2008年11月04日

オマハ フロップ以降のプレイその10 ブラフとポジションプレイ

オマハにはバリエーションに富んだブラフとポジションプレイが多数ある。あなたがポジションを持っているときに使えば良い働きをしてくれるであろう。


【The Dry-Ace Bluff】

ドライエースブラフは良く知られたブラフで、ボードに3枚目のスーツが出たとき(フラッシュができるボードになったときに)にベットすることでフラッシュを持っているよう思わせ相手にコールさせなくするプレイだ。

※一般的にあなたがそのスーツのエースを持っていれば、相手にフラッシュができていようがいまいがポット手にする事ができる。このプレイはディープスタックで使う資格がるものだ。例を出そう

例1.

You hold As-7d-5h-4d


フロップ [ 8s 7s 2s ]

3枚目のスーツが出てフラッシュができるボードになり、あなたはAsを持っている。あなたはポットベットが打てる状況にある。前からベットが来た場合、ここでコールができ、ターンで相手がベットをしてきたらレイズ、チェックしたらベットで切り返せる。

※相手がナッツフラッシュを持っていないと分かっているからできるブラフだ。 相手からしてみたらナッツフラッシュ持ってる可能性も否定できないのである。できないと分かっていても相手にナッツはないと分かっていれば相手を降ろさせる事は容易になる。オマハはナッツを目指すゲームなので、ナッツフラッシュ持ちというのは当然の如くいる。

ドライエーズブラフはいくらかの恩恵を与えてくれる。例を出そう

例1.

You hold As-Ac-6h-2s Position Button


フロップ [ Kc 8h 3c ]

あなたは心配なくAAのオーバーペアだけでベットする事ができる状況にある―特にレイトポジションからは

同じようにターン、リバーでクラブがヒットした場合にポットを取れる。ドライエースブラフをする際はお互いチップスタックが充分になければならない


※相手がショートである場合、「ドロー上等」でオールインすることが多いので「持ってるかもよ」という思わせぶりな事はあまり通用しない


【フロップでポットを取る為には】

ビッグポットを勝ち取るために我々はストラテジーを守ってきた。我々はフロップでポットを取るべきだと話し、最後にアクションで切ればアドバンテージがあり、全員がチェックで回れば弱いということを表す。そこで、シングルサイズのポットベットを打てればポットを取れるであろうと説明した。

そのプレイができる絶好のフロップは

フロップ [ Kc 7s 2d ] ,[ Qc 8h 3s ] 

というようなドローが存在しないフロップだ。トップペアやオーバーペアを持っているなら自動的にベットする場面となる。しかし、高確率でドローがありえるボードではスチールをしてはならない 例えば、

フロップ [ 8h 7s 6c ]

あなたはスチールできないだろう。セットを持っていてもストレートを恐れチェックするであろう。

また、フロップで

フロップ [ Kh 7s 6c ]

というようなコネクターがでたボードでもベットしたいとは思わないだろう。ストレートドローがコールしてくるだろうと思っているからだ。

後者の[K-7-6]レインボーというようなドローがありえるケースである場合で、トップペアを持っているなら、敵全員がチェックで回ってきたとき当然のようにべットできる。

敵全員が弱くポットを守るのを重要に思っていない場合はレイトポジションにいるものが勝つ

もう一度言おう いくつかの決定基準を持て 何も持ってなく、高確率でコールされる状況でポットベットをしてはいけない また、いつもチェックで回す事もしてはならない。※敵はあなたが良いプレイヤーと知りグッドハンドを隠してプレイする事もあるのだ。

※ポジションプレイを知っていると分かっているプレイヤーはセオリーを外してプレイする事がある。低レートではこういうことをする必要はない
posted by Nick O at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。