2009年02月22日

Omaha Hi/Lo フロップ以降のプレイ4 解説その3

8.ハイで勝てる可能性のないナッツローを持っているとき、ベットして多数のプレイヤーがコールする状況である場合はベットすべきである

あなたにハイで勝てるチャンスがない場合、ベットがあった場合多数のプレイヤーがポットに残ってくれる可能性があるようコールすべきである。


リバーで敵が2人いる場合、弱いナッツローをジャストコールすべき 特にあなたがべッターの前にいてポジションが取れていない状況ではなおさらだ。このケースはハイハンド持ちに敗れ去られる事ととなるだろう。


リバーで敵が3人いる場合、あなた以外にナッツロー持ちがいないと信じれない限りはジャストコールすべきだ あなたはベットにレイズをし、ナッツハイ持ちにリレイズさせてはならない。こうされてしまったら、セカンドベストのハイを持つプレイヤーが降りてしまうことになるから損になる可能性が高くなるからだ(ローがクォーターされる可能性もあるため)



9.ナッツロー,ナッツロードロー,ナッツフラッシュドローを持つときは、より多くのチップが取れる可能性があるようポットをコントロールする必要がある

いいドローを持った場合で多数のプレイヤーが参加している状況ならば、どうすればポットが膨れ上がるか考えてプレイすること ベットしてレイズをしても平気で着いてくるプレイヤーがたくさんいるならレイズが良い選択となるし、レイズすると降りるプレイヤーが多いならばコールすることでポットを膨れ上がらせる方法が正しくなる。


10.フロップで複数人対戦時 "トップペア+ナッツロードロー"を持つなら、チェックで回ってきたらベット,ベットがあった場合はレイズ

(例1)

You Hold Ad-2d-3s-Ks

フロップ[ Kd 8h 5h ]

あなたはトップペア+ナッツロードローを持っている。正直言ってこの状況は難しい オマハではトップペアは強くないし、あなたにローはできていない。だが、ここでレイズするということはいい手を持たないものを振り絞ることができ、結果的に勝つチャンスを作り出すことになるのだ。もし、ナッツロードローとヘッズに持ちこめられたら、スクープとスリークォーター(ポットの75%を獲る)チャンスを取れることになる。


※ リミットポーカーは基本的にレイズが起きて初めて強さが主張されたという認識でいいと思う


11.ハイハンドのドローはローの可能性があるときは価値が失われる

フロップにローカード3枚出たら、ローの可能性がないハンドはローにフリーロールされることになる。

(例2)

You Hold Kd-Kh-Js-Ts

フロップ[ 8s 4d 3s ]

こういう状況の場合、 As-2d-3d-4s As-2s-8d-8h ナッツロー+ナッツフラッシュドロー,ストレートドローに食われてしまうということになる。

フロップに2枚のローカードが出たときもハイのドローの価値が下がる。ドローしてもおそらくはスプリットされる事になるであろう



12.あなたがターンでナッツローを確定させて、ハイのドローをしに行くと決めたときは、ターンでレイズをするべし

(例3)

You Hold 5s-4h-3s-2h

ターン[ As Kh 7d 4s ]

あなたにフラッシュドローとホイールラップ(A2345ストレートドロー)が与えられた。こうなった場合、ベットに対して必ずレイズすべき ヘッズアップでも同じようなことが言える。

(例4)

You Hold As-2d-5s-Jh

ターン[ Ts 6h 3d 8s ]

あなたは確定ナッツローとナッツフラッシュドローを持った。あなたは最低でもワンレイズはするべきケースとなる。
posted by Nick O at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。