりハンドに掛かるコストが余計にかかってしまう。この場面では金を投げもマズにチェックすることがいいプレイになるのだ。

Q8. (a) 0 (b) 0 (c) 5 (d) 10

Johnのプレイはとても素晴らしいものだ。充分強いハンドを持つあなたを彼のレイズでターンにプレッシャーをかけあなたをチェックコールモードに仕向けさせられたのだ。


Tip

 自分の手を守るということと攻めてみるという両面を持ち合わせた状況で必要な要素;ポットのサイズ,あなたのポジション,そして強い手これら全てを考慮する事だ。ベットすることはいつも最高のプレイとは限らない。時にはチェックレイズを試みてみるのもベストに繋がるのだ。どうすればベストに達成できるか深く考えよう

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by Nick O at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ポーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。