2009年02月22日

Omaha Hi/Lo プリフロップ5 プリフロップでリレイズがあった場合

プリフロップのスリーベット

プリフロップでリレイズが起きる原因は主に2つの理由がある。


・強いドローイングハンドを持ちポットを構築する

・レイザーをアイソレートし、ヘッズアップに持ち込む


強いドローイングハンド、例としてAc-2s-3c-Ksを持ち前から多数のプレイヤーが参加している場合はポットを大きくしたい為にリレイズしたいだろう。前のポジションからレイズすることは後ろで参加するプレイヤーを狭めてしまうので、あまり重要ではない。しかし、レイズをしても多数の参加が見込めるのなら、高確率でリレイズをしていいだろう。


A−A−2−Xを持つなら、どこでも、どんな状況でもリレイズできる。


このハンドはヘッズアップでもマルチウェイでも強いハンドだからだ。


2つ目の理由『ヘッズアップに持ち込むためのリレイズ』を説明しよう。あなたはA-A-3-Kを持ち、前のプレイヤーがレイズをしてきた。この場合はリレイズをしてオリジナル礼ザーとヘッズアップに持ち込むべきである。A-A-3-Xはヘッズアップにおいてはとても強いハンドで、オリジナルレイザーからポジションを取れるから有利に試合展開を運べるのだ。A-A-X-Xは一般的にこのようにプレイするのだ。特にいいローも期待できるハンドは尚よい


上記に挙げたものとは違ったシチュエーションで行うオリジナルレイザーに対するリレイズは、

ルーズなものに対するリレイズ,プレミアムハンドを持っているかのように見せかける,スチールに対抗する為

というような理由でのリレイズとなる。ただしそのプレイをする場合、そのレイズをしてきた敵に対してポジションが取れるかどうかが重要となる。このケースに出会った場合、ハイもローも狙えるハンド(スーテッドA+2枚のローカードというようなハンド)でスリーベットしたいところだ。特にあなたが「敵は自分の持っているローより悪い」感じたらスリーベットを考慮しよう。少人数対戦時で大切なのは、


複数人対戦で戦えるハンドとポジションである。


リレイズすることを上手にコントロールしよう。しかしこのプレイは、

フルテーブルのキャッシュゲームでは頻繁にしてはならない

特にローリミットでは、多くの場合、多人数でフロップを見に行く事になり、多くのプレイヤーはA-A-X-X,A-2-X-Xでレイズすることを好み、リレイズをしてもそれらの手にブチ当たる。スチールレイズでない限りは、後続プレイヤーにポジションを取られる可能性も出てくるのだ。フルテーブルキャッシュゲームでは、

リスクを背負ってプレイするな ブラインドを争う必要も無い


※ホールデムでも同じ事は言える。無闇にブラインドにいて争う必要は無い


しかし、トーナメントでは話は違う。スチールの成功が命運を分けることになり、大抵のプレイヤーがショートスタックとなるのでハンドを選ぶヒマなんてないのだ。私がトーナメントに参加した時の話をしよう。前のポジションからレイズが入り、私のハンドはAs-4d-7s-Jc 普段のキャッシュゲームなら降りるハンドだが、私はここでリレイズをしたのである。トーナメントでのレイズは信用なぞない

オマハハイローでヘッズアップになったときは、ハイもローも狙えるハンドを持ちポジションとイニシアチブを取れれば、あなたにとってとても良い状況となるだろう。



【今回の要約】


・リレイズは強い手を持つときと、ヘッズアップに持ち込むために行う

・A−A−2 はどんな状況でもリレイズできる

・ローレートやフルテーブルのキャッシュゲームでは頻繁にヘッズに持ち込むためのリレイズをしてはならない リレイズしても後ろのプレイヤーが参加する可能性が高いからだ

・フルテーブルでは激しく攻める必要は無い いい手を待つ事が重要

・ハイローのヘッズアップで勝つコツは、ハイもローも狙えるハンドを使い、ポジションとレイズした事で得られる主導権の2つを有効に活用する事である。

posted by Nick O at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。