2009年02月22日

Omaha Hi/Lo プリフロップ4 ブラインドスチールとショートハンデッドゲーム

ブラインドスチール

カットオフかボタンにいて全員フォールドで回ってくることがケースがある。そのときにそこそこ強いハンドを持っているなら、レイズをすれば、ブラインドスチールが成功するか、ポジションを持った状態でブラインドとヘッズアップになる。スチールに適したハンドはローもハイも狙える複数人対戦時で活躍できるハンドだ。いわずもながらAがベストである。

スチールレイズするときは、私はA-5-6-T,A-4-7-Q のスーテッドAというようなAと2枚のローカードでオープンレイズをする。フロップペアとローのドローが狙えるハンドでだ。ヘッズアップで重要なのは、


ナッツローにこだわる必要は無く、ハイもローも狙えるハンドをプレイすること


であるから、2枚のブロードウェイカードとローカードA-K-J-5というようなローが弱いハンドでもレイズでき、A-Q-Q-4,A-K-K-5というようなローが弱いハンドでもレイズできる。Aが含まれていない4枚のローカード5-4-3-2,6-5-3-2,6-5-4-3 シングルスーツ以上もスチールできる。AAもスチール可能だ。ローが狙えないハイオンリーハンドはここではフォールドを第一に考えよ


※ヘッズの場合はローはおまけでハイ優先でいいと思う。 でも、ローが狙えないのではスチールはできないでいいのか。やっぱりA封印プレイはできんわな


ショートハンデッドゲーム

ショートハンデットゲーム(4〜5人参加ゲーム)をプレイしているときは常に誰かがポットに参加することになる。私がここで述べたのはフルテーブル(9〜10人参加ゲーム)用のストラテジーであって、プレイヤーが極めてルーズであるということは想定していない(Q-J-7-7,K-Q-T-5,9-9-6-6,T-9-8-7というようなハイローでは通用しないハンドを平気で参加するものはいないということを前提に考えている)このようなルーズプレイヤーがいる場合は、


[A-4-K-Q,A-4-5-T スーテッドA]というようなハンドを持つなら、1対1に持ち込むようにレイズをすべきである。


私がフルテーブルのカットオフかボタンにいて、1人のプレイヤーが参加している場合で、そのプレイヤーがどういった基準でスターティングハンドをプレイしているか把握できているなら、A-K-Q-3,A-J-T-4 スーテッドAというようなハンドを持っている場合、ストラテジー通りならコールするハンドでも1対1になるようにムーブしたい。ここで私がレイズすれば後続のプレイヤーが落ち、ポジションも取れた状態でフロップを見に行ける可能性が高くなるからだ。



【今回の要約】


・ブラインドスチールするときはナッツローは必要なし ハイもローも狙えるハンドでレイズせよ Aは貴重

・ショートハンデッドゲームは、A-4-K-Qというようなフルリングゲームではマージナル扱いされるハンドでも充分強い ルーズプレイヤーが相手ならヘッズに持ち込むようガンガンレイズすべき


・レイトにいるときはヘッズアップに持ち込めるようレイズするという選択肢もある。そうする場合は、相手がどういうプレイヤーかきちんと把握してレイズすること



posted by Nick O at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。