2008年09月15日

オマハ プリフロッププレイその3 スーテッドA系−前編

スーテッドAを含んだハンドは、フロップを見に行ったときナッツフラッシュドローの可能性があるハンドだ。スーテッドAを含んだハンドは3種類に分けられる。

(1) スーテッドA+ストレートカード

(2) スーテッドA+オフスーツペア

(3) スーテッドA+ハイカード2枚



※スーテッドAがメインに説明されているセッション ここにカテゴライズされているハンドにプレミアムハンドは存在しない(ホールデムのハンドの強さに換算するとAJ,KQ辺りか) どうプレイするかはプレイヤー次第となるハンドになるだろう。




(1) スーテッドA+ストレートカード

スーテッドAを持ったストレートハンドの中でベストなタイプのハンドは、As-9h-8s-7dのようなスーテッドA+3コネクターだ。これらのハンドは多人数対戦で素晴らしい効果が期待できるハンドだ。フロップでトップツーペア+ナッツフラッシュドロー,ツーペア+オープンエンドストレートドロー+ナッツフラッシュドロー など多数の可能性を秘めている。

◆スリーカードランダウン (スーテッドA+スリーコネクター)  代表的なハンド A-9-8-7


A-Q-J-T,A-J-T-9,A-T-9-8,
A-9-8-7,A-8-7-6,A-7-6-5,A-6-5-4




A-5-4-3がカテゴリーに含まれない理由は、12-13ナッツストレートドローの形になることがないからだ。


次にベストなものがA-8-7-5, A-8-6-5というようなスリーカードランダウンボトムギャップだ。これランpハンドはフロップ13カードナッツストレートドローとナッツフラッシュドローが期待できる。ストレートの項目でも説明したが、13カードストレートドローには全てがナッツである場合とナッツじゃないものがある。



フロップ [ 6s 4d Qs ] You Hold A-8-7-5

このケースの場合、13ナッツストレートドロー


フロップ [ 9s 6d Kc ] You Hold A-8-7-5

このケースの場合、ナッツは7枚

◆スリーカードシングルギャップランダウン (コネクター+下ワンギャップ+Aスーツ)  代表的なハンド A-9-8-6


A-Q-J-9,A-J-T-8,A-T-9-7,
A-9-8-6,A-8-7-5,A-7-6-4,A-6-5-3






◆スリーカードミドルギャップランダウン (中間にギャップのある3枚+Aスーツ)  代表的なハンド A-9-7-6


A-J-9-8,A-T-8-7,A-9-7-6,
A-8-6-5,A-7-5-4,A-6-4-3




A-9-8-5,A-9-7-5というようなボトムツーギャップのハンドは17カードラップドローが期待できる。



◆スリーカードボトムツーギャップ (コネクター+下ツーギャップ+Aスーツ)  代表的なハンド A-9-8-5


A-Q-J-8,A-J-T-7,A-T-9-6,
A-9-8-5,A-8-7-4,A-7-6-3,A-6-5-2





◆スリーカードツーシングルギャップ (中間にシングルギャップが入る3枚+Aスーツ)  代表的なハンド A-9-7-5


A-Q-T-8,A-J-9-7,A-T-8-6,
A-9-7-5,A-8-6-4,A-7-5-3,A-6-4-2






しかし、ギャップのあるハンドというものはいつもプレイすると簡単にドミネートされる。だからA-8-5-4というようなハンドは17カードラップのポテンシャルを持つが、それはナッツストレートではないから簡単にドミネートされてしまうのだ。



スーテッドA系−後編 に続く
posted by Nick O at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106601783

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。