2009年01月04日

Omaha Hi/Lo プリフロップ1 良いスターティングハンドの条件


スターティングハンドが良くなる要素

※ここで語られるスターティングハンドとは9〜10人のフルテーブルのスターティングハンド


・THE ACE

オマハハイローではエースはハイ・ローともにナッツカードとなる。プレイできる少ないスターティングハンドの中で、エースは大半を占めている。偉い人曰く、

"オマハハイローで稼いだハンドの94%にAが含まれていた"



・A2

A2はハイローで最も価値のあるコンビネーションハンドであり、フロップを見に行ける資格を持つことになる。
高確率でナッツローかナッツロードローになり、時には弱いハイハンドを降ろす事もできるのだ。
A2をプレイしてはならない状況は極わずかにしか存在しない



・A+2ホイールカード(2,3,4,5のどれか)
Aと2ホイールカード(2,3,4,5)を持てば、数々のアドバンテージが備わる

@ ローを作る保険となる

例1 You HoldA-2-J-T

フロップ [ Kd 7s 6c]

あなたはナッツロードロー しかしターンかリバーにAか2が出ればペアとなり、ローが作れない状況となってしまう。
だが、A-2-3-X,A-2-4-Xという風なホイールカードを2枚持っている場合―

例2 You HoldA-2-3-T


ターン [ Kd 7s 6c Ah]

ここでA2だけならば、エースペアができてしまうのでローは作れなくなる。だがこの場合は23がナッツローとなるので、こういったローが作れなくなるという可能性がなくなるのだ。
それだけでなくローのドローのアウツを増やしてくれる。例1の場合だとアウツは16枚だが、例2の場合はアウツは21枚に膨れ上がる。
そしてペアができることでローからハイで勝つ可能性もありえるのだ。


A 様々な可能性が生まれる

A+2ホイールカードを持てば、フロップでAが出たときにトップペア+ローのドローという形になる。


例3 You HoldA-2-3-K

フロップ [ Ad Ks 7c]

あなたはトップツーペアとナッツロードロー かなり強い状態だ


例4 You HoldA-2-3-K

フロップ [ Kd 7s 2c]

これもまた強い状況


B ホイールラップ(A2345ストレートドロー)

A-2-4-X,A-3-5-Xというようなハンドはホイールの可能性がある。


例5 You HoldA-3-5-X

フロップ [ Kd 2s 4c]


21カードナッツロードローと13カードストレートドローというかなり強い組合せとなる



・A+2ブロードウェイカード(K,Q,J,Tのどれか)

A+2ブロードウェイカード(K,Q,J,T)を持っていればブロードウェイラップ(AKQJTストレート)の可能性がある


例6 You HoldA-2-K-Q

フロップ [ Jd Ts 3c]

13カードナッツストレートドローとバックドアナッツロー


ハイカードを持てばトップペア+ナッツロードローというようなコンボも期待できる。



・スーテッドA

スーテッドAがスターティングハンドの価値を高める重要なものである。

A2のスーテッドAを持つならばレイトポジションでレイズすることができる。A3ではマージナルだが、Aのスーデッドなら参加できるようなり、捨てるハンドA4もスーテッドAならギリギリプレイできるようになる。スーテッドAはローには影響しないハイオンリーの要素である。オマハハイローのプレミアムハンド全てにスーテッドAが含まれている。




【今回の要約】

・オマハハイローのカードの価値 

A>>>(越えられない壁)>ローカード(2,3,4,)>ペイント(K,Q,J)>5,T>>(役立たずの領域)>>ミドルカード(6,7,8,9)


posted by Nick O at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。