2008年11月04日

オマハ フロップ以降のプレイ その3 ツーペアができたとき

ツーペアはオマハをプレイする上で最もトリッキーな局面となる。ミドルセット,ボトムセットと同じくビックポットのときに持っているならいい状況だと評価できない。ちょうどツーペアを持っているときにビッグポットでプレイする事になったら大抵は間違いに終わる。

トップツーペア単独でヘビーアクション(複数人対戦時にポットベット-ポットレイズ発生するような状況だろうか)に立ち向かえない

あなたがツーペアをプレイするかどうかは以下に挙げる要因に依存する




1.持っているツーペアの種類(ボトムツーペア,トップボトム,トップツーペア)

2.テーブルにいるプレイヤーの数

3.ゲームに参加しているプレイヤーの数

4.ボードの状況(フラッシュドローやストレートドローがあるか)

5.ツーペアの他に持っているドロー(ナッツストレート,ナッツフラッシュ)

6.現在いるポジション



ボトムツーペアはどのアクションでも捨てる。トップペアを持っている相手ですら敵のほうが優れているハンドになる。しかし、全員チェックで周り、アクションが最後であるならポットを獲る為にスチールベットに挑戦する。

トップ―ボトムツーペア(A-T-5というフロップでハンドにA-5-X-Xというような場合)

ボトムツーペアのように相手がトップペアを持ち引かれ負けるということはわずかになる。


トップ―ボトムツーペアはナッツフラッシュドローとナッツガットショットドローを伴わない限り捨てよ





フロップ [Qd Js 5s]



You Hold As-Kh-Qs-5h


ブラインドでのプレイ―ブラインドでトップーボトムツーペアを持つとき,私はフロップQ-J-3というトップカードがコネクターになっているものよりK-5-3というボードを好む コネクターになっているボードは敵がトップツーペアを持つ可能性が高いからだ。


トップ―ボトムツーペア,ボトムツーペアを持ってフォールドしない場合 ヘッズアップでAAを強いと信じているプレイヤーがベットしてきたとき(AAを強いと思っているならプリフロップでレイズしている)

またJ-T-9-8のようなフォーカードランダウンはトップ&ボトム ツーペアを作る事はできないのである。
posted by Nick O at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。