2008年08月08日

オマハのストレートドローその6 プレイできるハンド

ここではオマハでプレイできるストレートドロー系ハンドを紹介する。


最強のストレートドローハンドはJ-T-9-8だ。ストレートドローをする時はこういったパーフェクトランダウン(ハンド全てが連結している状態)が望ましい。

J-T-9-7, J-T-8-7, Q-J-T-7, Q-J-9-7, Q-J-8-7

これら挙げた全てのハンドはフロップ次第ではモンスタードローに発展する可能性を秘めている。


・プレイできるハンド−タイプ別紹介(強い順に紹介)


★パーフェクトランダウン (フォーコネクター) 
代表的なハンド J-T-9-8



A-K-Q-J,K-Q-J-T,Q-J-T-9,J-T-9-8,T-9-8-7,

9-8-7-6,8-7-6-5,7-6-5-4,6-5-4-3




ストレートドローをする場合の最高の形 パーフェクトランダウンはフロップナッツストレート+リドローストレート,13カードナッツストレートドロー,トップツーペア+オープンエンドストレートドロー ができる可能性を秘めている。

A-K-Q-J〜9-8-7-6−ビッグストレートドローの可能性を秘めている。

8-7-6-5〜6-5-4-3−フロップを見に行く価値あり


※ストレートドローだけを評価するとA-K-Q-JよりもJ-T-9-8の方がストレートができる可能性が高い ただスーテッドも考慮に入れるとA-K-Q-Jの方が使い勝手がいいと思うのは私だけだろうか?(レインボーである場合はJ-T-9-8に軍配が上がると思う)



★シングルギャップランダウン (スリーコネクター+下ワンギャップ) 
代表的なハンド J-T-9-7



A-K-Q-T,K-Q-J-9,Q-J-T-8,J-T-9-7,T-9-8-6,

9-8-7-5,8-7-6-4,7-6-5-3,6-5-4-2




パーフェクトランダウンの次に良いとされるストレートドローの形 13カードナッツストレートドローとペア+17カードラップドローの可能性を秘めている。かなり強いドローイングハンド


★ミドルギャップランダウン (二組のコネクターとコネクターを繋ぐ中間のギャップ)  代表的なハンド J-T-8-7


A-K-J-T,K-Q-T-9,Q-J-9-8,J-T-8-7,T-9-7-6,

9-8-6-5,8-7-5-4,7-6-4-3,6-5-3-2




ミドルギャップランダウンはプレミアムハンドの中のマージナル(境界線ギリギリという意味)に属する。ミドルギャップがヒットしない限りドローにはならない。しかしモンスタードローである20カードストレートドローになる可能性はある。




◆ツーギャップランダウン (スリーコネクター+下ツーギャップ) 
代表的なハンド Q-J-T-7



A-K-Q-9,K-Q-J-8,Q-J-T-7,J-T-9-6,T-9-8-5,

9-8-7-4,8-7-6-3,7-6-5-2




ビッグドローになる可能性を秘めているが、ツーギャップランダウンをどのポジションからでもプレイするのは悪いプレイになる。


◆ツーシングルギャップ (中間にシングルギャップが2つ) 
代表的なハンド Q-J-9-7



A-K-J-9,K-Q-T-8,Q-J-9-7,J-T-8-6,T-9-7-5,

9-8-6-4,8-7-5-3,7-6-4-2





ツーギャップランダウンとツーシングルギャップは16ナッツラップドローになる可能性を秘めている。Speculative(低確率で強い手になるハンド,ローリスクハイリターンを狙うハンド,ホールデムでいうスモールペアからのセット狙いみたいなものか?)ハンドに属する。


◆ツーミドルギャップランダウン (中間に2枚のコネクターギャップ) 
代表的なハンド Q-J-8-7



A-K-T-9,K-Q-9-8,Q-J-8-7,J-T-7-6,T-9-6-5,

9-8-5-4,8-7-4-3,7-6-3-2




ツーミドルギャップランダウンは20カードストレートドローになる可能性を持っているが、トラブルが起きる可能性も大きい。 このドローはどの13カードストレートドローに簡単にドミネートされるから、上記に挙げたハンドタイプをプレイすべきである。

(例)

フロップ [ 9s 8d 2c ]  You Hold J-T-7-6

相手がQ-J-T-Xである場合、ドミネートされていて、相手にフリーロールプレイされる危険がある。




※ このセッションのハンド紹介はストレートドローに重点を置いているのでフラッシュ,フルハウスなどについては考慮されていない それを踏まえた上でのプレイできるハンド表になる。
プレイできるストレートドローハンドの中で最も評価の低いツーミドルギャップランダウンだが、A-K-T-9のスーテッドAなら充分プレミアムハンドになる。




【オマハ−ストレートドローの関連記事】


13カードストレートドロー

17〜20ストレートドロー

7枚全てストレートに絡む場合のドロー

インサイドナッツストレートドロー

ビッグポットを獲るコツ フロップナッツストレートができている場合

マージナルハンド群

8カードのストレートドローをプレイしてはいけない理由

ビッグポットを獲るコツ ペア+3ストレートドロー

ビッグポットを獲るコツ ドミネーティングドロー

posted by Nick O at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104422476

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。