2008年11月04日

オマハ フロップ以降のプレイ その8 ドローのプレイ 前編

セット

ツーペアのプレイ

トップツーペアのプレイ

フルハウス

トリプス

ナッツストレート

今までは"できた"ハンドのプレイを説明した。しかし、ポットリミットでビッグマネーを生み出すのはドローができたときなのである。


※一般的なルールとしてあなたがベットすべきビッグドローイングハンドは13カードナッツストレートドローのようなものが挙げられる、ナッツフラッシュ+ナッツガットショットストレートドロー以上のアウツより大きいものがビッグドローだ


※…ビッグドローの定義はナッツのアウツ13以上のものを指し示す



13カードナッツストレートドローのオッズは2.5:1(29%)で1人のコーラーだとオッズは2:1(33%)となりオッズに合わない この場合、ブラフを駆使し敵を降ろさせるか、リバーまでストレート完成を狙う作戦になる(リバーまで見に行く場合ドロー成功する確率は50%)



2人のコーラーである場合、ポットオッズは3:1(25%)となり純粋にオッズに合うのでゲームに参加できることになる(実際は複数のプレイヤーがいれば同じ手を持っている可能性もあるので実際の価値が下がる事を留意する必要がある)



ベットをすればドローを引いて勝つだけでなく相手がフォールドして勝つチャンスも増える。ベットする事で主導権を握る事も可能だ。もし、敵とあなたがドローでお互いミスしたとしよう。その場合、あなたが先にリバーでブラフをすることだ。ボードにペアができて、ベットをしたのならそれはフルハウスが完成したとということを思わせられる。


ドローでベットをすると、同じカードを持つウィークドローを倒せるだろう。また弱いドローイングハンドを好んで使うプレイヤーを相手にしているなら、彼らがセカンドベストハンドを作ったときに大きくベットすれば稼ぐ事ができる。


実際にドローでのベットやレイズは相手を騙すということだ。あなたがドローを持った場合レイズやベットをすればドローでないと装えるのだ。


あなたにチップをもたらす敵と戦っている場合、彼らがセカンドベストストレートをを作ったとき、あなたにチップをもたらしてくれるだろう。


ナッツのビッグドローを使って長時間プレイすれば上手く立ち回らないなんてことはなくなる

そこでドローでの成功させるための7つの要因を説明しよう

1.ドローするアウツの枚数

2.ドローするアウツの質

3.フロップに出たカードの状況

4.プレイヤーがしたアクション

5.あなたのテーブルポジション

6.ゲームに参加しているプレイヤーの数

7.今現在の持っているチップの量

posted by Nick O at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。