2008年09月15日

オマハ プリフロッププレイその5 ペアプラスハンド系

ペア+ハンドは主に二種類のタイプに分けられる(厳密に言えばAAを含んだハンドもこのカテゴリーに属するが、ここでは説明しない)



・ペア+コネクティングカード

・ダブルペア(2枚のポケットペア)



ペア+コネクターカード


フロップにAが出た場合、Aを用いたストレートドローは9カードストレートドローとなる。(フロップ[A-T-6] You holdK-Q-J-X ストレートのアウツはK 3枚 Q 3枚 J 3枚の計9枚)

ボード上のKを用いたストレートドローは13カードストレートドローとなる。(フロップ[K-T-2] You holdA-Q-J-X ストレートのアウツはA 3枚 Q 3枚 J 3枚 9 4枚の計13枚)

ボード上のQを用いたストレートドローは16カードナッツストレートドローとなる。(フロップ[Q-J-2] You holdA-K-T-9 ストレートのアウツはA 3枚 K 3枚 T 3枚 9 3枚 8 4枚の計16枚)

ボード上にJ,Tが出た場合、20カードストレートドローができる可能性を持ったボードになることがある。

小さいペアを持っていて、サイドカードがコネクターであるということがナッツフラッシュドローとまではいかないが多人数対戦では重要になってくる。

QQ JJ TTはそのペア部分に絡むカードを持っていない限り、プレミアムハンドではない、マージナルハンドとして扱われる。


Qs-Qc-9h-3cというようなハンドは完全に捨てるハンドだ。このハンドはワンウェイハンド(このハンドだと勝ち手段がQQしか存在しない)だからだ。しかし、あなたがもし多人数対戦時にQs-Qh-Js-Thというようなハンドを持っているならば、面白い結果となる可能性を持つ。



フロップ [ Qs 9d 2c ] You Hold Q-Q-J-T

フロップセット+オープンエンドストレートドローとなる



フロップ [ 9s 8d 2c ] You Hold Q-Q-J-T

12カードナッツストレートドロー+オーバーペア



スーテッドであるならメインのドローとならないが、フラッシュの可能性もあるので勝率も上がる。


7-6-5-5 9-9-8-7というようなペア+コネクターはフロップセット+ナッツストレートとなったとき、フルハウスリドローにもなるのだ。

特にAd-Kh-Kd-Qs As-Qd-Js-JdというようなビッグペアとスーテッドAとその他ハイカードの組合せはプレミアムドローイングハンドとして扱われる。

★ペアプラスコネクティングカード(プレミアム)  
代表的なハンド A-K-K-Q


Group1
A-K-K-J,A-K-Q-Q,A-K-K-T,A-K-T-T,A-K-J-J,
A-K-T-T,A-Q-Q-J,A-Q-Q-T,A-Q-J-J,A-Q-T-T,
A-J-J-T,A-J-T-T

Group2
K-K-Q-J,K-K-Q-T,K-K-J-T,K-Q-Q-J,
K-Q-Q-T,K-Q-J-J,Q-Q-J-T,Q-J-T-T,
K-J-J-T,K-Q-T-T,K-J-T-T,J-J-T-9,
J-T-T-9,



※シングルスーテッド以上であることが条件になる(Group1はスーテッドAがあること)


◆ペア+コネクティングカード  
代表的なハンド 9-9-8-7



一例
9-9-8-7,9-8-8-7,9-8-7-7,8-8-7-6,8-7-7-6,
8-7-6-6,7-7-6-5,7-6-6-5,7-6-5-5,6-6-5-4,
6-5-5-4,6-5-4-4,







ダブルペア

8-8-7-7,Q-Q-9-9というようなダブルペアはプレイできるハンドだ。ダブルペアはフロップセットができる確率21.4% 高確率でセットになる。しかし、このハンドは他のドローが期待できないハンドでもある。例えば、8-8-7-7というようなコネクターペアでフロップセットになればストレートドローの形にはならない。スーテッドであっても弱いフラッシュドローだからメインで攻める事はできない。

66以下のペアはトップセットになってもストレートドローボードであり、オマハではハイペアが持ちがゴロゴロ存在するので上位セットに食われてしまう。66以下のペアはAA,KKと組まない限りプレイしてはいけない。

※ KKとスモールペアはマージナルハンド(DSでもマージナル) AAとスモールペアはスペキュレィティブハンド(DSだとプレミアム) オマハではAAのリンプはよくあるのでフロップAとKが出た場合、『AA持ちなんているわけない』と思っていると痛い目に会ってしまうのを念頭に入れておくべき。


★ビッグダブルペア  
代表的なハンド K-K-Q-Q



K-K-Q-Q,K-K-J-J,K-K-T-T,Q-Q-J-J,Q-Q-T-T,J-J-T-T



※シングルスーツ以上でプレミアムハンド


▲ダブルペア(マージナル)  代表的なハンド K-K-2-2


K-K-X-X,Q-Q-X-X,J-J-X-X (Xは6以下のペア)



※ オフスーツならフォールドする割合が高まる。ミドルペア(TT〜77)は66より大きいペアとの組合せでプレイできる。


×トラッシュダブルペア   代表的なハンド 2-9-2-9 off suite


9-9-2-2,9-9-3-3,9-9-4-4,9-9-5-5,9-9-6-6
8-8-6-6,8-8-5-5,-8-8-4-4,8-8-3-3,8-8-2-2,
7-7-5-57-7-4-4,7-7-3-3,7-7-2-2,6-6-5-5,
6-6-4-4,6-6-3-3,6-6-2-2,5-5-4-4,5-5-3-3,
5-5-2-2,4-4-3-3,4-4-2-2,3-3-2-2


※ 私が解釈した捨てるべきダブルペアの候補 29oはホールデムでプレイしていただきたい。オマハでは最弱のハンドと思っていい

posted by Nick O at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106601854

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。