2009年01月04日

Omaha Hi/Lo プリフロップ2 スターティングハンドが悪くなる要素

スターティングハンドが悪くなる要素





TRIPS(ハンドにスリーオブアカインド)

Trips(ハンドにスリーカード)はものすごいハンディキャップを背負っている状態である。特にスプリットポットが存在するオマハにとってはなおさらである。
このハンドでスクープをするのは極めて困難だ。このタイプでプレイしていいハンドは、


A-2-2-2のスーテッドA,A-A-A-2のスーテッドA


上記以外は全て捨てよ。



・THE DANGLER(機能しない1枚)

ポットリミットオマハではときにはこういったハンド(例 K-Q-J-6)をプレイし、シングルベットをしポットを勝ち取る事が結構ある。
ポットリミットオマハではこのような手もプレイできるが、しかし、リミットオマハハイローにはこのような3枚しか使えないハンドは全くダメである。ハイもローも作るのにハンディキャップを背負わなければならないのだ。


Kd-Qs-Jd-4sこのハンドはハイもローもできない4が全く役に立っていない。

Kc-Kd-Qc-6d同じくこの手も捨てになる。6が全く役に立たず KKのセットしか手段がない弱いハンドだからだ。


上記二つもスーテッドだが、Aハイフラッシュ持ちに敗れる。こういう手で戦っても大抵はスプリットされてしまうのだ。


※オンラインの低レートでは(1/2以下のフルテーブル) ボタンやレイズの入っていないSBでは参加するのもありだと思う。本はローレートのオンラインテーブルを対象としていないようだから



・ミドルカード(9,8,7,6)

ミドルカード(9,8,7,6)はオマハハイローにおいてゴミ屑のような存在である。フロップでミドルカードを上手くキャッチできたとしても、ローやロードローの可能性が出てくる(このケースの場合スプリットポットとなるであろう)かまたは弱いハイドローとぶつかる事になる。ハイロー両方とも持つ敵とぶつかった時にフリーロールされることになる。


You HoldTs 9h 8s 7h を持っていると仮定して、フロップごとのケースを説明する。


例1.

フロップ[ 8 7 6 ]  [ 6 5 4 ]


あなたはナッツストレートとストレートリドローを持つが、ローができるボードになる。

例2.

フロップ[ 9 6 5 ] 


ナッツストレートだが、ロードローのボードとなる。


例3.

フロップ[ T 9 6 ] 


ナッツストレート+トップツーペアだが、より大きなストレートドロー(QJ)がありえるボード


例4.

Opponent HoldAh 2h Js Ts

フロップ[ 8h 7d 6h ] 


あなた Hi ナッツストレート+フラッシュドロー+トップツーペア Lo なし
敵    Hi ガットショットストレートドロー+ナッツフラッシュドロー Lo A2678

このまま行けばスプリットポット,9かハートが落ちれば敵がスクープすることになる。


例5.

フロップ[ 8 8 7 ] [ T T 9 ]

フロップナッツフルハウスだとしても、ローによるスプリットがありえる。ローができない[T-T-9]というフルハウスでも、より上のA-T-X-Xというようなハンドにやられることもあるのだ。


8−7−6−5のミドルカードはホイールやナッツローを作れないので、捨てるべきハンドとなる。



・レインボーハンド(フラッシュできないハンド)

ハイローはナッツローが中心となるゲームでスクープの手段は数字と関係ないフラッシュがしょっちゅう使われることになる。最低でもシングルスーツ以上のハンドをプレイすること オフスーツのハンドは捨てよ


・ポケットペア

一般的に、ポケットペアは平均以下のオマハプレイヤーに過大評価されている。
スモールペアがヒットしても、ボトムセットでローがありえる状況に、
ミドルペアがヒットしてもミドルセットでローがありえる状況(ミドルペアがトップセットになる場合はローができるボードになる)でロードロー+ハイペアが食いつきあなたのセットを打ち破る事だって結構ある。
KKやQQはローのストレートドローやローに簡単に破られる。
ポケットペアはフロップセットにならない限り、ハンディキャップとしかなりえないのである。

フロップでセットにならなかった場合、A-2-6-6よりもA-2-K-Jというようなハンドの方がスクープしやすい。6のペアがハイのベストになるということはほとんど稀だからだ。



【ハイペア(KK QQ JJ 一応TT)】

ストレート系カードか、いいローカード(A2,A3,ときには23)を持たない限り捨てる

【それ以下のペア(99〜22)】

A2,A3を持たないならば捨てる





【今回の要約】

・スリーカードハンドは(A-2-2-2,A-A-A-2)のスーテッドAのみプレイして、後は捨てる

・ミドルカードだけで構成されているハンドはプレイするな  ローは取れず、ハイもドローされて敗れる恐れがある

・ハイローはスクープにフラッシュを用いる事が多いから、スーツでないハンドをプレイしてはならない

・ハイペアはハイオンリー(4枚全てがT以上)かナッツロー(A2,A3,23があるとき)がない限り捨てる

・99以下のペアはA2,A3の組合せでない限り捨てる



posted by Nick O at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112116266

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。