2008年09月15日

オマハ プリフロッププレイその4 スーテッドA系−後編

(2) スーテッドA+オフスーツペア

スーテッドAとオフスーツペアの組合せはスペキュレィティブハンド(強い手になる確率は低いハンド)になる。しかし、このタイプのハンドはビッグポットを獲得できるポテンシャルが非常に高いハンドだ。

オフスーツペアの方がいい理由は、セット部分がヒットしたとき、ナッツフラッシュドローの可能性も出てくるからだ。





フロップ [ 9s 3d 4s ] You Hold As-2s-9h-9d

持っているペアがオフスーツであるとこのように、セット+フラッシュドローという形になる。As-8s-9d-9hというようにAスーテッドでないスーテッド部分とペア部分がコネクターになっているのならさらに価値が高まる。


当然のことながら、ペア部分は大きければ大きいほどよい。もう一度言うが、6以下のペアはスモールペアでトップセットになってもストレートドローがあるボードになってしまうのだ。だからスモールペアは捨てよ


多くのプレイヤーはAs-7h-5s-5hというようなAスーテッドのダブルスーツをプレイしたがるが、コストが掛かりあまりよくないハンドだ。特にペア部分がスモール部分であるならなおさらである。


※ ペア部分がAスーツになっているとダメな理由は、セット+ナッツフラッシュドローという形にならないからである。ビッグポットを獲るときは1種類のドローでは頼りにならない


◆スーテッドAオフスーツペア   代表的なハンド As-2s-K-K


一例
As-Xs-K-K,As-Xs-Q-Q,As-Xs-J-J,
As-Xs-T-T,As-Xs-9-9,As-Xs-8-8,



※ Xはストレートに絡まないT以下の数字のカード(例えばAs-Xs-K-KでXがJだとプレミアム扱いになってしまうから)

◆スーテッドAオフスーツペア(コネクター付)
  代表的なハンド As-9s-8-8


一例
As-9s-T-T,As-Ts-9-9,As-8s-9-9,
As-9s-8-8,As-7s-8-8,As-8s-7-7




※ これ以下のペアだとトップセットになってもストレートドローの可能性があるボードになるので除外 スーテッドA+オフスーツペアはAsはストレートに絡まないものと考えてよい



(3) スーテッドA+ハイカード2枚


最後に説明するのがスーテッドAとハイカード2枚という組合せだ。このタイプは13カードブローウェイラップとナッツフラッシュドローが期待できる。

このタイプのハンドはAs-7s-K-QよりもAs-5s-K-Qの方がよいハンドになる。その理由はホイール(A-2-3-4-5ストレート)の可能性もストレートができる可能性が広まるからだ。


◆スーテッドA+ハイカード2枚   代表的なハンド As-Xs-K-Q


As-Xs-K-Q,As-Xs-K-J,As-Xs-Q-J,
As-Xs-Q-T,As-Xs-J-T,As-Xs-K-T,



※ Xが2,3,4,5なら追加のストレートの可能性が発生する



これらスーテッドAハンドはスペキュレィティブハンドであるが、いつも安いコストでフロップを見に行くというのは単純すぎる。ときにはこういった手でレイズすることも重要なのだ。

※これらの手でレイズする場合は、レイズすることでポジション取れそうなとき、レイトポジションにいるときが条件になる。
posted by Nick O at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106601809

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。