2008年07月23日

オマハ ベーシックコンセプト

通常時のプレイで守るべきこと・注意すべき点の要約

1.ポットリミットオマハの目的は全ての対戦相手に勝ちチップを取る事だ

小さい勝ちではなく、大きなポットを取るのに狙い定めて勝つのがポットリミットオマハである。

2.オマハでは常に上の役があると思え

オマハはワンペアで勝つには不十分で、ツーペアは強いハンドではない。ボードにフラッシュやストレートの可能性があるなら、それらは確実にある。オマハは常に誰かがナッツを持っていると言えるゲームだ。

※ フロップナッツストレートが、ターンでペアが出たりしたらそりゃもう…フルハウスがあります。

3.ポットリミットオマハはビッグポットになったとき、いいハンドを持っていないのなら勝負しない(ヘッズアップは除く)

そのいいハンドは ナッツストレート+リドローストレート,セット+ナッツフラッシュドロー など 役の発展も望めて、現段階でナッツを持っている場合など


4.オマハはフロップゲーム。ホールデムよりフロップを見る機会が多い

ホールデムでは66の小さいペアも使えるハンドだが、オマハで6はストレートやフラッシュに絡まない限り意味の無いハンドである。オマハはフロップ以降でベストハンドを作るゲームだ

5.ポットリミットオマハはフロップでナッツができているかということを重要視しない。しかし、フロップナッツの多くのハンドはリバーまで見に行けるハンドだ。

※確かに フロップナッツストレートでも、3枚目のスーツが出たり、ペアができたりしたら崩れてしまいますからね



6.ドローするときはナッツのみ

※Kハイフラッシュをドローしに行ったり、ボトムツーペアでドローしに行くのはフィッシュと言われても仕方ない
posted by Nick O at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103447359

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。