2009年02月22日

Omaha Hi/Lo フロップ以降のプレイ2 解説

1.ドローするときはナッツのみ

このルールには例外はあるが、ここで言うのは一般的なルールで、あなたがドローするときはナッツのみで行うべし 特に複数人対戦時にはそのことを重要視せよ あなたがナッツロー,ナッツロードローを持つならナッツでないハイハンドをドローできる。 下ストレートやナッツでないフラッシュはセットやトップツーペアを持たない限りドローできない。ペアができたボードでフラッシュやストレートをドローできず、ボトムセットからのフルハウスは捨てるべきだ。同じように、強いハイハンドを持たずにセカンドナッツローをドローしに行ってはならない。セカンドナッツローのドローにはトップツーペア以上のハンド,ナッツフラッシュドロー,13カードブロードウェイラップ,オープンエンドナッツストレートドローが必要だ。


2.スロープレイはするな

オマハハイローではけっしてスロープレイをすることはできない スローしたことにより簡単にドローされてしまうからだ。フロップでナッツフルハウスができたらあなたは速やかにベットしたいところだ(オマハプレイヤーはしょっちゅう行うプレイ)
スロープレイは、バックドアナッツローをさせてしまうことになりかねない。決して敗れないハンドを持ったとしてもナッツロー持ちにスプリットされる可能性があるからだ。

(例1)

You Hold 7h-7s-X-X Qd-Qh-X-X

フロップ[ Qs 7d 7c ]

クアッズとオーバーフル 確かにハイで負けることはほぼありえないだろう。だからといってチェックし、ターンで2枚目のローカードが出たら、リバーでローカードが出たらポットがスプリットされてしまうことになる。



3.クォーターになる可能性(ローがスプリットされることを)を意識せよ

あなたの他に複数プレイヤーがいてナッツローは持っていてもハイハンドで勝てる可能性が無いのなら、ローのポットはスプリットされることになるだろう。"クォーター"なってしまうということだ。2人以上からハイの半分を取れるのは良いのだが、ローのハーフはしょっちゅう起こる事態である。特にA2では突き抜けてありえる事態となる。

(例2)

[状況1]
敵Aとのヘッズアップ ポット40$ ハイ 敵Aの勝ち ロー 敵Aと私でスプリット 

<結果>
敵A+10(-20+30) 私−10(-20+10)

[状況2]
3人対戦時 ポット60$ ハイ 敵Aの勝ち ロー 敵Bと私でスプリット

<結果>
敵A+10(-20+30) 敵B−5(-20+15) 私−5(-20+15)


[状況3]
4人対戦時 ポット80$ ハイ 敵Aの勝ち ロー 敵Bと私でスプリット

<結果>
敵A+20(-20+40) 敵B±0(-20+20) 敵C−20(-20) 私±0(-20+20)


4人対戦時以上の場合はクォーターでも損をしないことになる(厳密に言えばレーキがあるので4人きっかりだと損) 一般的に多数のプレイヤーで争うオマハハイローはナッツローのクォーターとなっても充分お釣りは帰ってくるだろう。しかし、ハイで勝てる要素を持たずにナッツローでレイズするということはしてはならない

posted by Nick O at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。