2009年02月22日

Omaha Hi/Lo プリフロップ1 スターティングハンド考察

【基本的な使い方】
★どんな状況でもレイズ・リレイズできるハンド (割合 レイズ100%)
☆かなり強いハンド 状況によりリンプとコール (割合 レイズ>リンプ)
◆平均〜少し強いハンド (割合 レイズ<リンプ)
◇平均的なハンド アーリーポジションではフォールド (割合 リンプ=フォールド)
▲ブラインドにいるときかボタンにいてレイズの入ってない状況でリンプ限定のハンド (割合 リンプ<フォールド)
×確実に捨てるハンド(割合 フォールド100%)

【状況により修正するケース
スリーベット(プリフロップでリレイズ)があった場合:☆以下のハンドフォールド
◆と◇に属するハンドはテーブルの状況により、レイズとコールを使い分ける



★As-Ac-2c-3s

モンスターフロップになる様子を容易に想像できる。A,2,3を持つのでナッツローやナッツロードローとAペアを持つので同じくナッツローハンドからハイを勝ち取れる。セットになればナッツロードローを持つことができる。そして、2枚のスーテッドAを持つのでナッツフラッシュを作ることもできるうえ、ホイールラップの可能性を持つこのハンドはヘッズでもマルチウェイでも活躍できるオマハハイローの最強のハンドだ。

▲8s-7c-6s-5c

このハンドは酷い フロップナッツストレートとなる可能性は高いが、ローを取れる可能性は極わずかなので、スプリットポットがベストパターンとなる。このハンドはナッツローができた相手からより大きなストレートドローやフラッシュドローでフリーロールされる恐れがある。フロップフルハウスとなればロードローはなくなり、ロー相手にスプリットされる可能性がある。

フロップ [8-8-7] OpponentA-2-8-K

となっていればKが出ればスクープされ、3,4,5,6が出ればナッツローとなり、スプリットされる事になる。


×Js-5h-2s-2h

捨てるべきハンド 勝てる手段はクアッズができることのみで確率は極めて低い

フロップ [7-2-2]と出たとしても、A3にローを作られスプリットとなることも多い 22はボトムセットにしかならずローもできなくなる。良くてスプリットで悪くてスクープされることになる。

フロップ [A-3-4]と出ればハイもローも取れるが、A-A-2-5というハンドを持っていたほうが良いに決まっている。敵がA-A-2-5を持っていればナッツフラッシュとなる可能性も高く、ローは半々でクォーターにしかならないというケースによく出くわす事となる。

フロップ [Js-4h-3s]と出れば、オープンエンドストレートドロー+トップペア+2種のバックドアフラッシュ+ものすごく弱いロードローとなるが、このようなハンドをプレイしても長い目で見て勝つことはできない、A-2-5-Jというハンドに簡単にドミネートされる。このハンドは捨てるべし



◇2s-3h-Ks-Th

このハンドはマージナルと平均的なハンドの中間辺りで、マルチウェイ(他人数対戦)で戦えるハンドでもあり、相手をテストする上でも使えるハンドとなる。ベストなフロップを紹介すると、

フロップ [As-Qs-Jh]と出れば、ナッツストレート+ナッツフラッシュリドローとバックドアナッツドローとなる。

フロップ [As-4s-5h]と出れば、ホイールとナッツフラッシュドローとなる。


フロップ [As-Jh-7s]と出れば、ナッツロードロー+ガットショットストレートドローとナッツフラッシュドローとなる。

フロップにAが出るかどうかが鍵となるハンドだ。


◆Ac-2d-4c-6h

高いポテンシャルを秘めたハンド ナッツローとナッツフラッシュドローを持つ

フロップ [5-3-X]と出れば、16ストレートドローとバーストしないナッツロードローとなる。

フロップ [7c-5h-3c]と出れば、ナッツストレート+ナッツフラッシュドロー+バーストしないナッツローとなる。


☆Ac-2c-3d-Kd

◆Ac-2d-4c-6hよりも良いハンドである。A-2-3の組合せはプレミアムロードローとなり、フロップにAが出てもトップペアトップキッカーとナッツロードローとなる。

フロップ [A-K-7]と出れば、トップツーペア+ナッツロードローとなる。DSなので2種類のフラッシュも狙え、ホイールも狙える。このハンドはオマハハイローで凄くベストなハンドだ。



▲Qs-Jd-Ts-9s

マージナルで捨てハンド このハンドはどう見ても捨てた方が良い

フロップ [8-7-6]と出れば、ローにスプリットされ、フリーロールされかねない

フロップ [9-8-7]と出れば、ローにスプリットされる恐れがある。

フロップ [T-9-8]と出れば、より強いストレートやフラッシュに敗れる事になる。リミットゲームはベットする事でナッツフラッシュドローを降ろすことはできないのだ。

フロップ [J-T-8]と出れば、A-2-K-Qというようなブロードウェイラップ+バックドアナッツロードローというハンドにやられる可能性がある。

より強いハイオンリーハンドK-Q-J-T痛めつけられるだろう


posted by Nick O at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。