2008年07月20日

【Limit Hold'em】Hand2 Caught in the Headlights 解答編

<スコアチャート>

100 エクセレント!!あなたはオーバーカードを完璧にコントロールできた

90〜99 たいへんよくできました

80〜89 よくできました。あなたはときには強く押す事が大切であると理解している。ただオーバーカードでも強気に行ってもいい時があるのだ

70〜79 平均レベル

60〜69 ドンマイ オーバーカードの扱いはトリッキーで難しい

60以下 下手糞




★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Q1. (a) 0 (b) 1 (c) 5

ここでコールする(レイズがあったら喜んでリレイズを狙う)プレイは完全なプレミアムハンドAA-KKでするものだ。AKshaヘッズアップや3人で競うポットでなければ良い状況にはならない。リンプするのならばもQJs KJsというようなもっと弱いハンドで入るのが妥当だと認められるのだ。

Q2. (a) 0 (b) 5 (c) 4

ラビットがスリーベットをBBからしたというのは相当強いハンドだということを示唆する。ポジションを持っているのにここでレイズするのは、少しはしゃぎすぎかもしれない とてもいいハンドを持っていていつもレイズというのは間違いではないが、ここでは少量の額を払って3枚のカードを見に行くのがいい

Q3. (a) 2 (b) 10

ここでチェックをすればフリーカードを得られるだろう。しかし、あなたには良い手は配られていない。ここでベットするというのは良いプレイであって、怖い存在であるスモールペアに対してけん制する事ができる。ペアを相手にしているのならあなたに10アウツある(A3枚 K3枚 J4枚)およそ40%のチャンスがリバーまである。

Q4. (a) 10 (b) 2 (c) 0

ここで簡単にコールする楽観主義者は救いがたい あなたに10アウツあり、およそ6対1のオッズだけれど、この状況で簡単に査定するのは難しさを伴う。

ラビットはとても臆病な事で知られるプレイヤーだ。そんなプレイヤーがアウトポジションからスリーベットをした。そしてマッドネスもレイズを好んでしてくる。この状況で完全に倒せるのはJだけであるけれど、Jcはスリーフラッシュボードになりクラブ持ちがリドローを狙ってくるであろう。あなたはフラッシュのパーツが1枚しかないのだ。ここは素直に身を引こう


Q5. (a) 0 (b) 10 (c) 20

ここで簡単にコールするとなるとアウツは7(もしラビットがAQ KQなら)あなたのポットオッズは10対1である。ここではレイズすることがより良いプレイなのだ。彼が絶対的なボーンクラッシャー(完璧にブチ倒せるハンドのことだと思う)を持ってないならここであなたのスリーベットは、ラビット驚きシャットダウンするであろう。ターンでフリーカードを得るためのセミブラフレイズだ。ここでコールしてしまうとリバーのカードを見るために少量のベットを支払うことになるだろう。

Q6. (a) 10 (b) 2 (c) 0

ラビットは判断するにビッグハンド ラビットはビビリだけれど馬鹿ではない 彼は少なくともAQは持っていて、ターンに出た2がお互い何の助けにならないラグであることも理解してある。あなたのアウツはJのみになりコールしに行くのも割に合わない

あなたがフロップでスリーベットしたのは誤りなのか?いいや、それは思い違い
プレイに掛かったコストは30$、しかしあなたがもしパッシブにプレイしコールしていたら見たところリーズナブルなポットオッズであるからコールできる。そして余分な30$を彼に送ることになったろう。

ラビットの反応はあなたのスリーベットから判断するに重大な情報だ。あなたのハンドを退ける為にポットを手にする為にも あなたはパッシブにプレイした。あなたはAKを持ってリバーまでコール・レイズしに行くのは多くの金を失うということを知っている。ここでターンのベットは充分強いハンドであるということを主張するベットなのだ。こういう問題は解決困難なケースであり、アグレッシブな相手はいつもあなたを熱くさせてきて落ち着いてプレイできなくなる。アグレッシブな相手はプレッシャーをかけてくるのだ。

Q7. (a) 7 (b) 10

あなたにフラッシュドローを持っていて、ラビット完全に打ち倒せるアウツが数え切れないほど増えた。およそ21のアウツ Tはスケアカードであるのと同時に相手にもプレッシャーを与える事ができるのでセミブラフをするのにとってはいいカードなのだ。ベットする事でラビットは納得し、弱いクィーンを持つラビットは降りるだろう。ここでチェックするのはフリーカードは得られるけれど、リバーでベットするチャンスを与えてしまうのはマジメに悪い状況だ。

Q8. (a) 10 (b) 3

8hはラビットにとってヘルプになったろう 彼がQJ Q9を持っているならガットショットストレートドローのアウツが増える(Q9の場合 Jが出てもこちらがハイストレートできるので問題なし)Q8ならツーペアだ。そして8hは約の改善にならないということも相手はそう思っているだろう。ここでベットしても相手は降りず、レイズされる恐れがあるので、ここはフリーカードを得るべきだ。

Q9. (a) 0 (b) 4 (c) 10

ああ 彼はフラッシュドローができたのかもしれない しかしそれを恐れるのはいいプレイじゃない。ラビットはいいプレイヤーでなく、チェックレイズをフロップで仕掛けてきた。彼が9を持ってストレートができたからベットしてきてもおかしくはないのだ。


Q10. (a) 10 (b) 2

あなたはラビットが9を持っていると考えるべき しかしあなたのプレイを見るとフラッシュドローを首尾一貫して持っているよう振舞った。ラビットのリバーでのベットは間違っていてこのボードのQJツーペアはチェックコールで留めておくべきなのだ。

Tip

 ホールデムの一つの一般的なシナリオはプリフロップでレイズし、ビックカードがあなたに来る事。フロップで完全にミスしたらそれ以降はとても正確で難しいプレイを強いられる 単なるオーバーカード持ちならばあなたは滅多なことがない限り攻めるのをやめるべき。しかしながらゲームを支配できるなら、単なるオーバーカードで時には改心の成功を発生させる事ができるのだ


★★★★★★★★★★★★★★★★★★

posted by Nick O at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ポーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103261062

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。