2008年09月15日

オマハ プリフロッププレイその2 ハイカード系

T以上の4枚のカードの組合せはプレミアムドローイングハンドになる(特にスーテッドであればなおさら)。4枚全てが9以上であるならプレイできるハンドだ。



オマハのストレートのセッションでK-J-T-9を除くハイカード4枚はプレミアムハンドであると説明した。


エースハイブロードウェイラップは9より高い4枚から構成されるストレートドローでストレートができた場合はビッグナッツストレートになる。


A-K-Q-9,A-K-J-9,A-K-T-9,A-Q-J-9,A-Q-T-9,A-J-T-9

は16ナッツストレートドローになる可能性を持っている。また13カードナッツストレートドローの可能性もある。



※上記に書いたハンドは、ストレートドロー系ハンドに分類したら下位に属する。しかし、Aを含んだ最上位のドローはとても強いハンドに分けられる


スーテッドAを持っていて かつビッグブロードウェイラップというのは素晴らしく大きなポテンシャルを秘めているハンドだ。まさにプレミアムドローイングハンドといっていいだろう。

ビッグカードを持つということはフロップでトップツーペアになる可能性も充分考えられる。


★プレミアムハイカード (4枚がT以上) 
代表的なハンド A-K-Q-J



A-K-Q-J,A-K-Q-T,A-K-J-T,A-Q-J-T,K-Q-J-T



※4枚全てがT以上でプレミアムドローイングハンド 当然のことながらDS(ダブルスーテッド)であるなら価値はさらに上がる。

★プレイできるハイカード (4枚が9以上) 
代表的なハンド A-K-Q-9



A-K-Q-9,A-K-J-9,A-K-T-9,A-Q-J-T,A-Q-J-9,
A-Q-T-9,A-J-T-9,K-Q-J-9,K-Q-T-9,K-J-T-9,Q-J-T-9, 



9が入っていてもスーテッドAがあるならプレミアムハンドとして扱われる。

Q-J-T-9,K-Q-J-9はストレート系として数えるとプレミアム扱いとなる。

K-J-T-9はマージナルハンドの中でベストハンドに分類される。


※Aの無いハイカード4枚(スーテッド持ちの状態)について

ストレートドローの形になってもドミネートされる心配もあまりないが、フラッシュドローは期待せず保険程度で考えるといいだろう(特に低レートでは「プリフロップでよほど大きなレイズが起きない限り、Aスーテッドを持ったらフロップを見に行く」という考えを持つプレイヤーも多い )
posted by Nick O at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106601729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。