2008年11月04日

オマハ フロップ以降のプレイ その6 トリプス(ペア・ザ・ボード)

【Trips】

トリプスはフルハウスとは違ったトラブルシチュエーションを秘めている。もう一度言おう ボードの状況と現在いるポジションによってトリプスの価値が決まる。


ボードに出たペアがトップペアでない場合

この状況でのトリプスは価値が低い

例.1

You Hold 9s-8h-7s-6h

フロップ[Qc 7h 7c ]

あなたがレイトポジションにいて全員チェックで回ってきたらベットをする場面である。しかし、あなたのベットにコールされた場合 以降はチェックし諦めることがベストなプレイとなるだろう。ポジションが無い場合、レイトポジションからのベットがスチールであると思ったとき以外は降りるのが良い

一般的にアンダートリプスはスチールの可能性がない限りはフォールドすべき


※あなたがコールし、相手がターンでは様子見をしてきたら、A-7-X-Xというようなハンドでのスチールだと疑がわしい


ボードに出たペアがトップペアである場合

このトリプスには価値がある。特にポジションとあなたにオーバーカードを持っているのならよりいっそう価値が高まる。

例.2

You Hold Qh-Jh-Ts-9s

フロップ[9c 9h 8d ]


フロップタイプにもよるが、あなた自身から攻めるのが良い もしベットし、レイズされた場合は、3枚のオーバーカードを持たない限りコールすべきでない 3枚のオーバーカードであるあならフルハウスアウツが9枚あることになる。


もう一度言うが、トリプスはオーバーカードとポジションがない限りマージナルな状況なのだ。

例2の状況で、あなたにポジションがあり、前からポットベットが来た場合、あなたはコールできる。もしあなたがターンでフルハウスを完成し、ターンでも相手がベットしてきた場合、敵はおそらくフロップフルハウスを持っているだろう。そのケースの場合、インプライドオッズが釣り合うであろう。

ターンでフルハウスができなかったとしても、ポジションがあれば、相手がチェックをすればベット(あなたは相手がブラフをしてきたか、トリプス以下の役でベットしてきた思っていてするアクション)かフリーカードを得るかを選ぶ事ができる



【ペア・ザ・ボードのまとめ】

・フルハウスができていれば、オーバーフル,アンダーフルに関わらずベット スロープレイはするな 安く相手により強いフルハウスを作られてしまうからだ

・アンダーフルで大きなポットをプレイするな

・ボードペアとペアでないカードが近いほどフルハウスができている可能性が高い
(アンダーフルを持っている場合はドローイングデットになっている可能性が高まるということ)

・アンダーフルを持ち、オールインできる状況ならオールインせよ

・トリプスはボードペアがトップでポジションとオーバーカードを持たないのならば、いい状況とは呼べない



※ 個人的意見だけどフロップフルハウスを持ちターン,リバーでのA出現は憎いものがある。
posted by Nick O at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109083324

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。