2008年09月15日

オマハのストレートドローその10 その他色々

JTがナッツストレートを作ることができないとき


ホールデムではJTは強いストレートハンドでストレートができた場合、ストレートはナッツになる。しかし、オマハではそうではない。ホールデムプレイヤーがオマハをプレイしたとき、JTから発生するストレートは全てナッツだと思い込んでしまっている。





フロップ [ Kd Qd 2c ] You Hold J-T-9-8


ナッツストレートになるのはA,9のみで、相手がA-J-T-Xを持っているなら相手においしく食べられてしまう。


JTからできるストレートは全てナッツだというのは、大きな間違いだから気をつけよう。J-T-9-Xは見捨てるべきハンドだ。

※ホールデムではこういったインサイドドローとなるので相手のストレートドローにあまり警戒しないでいいが、オマハではこういった13カードブロードウェイラップはありえる。


左右される3枚目のカード

最後にドローに関わらない3枚目のカードにも気をつけろ。3枚目のカードによってナッツラップかサッカーラップ(下ストレートストレートドロー)になるか決まるからだ。




フロップ [ Kd 5d 3c ] You Hold 7-6-4-2


この場合は16カードナッツラップだ。しかしボードが


フロップ [ 9d 5d 3c ] You Hold 7-6-4-2

7と6が出ればストレートを完成にはなるが、上位ストレートでやられる可能性がある。8-7-6-Xにドミネートされてしまう形となる。



posted by Nick O at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。