2009年02月22日

Omaha Hi/Loスターティングハンド1 A2 A3 A−4−5

A2 Hands

多くの場合、A2系ハンドを持てばフロップを見に行く事ができるだろう。一般的にアーリー,ミドルからはリンプで入り、複数人対戦の状態になるように仕向けたい。レイトポジションからは前にリンプで入った者がいるなら、

A2+スーテッドA,A−2−3−X,A−2−4−X

というハンドでレイズするのはいいことである。だが、A-2-9-7,A-2-K-9 オフスーツというような弱いA2ではリンプで参加しよう。


ブラインドにいるときは強いA2ハンドA−2−3−X+スーテッドA,A−2−4−X+スーテッドAというようなハンドでレイズをする。

$3/$6,$4/$8,$5/$10というようなZoo(多数のプレイヤーがルーズに参加する低レートテーブル)ゲームではいい手を持ったらレイズせよA−2−3−X,A−2−4−X+スーテッドAを持っているなら、どのポジションからでもレイズで参加せよ。ただ、あなたのレイズに対してリスペクトされうようになると思われる$10/$20レートでは、複数人対戦の状態を作るためにアーリーからはリンプで参加すること


A2を捨てるべきケースというのは、あなたがA2と弱い組合せを持っているときにレイズに対してリレイズが発生した時である。
相手はおそらくA-A-X-X,A-A-2-Xというハンドを持っているからドミネートされている状態で、少人数でフロップを見に行く事になるから。



A3 Hands

A3+スーテッドA,A3+2枚の絵札はリンプで参加 レイトポジションから A−3−4−X,A−3−5−Xをリンプで参加

A3ハンドはマージナルハンド(参加するかどうか微妙なもの)のなかでベストの位置にある。レイトポジションにいてレイズが起きずミニマムベットの状態からフロップを見に行ける理想的な展開だ。
レイズに直面した場合、ブラインドにいない限りA3は捨てるのが一般的になる。ワンベット(レイズがないプリフロップ)では全てのA3系ハンドをプレイできる。

だが、A−3−4−X+スーテッドAというような手を持ちレイトにいて、かつ多数のプレイヤーが参加している場合はレイズが起きていても参加できる。



A−4−5−X+スーテッドA Hands

A−4−5−X+スーテッドA Handsはレイトポジションでリンプ。
もしルーズパッシブなゲームなら前のポジションからリンプする。
だがレイズがそれなりの頻度で飛んでくるタイトテーブルでは前のポジションにいるときは捨てよ。このハンドは2ベット(プリフロップでレイズ)まではコールできるハンドだ。

フロップで[2−3−X]と出た場合でA4を持っているなら特に価値がある。確率的に25回に1回の割合でそのようなボードに巡り合う。そこでナッツフラッシュドローを持っているのならばいいハイハンドを持っているということになる。

posted by Nick O at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。