2008年09月15日

オマハ プリフロッププレイその11 スターティングハンドの例 後編

レーティング記号は前編を参照

前編


×Qs-Js-7c-6c

トラッシュハンド―2枚のホールデムハンドはオマハでは何も作ることはできない。運がそろえば少しのビッグプレイになる可能性を秘めているがそのような手をプレイすべきでない


×7s-7d-6s-3s

トラッシュハンド―77は弱く、16カードストレートドローになったとしても簡単にドミネートされる。


フロップ [7-5-4]

フロップストレートとセットになったとしてもセカンドナッツストレートにしかならない


△7s-5s-4c-3c

トラッシュに近いマージナルハンド―このハンドは複数対戦時に威力を発揮するが上一つのギャップはドミネートの危険性がある。


▲Kc-Qs-Js-4c

マージナルハンド―これは一般的なスリーカードハンドである。しかし、3枚のブロードウェイカードとダブルスーテッドはレイトポジションからのミニマムベットで参加できるハンドだ。

フロップ [T-9-X]

13カードナッツストレートドローが見込めるフロップ



◆As-Kd-Jc-4s

スペキュレィティブハンド―13カードナッツブロードウェイラップとナッツフラッシュドローの可能性を持つのでフロップを見に行く価値は充分あるハンドだ。



◆Js-Tc-8s-6c

スペキュレィティブハンド―16カードナッツラップの可能性がある。


★Js-Tc-9s-8c

プレミアムハンド―13カードナッツストレートドロー,ツーペア+オープンエンドストレートドローとなる可能性を持つ。そしてDSなのでフリーロールプレイができる可能性が高まる。まさにポットリミットオマハを象徴するハンドである。


★Qs-Qc-Js-Jc

プレミアムハンド―ダブルペアによるセットは21.4% ダブルハイペアはヒットしたとしてもストレートドローやナッツフラッシュドローとはならないので攻めの手段は1種類しかない。しかし高確率で強いハンドになるのでプレミアムハンドに分類されるのだ。

★As-Ac-8s-7c

プレミアムハンド―ダブルスーテッドAとコネクターは複数人対戦で素晴らしい可能性を秘めている。そしてトップセットの可能性もある。


◇As-Ac-8d-2h

スペキュレィティブハンド―AA系では最弱のハンド。このハンドをフロップ以降でプレイするのなら、フロップでAをキャッチする必要がある。


▲Kd-Jh-Td-9s

マージナルハンド―上1枚のギャップハンディキャップとなる。しかしこのハンドはインサイドブロードウェイラップの可能性を秘めたハンドだ。



◆8h-7d-5h-3d

スペキュレィティブハンド―このハンドは16カードナッツラップになる可能性を秘めたハンドだ。


☆7c-6h-5c-4h

準プレミアムハンド―フォーコネクターはプレミアムに分類されるが、ローカードは少し評価が下がってしまう。あなたはフロップをいつも見に行けると思うだろう。だが時にはこういったハンドでレイズすることも重要なのだ。


☆Qd-Js-Ts-8d

準プレミアムハンド―Q-J-T-9よりは弱いが、下のワンギャップでも充分な強さを持っている。このタイプのハンドは17カードラップドローの可能性を持つハンドだ。



★★As-Ac-Js-Tc


プレミアムハンド(ベストスターティングハンド)―高確率でナッツのドローとナッツになる可能性を持つ ドミネートされないストレートドロー(相手はドミネートされた状態になるドロー)と2つのナッツフラッシュドロー、そしてトップセットと複数のナッツが期待できる。ポジションが悪くてもレイズできるハンドだ。まさにオマハで最高のスターティングハンドである。


posted by Nick O at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106602158

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。