2008年11月04日

オマハ フロップ以降のプレイ その11 ポジションプレイとブロッカープレイ

【その他のポジションプレイ】

ポジションあればそのアドバンテージを利用したプレイができる。ドローのプレイで説明したが、

例えば、あなたがナッツストレート+ノーリドローというハンドを持ち、前から相手がベットしてきた場合、コールできる。ターンでペアができた場合に相手がチェックした場合にここでベットする事でフルハウスを持っているように見せかけることができると

他にもポジションを利用したプレイを紹介しよう。ナッツフラッシュドローやオープンエンドストレートドローのようなオマハでは弱いドローを持ちポジションが取れているときに使えるプレイだ。例を出そう


例1.

You hold As-Jc-6s-5c Positionbutton あなたはこのハンドをリンプした。


フロップ [ Ts 9c 2s ]


あなたはナッツフラッシュドローを持っている。アーリーのプレイヤーがポットベットをしあなただけがコールした。ターン

ボード [ Ts 9c 2s 8h ]

ストレートの可能性が浮上し、相手はチェックした。あなたはここでフルサイズのポットベットをすべきである。そうすれば、Q-J-X-Xというようなハンドを見せかけられるだろう。敵がツーペアやセットならばこのベットで降りるはずだ。ここでコールされたとしても、リバーでラグが出れば、再度ベットすることで降ろす事ができる。



【ブロッカープレイ】

ブロッカープレイは何度も悪用される。一般的にあなたがペアを持っていて、そのペアがストレートを作るために必要とされるカードであるなら、必然的に誰かがストレートを持っている可能性は少なくなる。


例2A.

You hold As-7c-6s-5c PositionBlind 参加人数5名


フロップ [ Kh Jd Ts ]

あなたの敵全てがストレートができている可能性はある。


例2B.

You hold Qd-Qh-4s-3h PositionBlind 参加人数5名


フロップ [ Kh Jd Ts ]

あなたは2枚のQを持っているので、ストレートができている人数は最高で2名
QQを持っているのでストレートができている者が少ないと分かった。


ここでベットすれば相手はストレートを表せられ、トライすることでポットを獲れる権利も生まれる。しかしいくらかのプレイヤーは過激な考えを持ちあんたのベットはブロッカープレイだとだと思うものもいる。この問題は難しく考える必要は無い、あなたのベットに対し、レイズしたならばQを持ちストレートができているからだ。

ブロッカープレイは極めてポジションが重要なプレイである。

例2Bでベットし相手がコールした場合、セットかストレートのどちらかを持っている。しかし、どちらかを持っているかは分かるはずも無い。しかし、ボタンの位置にいれば話は違う。全員がチェックで回ってきてベットをすればポットが取れるチャンスがありえるのだ。もし、コールされた場合でも相手の出方を伺って再度攻撃できるチャンスも出てくる。相手がチェックすればターンでもベットする事でベットアウトができるのだ。例を出そう

例3

$5/$5のゲームで1人が$10ストラドルをした。

You hold Ah-8h-8d-7h PositionEarly あなたはリンプし、ストラドルしたもの以外全員フォールド そのプレイヤーが$40レイズしあなたはコール

フロップ [ 9s 7d 6h ]

あなたにストレートドローと88が与えられた。敵は$90のポットで$50のベットをした。

もちろん、相手がストレートができていないことは分かっている。しかし、ここでレイズせずにコールしたほうがストレートを持っているように見せかけられることができる。彼がチェックしたらそこでベットすれば相手を降ろす事ができるであろう。

posted by Nick O at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109083581

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。