2009年02月22日

Omaha Hi/Loスターティングハンド2  Pocket Aces

AA Hands

オマハハイローでAAはポットリミットオマハとは別の価値を持つハンドだ。私はAAはポットリミットオマハよりもリミットオマハハイローの方がプレイできない状況が多いと信じている。
あなたはAAをシングルベット(レイズのないプリフロップで)でプレイすべきじゃないと思っているだろう。あなたがオマハハイローでAAだけを持っているとき、後ろにコールで参加するのが妥当な持っている敵に対してプリフロップでレイズすることを決めなければならない

AAだけしか持っていないのなら、

捨てるか、ヘッズに持ち込む覚悟のレイズ

という選択になる。

A−A−2−Xはどのポジションからでもリレイズできるハンドだ。特にスーテッドAか他のローカードを持つ場合、その強さは際立つ。A−A−2−Xは対戦相手の人数に関わらずいいハンドで、中でも


A−A−2−3 DS

オマハハイローの最強ハンドと言われている。


※中々お目にかかれるハンドではないとだけ記述しておく


最初のアクション,前にリンプ1人いる場合は、 A−A−3−X, A−A−4−X(特にスーテッドA)でレイズすることでプレイヤーを絞る。

しかし、多数のプレイヤーがリンプする"ZOOゲーム"であるならあなたのレイズにコールするだろう。2人以上参加している場合と、ブラインドにいる場合はリンプをする。

A−A−3−X, A−A−4−Xはヘッズアップではかなり強いハンドだ。特にポジションを持っている場合は強さが増す。しかし、より多くのチップを引き出させるためには多数参加の状態でフロップを見に行くのを待つべきだ。


A−A−5−X+スーテッドAは最初にレイズを仕掛けたいハンドだ。ただ多くのプレイヤーが参加する"ZOOゲーム"ではレイズを諦め、前のポジションでは降りることを薦めたい。


あなたはAA系ハンドを選んでプレイすることになるが、AAはリンプすべきハンドだ。ただ前のプレイヤー全員がフォールドしてるならブラインドにスチールを喰らわせるチャンスとなる。ここでAA+スーテッドA,2枚のローカード(2〜5のどれか2枚),2枚のブロードウェイカード(T〜K)を持つなら、スチールをしに行く

A-A-K-7,A-A-J-6,A-A-8-7こういうハンドはいつでも捨てるべきだ(特にオフスーツの場合は) エースペア単独ではとてもリバーまでカードを見に行く事はできないAのトップセットができたとしてもローが相手ならスプリットされて、最悪フリーロールされてしまうことになる。

エクセプションセプションとして、

1人のプレイヤーがレイズをしてきたら、そのレイザーに対してポジションを取れる場合はスリーベット(リレイズ)することでヘッズに持ち込んでもよい そうする場合は捨てるべきAAハンドでもできる

ただし、

スリーベットがあっても構わずにどんな4枚のカードでも参加するプレイヤーがいる場合はこのプレイをしてはならない


オマハハイローの目的はスクープしてポットを取るという事を思い出して欲しい

posted by Nick O at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。