2008年11月04日

オマハ フロップ以降のプレイ その1 基本的な戦いとベットサイズ

フロップ以降をどうプレイすべきなのか?

―ポットリミットオマハはフロップゲーム そのことはホールデム以上に言える。オマハでは$25の小さいポットを取り続けることよりも、$2000のポットを獲る目線でプレイしなければならないのだ。

ホールデムと対照的にオマハでポットを争うときはヘッズアップでなく多数との戦いがほとんどになる。

例えば、フロップで "セット VS ビッグドロー"持ちがぶつかり合ったとしよう。

その場合、一人のプレイヤーが最高のプレイになり、もう一方は大きなミスできるということになる。



ここで言おう フロップ以降のゲームはマネーを作るためのゲームだ。もちろん、ナッツやナッツに繋がるビッグドローを持っての話になる。ナッツじゃないドローは負けるだけである。(例 7-6-5-4を持ちフロップ[A-9-8]というような場合)

オマハではホールデムと比べピュアブラフがほとんどない ただオマハならではのバリエーションに富んだブラフがたくさんあるので、後々説明して以降と思う。


【Basic Combat】

ここにゲームの要点を書く



1.あなたが持っているのならベット

2.あなたがビッグナッツドローを持っているなら"持っているようにベット" 多くの敵は"持っている"とそう思う。


単純でいい加減なことを言っているかもしれない。しかしゲームの50%は上に挙げる条件に従っている。残りの50%はマージンとして取られるかヤバイ状況でのプレイとなるのだ。

オマハのゲーム全体として最後にアクションできるプレイヤーには常にアドバンテージがある。

オマハはナッツを目指すゲームでチェックしたときは弱みをみせていることになる。全員が弱いと知っていれば用意に戦える。

ポジションを持つプレイヤーは無いプレイヤーに勝り、ポジションを持たないプレイヤーは※重要でない状況のときに負ける。

※フロップナッツやビッグナッツドローなどを持っていない状況のこと


ポジションを持っていれば、ノーポジションではできない数々の攻めができ、
(全員チェックで回ったときのポジションベットやナッツ持っているときに前からポットベットが入ればポットレイズするなど)オールインせずともポットを守る事はできるであろう。


あなたがストラテジーを理解すれば、ビッグポットのときに勝ち取り、スモールポットでは多少の額を払うだけで済む。

簡単に言えば



ゲームの半分はナッツとナッツドローをプレイし、残りの半分はポジションの勝負となる。




【The Size of the Bet】

※一般的なルールとしてあなたはフロップ,ターンとフルサイズポットベットをしなければならない ボードにペアができフラッシュの可能性がない限りは

※ここではナッツストレートドローを持っていると仮定して書かれていると思われる。

常に同じサイズのベットをする利点は、ナッツを持っているかいないかの判断がベットサイズによって見分ける事ができなくなるということだ。


一方 とても大きいドローイングハンドを持って、あなたはポットを獲るアクションの為に安く値を付けるということは必要ない


その代わり相手がコールしたのなら 弱いドローにいくらばかりかの望みを賭けるか 又は 相手のナッツじゃないドローを相手にしてるなら代償を支払わせる事になる。


※要約すると持っているなら手加減無用 フルベットが基本だという事になる。
posted by Nick O at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。