2008年11月04日

オマハ フロップ以降のプレイ その9 ドローのプレイ 後編

【ドローするアウツの枚数】

ドローのアウツはどれくらい持っているか オマハではナッツフラッシュドローとオープンエンドストレートストレートドローでリバーまで見に行けないのである(ナッツアウツが8枚のもの)
しかし、ナッツフラッシュドローの他にオーバーペアかインサイドナッツストレートドローがある場合は、ポットサイズのベットにコールできる。

ブラインドにいる場合は13カードナッツストレートドローかナッツフラッシュドロー+オーバーペアorガットショットストレートドローが少なくとも欲しいラインとなる

ベットがあった場合、あなたが13カードナッツストレートドローを持ちレイズすることでベットしてきたものを降ろせるという可能性がない限り、ジャストコールすべき場面である。(あなたが「相手はスチールベットしてきた」と思ったらレイズしてもいいだろう)

しかし、あなたが16カードナッツストレートドローを持っている場合はレイズになり、ストレートドローの他にフラッシュドローを持っているなら行くべき場面となる。

後者の場合はあなたも大きなフラッシュドローで相手をノックアウトしたいということ。そして相手も同じくストレートドローである場合、スーツはハンドの価値を高めることとなり、新たに勝つチャンスが発生するのだ。


【ドローするアウツの質】

あなたはナッツでドローをしているか?ナッツでないドローで前のポジションからベットすべきでない。ベットされたときはナッツでないドローは捨てるべきである。
また、ボードにペアが出ているのにストレート,フラッシュのドローをしに行ってはならない。※同じようにあなたがボトムセットやミドルセットを持っているとき、あなたの手にストレートやフラッシュの可能性がない限り、フルハウスのドローをしに行ってはならない

(ポジションが悪いときは1種類の攻めではダメだということ)


【フロップに出たカードの状況】

ボードに2枚のスーツが出た場合であなたにフラッシュのドローがないのなら、あなたが13カードストレートドローを持ち前のポジションにいる場合はベットすべきでない ベットされたときストレートをドローする事は控えなければならない


【敵がしたアクション】

あなたがベットしレイズをされた。あるいはレイズをし、相手がリレイズしてきた。
敵はセットを持っていると言っているようなものなので、あなたは13カードナッツストレートドローや16カードストレートドローを持っている場合、おそらくフォールドすべきだろう。


参考.1 
13カードナッツストレートドロー VS フロップトップセット

フロップ [ 9d 8c 4h ]

参考1

参考.2 
13カードナッツストレートドロー VS フロップトップセット+ナッツフラッシュドロー

フロップ [ 9d 8h 4d ]

参考2

参考.3 
13カードナッツストレートドロー VS フロップトップセット+オープンエンドストレートドロー

フロップ [ 9d 8c 4h ]

参考3


参考.4 
13カードナッツストレートドロー+フラッシュドロー+バックドアフラッシュドロー VS フロップトップセット

フロップ [ 9d 8c 4d ]

参考4


参考.5 
13カードナッツストレートドロー+フラッシュドロー+バックドアフラッシュドロー VS フロップトップセット+オープンエンドストレートドロー

フロップ [ 9d 8c 4d ]

参考5


参考.6 
13カードナッツストレートドロー+フラッシュドロー+バックドアフラッシュドロー VS フロップトップセット+ナッツフラッシュドロー

フロップ [ 9d 8c 4d ]

参考6

(オマハができるプレイヤーはトップセットだけじゃなく高確率で+αのドローを持って攻める。ドローだけでは厳しいと言える)



【あなたのテーブルポジション】

ドローを持っているときは前のポジションよりもレイトポジションの方が価値が高い。あなたがレイトポジションにいてサブプレミアムドローイングハンドいるときに、前にいるプレイヤー全員がチェックした場合、それはプレイヤー全員が弱いと言う事を指し示す。

例1.

You hold Jc-Tc-8d-6s Position Button


フロップ [ Qd 9c 4s ]

前にいるプレイヤーが全員チェックした。あなたはオープンエンドストレートドローでベットしてもいいかもしれない。オマハでチェックは弱みを表しているから、大抵は降りてくれるだろう。降ろせればあなたの勝ちになる。


同じように13カードナッツストレートドローで、ボードに2枚のスーツがでいている場合でも同じようなプレイができる。手自体はそんなに強くないが、ポジションで押せばハンド以上の強さを発揮できるのだ。


【ゲームに参加しているプレイヤーの数】

複数人対戦の状態でナッツラップでないストレートドローや13カードナッツストレートドローを持ちボードに2枚目のスーツが出ている状態のような毒されたドローでベットする事はヘッズアップであるなら良いプレイだ。ただ、複数人対戦では話が違ってくる。

ウィークドローを持ってフロップでベットをし、ターンでどうすべきかは、プレイヤー何人いるかによってどうすべきかが決まる。

例2.

You hold Ks-Qh-Js-6h Position Button


フロップ [ Ts 9d 6d ]

あなたは13カードナッツストレートドローを持っているが。ボードに2枚目のスーツが出ている。全員がチェックで回り、あなたはポットベットをした。ターンにラグが出た。

ここで敵が2名残っているなら、チェックしフリーカードを得る機会を選択したいところである。しかし、敵が1名であるなら、ベットする事で強さを主張し相手を降ろさせて勝つという選択もあるのだ。


【今現在の持っているチップの量】

もし、ベットしレイズされたら、あるいはレイズをしリレイズされた場合―

どうするかは敵とあなたの両者のスタックサイズによりフロップでレイズすべきか、ターンで待つかが決まる。


例3.

You hold Ad-Jd-Th-9h


フロップ [ 8d 7h 4d ]

13カードナッツストレートドロー+ナッツフラッシュドローを持っている状態

敵が$25のベットをし、あなたは$100のレイズ 敵はそれに対し$325のリレイズをした。このことにより相手がセットを持っていると伺えるだろう。

―もし、あなたか敵のどちらかが$400でバイインしているのなら、ここでオールインするべき(させるべき)である。しかし、ここでお互いのチップが$1000である場合はコールすべき場面になる。ターンでペアができた場合にはドローを諦める事ができ被害も少なくできる。ドローをヒットできた場合、あなたが全てのチップを手にする事ができるだろう。





【ドローのプレイまとめ】

・ポジションが悪いところでベットする場合は、少なくとも13カードナッツストレートドロー(ナッツフラッシュドロー+オーバーペアorインサイドナッツストレートドロー)が必要

・行ける時は、1種類のドローでなく2種類のドローが必要 また、チップスタックにより同プレイするかは違う。両者ともにスタックがある場合は様子見をした方がよい

・ポジションが取れるているときは弱いドローでも、ポジションを利用して攻める事ができる。

・ヘッズアップなら多少マズイ状態でも攻めることができる。一人降ろせば勝ちとなるからだ。



posted by Nick O at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。