2008年11月04日

オマハ フロップ以降のプレイ その4 トップツーペア

トップツーペアはあなた自身からベットするのが望ましい。トップツーペアをプレイする価値は以下の要素で決まる。

・参加しているプレイヤー数

・敵のアクション

・ボードに出現したカード

・ツーペアの他に持っている役

・相対的なポジション(隣にいるプレイヤーはどういうプレイヤーなのか)



トップツーペアはマルチウェイ(複数人対戦)で持つよりもヘッズアップで持っていたほうが価値がある。

トップツーペアは全員がチェックしたときよりも、前からベットやレイズに出会ったほうがいい状況となる。

ベットやレイズが起きた場合、無駄に争う必要がなくなり、ほぼ自動的にフォールドする事ができるからだ。


トップツーペアでは役の発展が無ければ、ドローの可能性が激しく存在するボードに立ち向かえない





フロップ [9h 8c 2h]



You Hold 9s-8d-7s-7d


私はレイトポジションにいてチェックで回ってきたらベットするが、前のポジションにいるならチェックフォールドを考える。今現在はベストだとしてもこのハンドはとてももろいからだ(私はそれでもなおいつでもベットするけれど)

前からベットに出会い 私はより強いプレイヤーと争っているならフォールドをする。
特にあなたの左でアクションを控えているならなおさらである。

問題は あなたがツーペアを良いと思って相手がレイズをしてきた場合か考えられるパターンは2つある、トップセットやトップツーペアより強いペア系のハンドかビッグドローの2つ

前者はあなたにドローはなく確実に負ける(トップセット,ミドルセット相手)

後者は現在は勝っているが、現在の勝率はビッグドローが上


例2



フロップ [9h 8c 2h]



You Hold Jh-Td-9s-8h

トップツーペアとナッツオープンエンドストレートドローとフラッシュドローを持っている場合、これは凄く強いのでレイズできる。特にショートハンドでの戦いであるなら強い またショートスタックであるならオールインする状況だ。

例えオールインができないとしてもレイズはすべきである。より強いフラッシュドローやK-Q-J-Tのような同じくJTを持つストレートドローリドローが存在する奴に勝つチャンスを与えないためにもだ。


トップツーペアだけのハンドは『できた』ハンドであり、メインで戦える価値を持つハンドではない しかし、他の誰かにトップセットやミドルセットを作らせないためにフロップで戦う必要があるのだ

例3



フロップ [Jh Ts 4c]



トップツーペア omaha

AA,KK持ちはチェック あなたはベットする必要がある。オマハではAA,KKといったハイペアをリンプする事は珍しくない。ターンで引かせない為にもベットすることが大切だ。


最後にトップツーペアはナッツストレートドローやナッツフラッシュドローを伴わない限り強いハンドではない。


【ツーペアのプレイまとめ】

・トップツーペアであろうともツーペアは強いハンドではない

・ポジションがあるならスチールベット(タイトで信用がある状態ならレイトじゃなくても時々ベット 相手がオマハ下手ならやってはいけない)

・ツーペア単品だけではまともに戦えない ナッツフラッシュドローかナッツオープンエンドストレートドローがあって初めて強いハンドとなる

・ヘッズアップでベットされた場合は捨てなくてもよいときがあるが、マルチウェイでベットあった場合は降りる(ツーペアだけを持っているとき)

・トップツーペア+他の強いドローを持っているなら強気に行け オールインできるならオールインにまで行ける。


posted by Nick O at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109083287

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。