2009年02月22日

Omaha Hi/Lo フロップ以降のプレイ7 ボードテクスチャー(ハイカード編)

【フロップでハイカード3枚出たとき】

ハイカード(9より高くAは含まれない)3枚がフロップに出たら、ローの可能性は無くなり、ハイハンドオンリーの勝負となる。3枚のハイカードが出たら、フルハウスかストレートの可能性があると思っていいだろう。あなたにハイで勝てる見込みが無いのなら基本に忠実にプレイすべし

ボードにペアできたら、最低でもトリプス以上を持ってプレイ
ボードにペアができているのにフラッシュやストレートをドローしてはならない
ペア系ハンド(ツーペア以上),ストレートドロー,フラッシュドロー,これら3要素のうち2つある状態から攻めよ


ハイカードフロップは分かりやすく、持っているときにベットせよ。しかし例外として、※あなたがストレートを持ち、2枚のフラッシュカードが出ていて、あなたにフラッシュのアウツがない場合はベットの代わりにチェックを多めにする。ベットをしレイズされたらジャストコールすべき場面となる。


※ リミットなのでベットによるドローの振るい落としができない 複数人でポット争っている場合は大抵フラッシュドロー持ちがいる。オッズに合わないベットができないので簡単に引かれやすい


【フロップでハイカード2枚出たとき】

バックドアのローができる可能性がある。あなたがハイハンドを持つなら素直にプレイするべし 相手を引っ掛けようとするな

・ベットレイズするハンド―トップツーペア,セット,ペア+13カードストレートドロー,ナッツストレート+リドロー

バックドアローと同じ手を持つ弱いドローハンドをポットから追い出す為に強気にプレイせよ

しかし、2フラッシュボードの場合でスリーベット(リレイズ)をされたら、コールかフォールドすべきケースとなる。スリーベットしたものは本当に強い手を持っているかヘッズアップに持ち込むためのリレイズであると断言できるだろう。

複数人対戦時でリレイズがあったポットに参加する場合は、13カードナッツストレートドロー+ナッツフラッシュドローが欲しい所 ドローを続けるかどうかはペアができていないか,フラッシュの可能性が無いかによって左右される。


バックドアローはハイの可能性がないならフォールドすべきである。

しかし、バックドアナッツローとバックドアナッツフラッシュドローの両方を持つならワンベットにコールすることができる。レイズが起きたら降りよ

ガットショットストレートドロー+バックドアナッツロードローを持つ場合はコールすることは可能 それにバックドアナッツフラッシュの可能性があるならなおさら良い

(例1)

You Hold Ad-3c-Qc-Jd

フロップ[ Th 9s 2d ]

というようなフロップでベットが起きたら、ジャストコールすべき場面である。しかし、Ad-4c-Qc-Jdである場合、レイズをして強気に行きたい所だ。ローで勝てる可能性は少ないのでナッツローだけを持つプレイヤーを振るい落としたいからだ。


複数人でポット争いしているなら、ペアができておらずレインボーのボードで13カードナッツストレートドローとバックドアロードローをプレイしたいところである。

posted by Nick O at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。