2009年02月22日

Omaha Hi/Lo フロップ以降のプレイ8 ボードテクスチャー(ローカード編)

【フロップでローカードが2枚出たとき】

ローのドローがありうるボードとなり、ハイオンリーハンドの価値は著しく下がる。トップセットやビッグストレートドロー(K-Q-J-T Flop[9-8-3])を持ったら、強くプレイし参加人数を振り絞る事に専念すべきだ。

しかしながら、敵を倒そうとリレイズをした場合や、あなたのレイズにリレイズされた場合で、ターンでローカードが出たらフォールドしなければならないだろう。プレイすればフリーロールされることになる。


あなたがローのドローを持っている場合、

ナッツロー以外はドローしないこと

トップツーペア,ナッツフラッシュドロー,オープンエンドナッツストレートドローというような強いハイハンドを持った場合はナッツでないロードロープレイできるが、持っていない場合はナッツローのドロー以外はドローをしてはならない


あなたがナッツロードローをフロップで持った場合どうプレイすべきかは3つの要素がある。

1.行かなければならない状況か(プリフロップでレイザー主張してCB打たないといけないなど)

2.今いる状況でのあなたのポジション

3.前のプレイヤーがしたアクション



あなたがナッツロードローとトップペア以上のハンドを持つならば、ベットした相手の情報を得たいのと周りのプレイヤーを振り落としたいためにレイズをすべきで、ナッツロードローとナッツフラッシュドローを持つのなら疑うことなくベット/レイズする状況となる。ただベットをされて多くのプレイヤーがアクションを控えている状況でレイズすることで降りてしまうプレイヤーが複数いるならば参加しやすいようコールするべき場面となる。

しかし、私はナッツロードローとトップペアかナッツフラッシュドローを持つならば、私はレイズをしたい ハイもローも充分狙えるからだ


ナッツロードロー+ラップドローは複数でポットを争っているときに真価を発揮するハンドだ

(例1)

You Hold Ad-2c-3c-Jd

フロップ[ 9c 5s 4d ]

You Hold Ad-2c-4c-6d

フロップ[ 9c 5s 3d ]

ストレートができる確率はフロップ→リバーで59%ある(アウツ16枚)


ハイで勝てる見込みの無いナッツロードローを持っているとき、全員チェックで回りあなたが最後のアクションであるなら、ここでベットをしたいところだ。しかしベットがあった場合はジャストコールする。前のポジションにいる場合で弱いナッツローはチェックをする。しかし、

※(例2)

You Hold Ad-2c-3c-Jd


フロップ[ Kc 7s 5d ]


というようなカウンターフィットされないナッツロードローを持つならばベットをする

※ローカード2枚だとローカードがヒットしペアができてローが作れなくなるというケースがある(このことをカウンターフィットと呼ぶ)が、ローカード3枚以上ある場合は安心してローを作ることができるのである。


ナッツロードローではしょっちゅうベットをするべきだ。ポットの価値を上げるだけでなくハイで勝つという意味も持つ

(例3)

You Hold Ad-3c-Kc-Qd


フロップ[ Tc 8s 2d ]


ここでベットをすれば、プリフロップではより良いハンドであるA-2-K-Qを倒す事ができるだろう。ターンでK,Qが出ればツーペアとなりハイで倒せるのだけれど、相手から見ればローもできず、ハイもボトムペアなのでたいして強くないから、ドローしに行ってもチップがムダになるだけなので簡単に降りてくれる

ベットをし全員が降りればあなたの勝ちになる。だからベットをする意味がある。


あなたにフラッシュがありうるボードで、ナッロードローとフラッシュドローがあるのならプレイできる。しかし、ポットが大きくなっていない限り(プリフロップでレイズがあり多数参加している状態のゲーム等)は大金を使ってドローをしに行くな

あなたはA-2-3-XというようなローハンドよりもA2とバックアップが無いローは慎重にプレイすべきだ。ローが無くなるという事態もありえるからである。

あなたがナッツフラッシュドローとナッツロードローを持つならばベット/レイズすべきだ。ただレイズするよりもコールする方が得だと読んだ場合はその限りでない



【フロップでローカードが3枚出たとき】

3枚のローカードが出た場合は、ハイハンドは役に立たなくなる、あなたが弱いナッツフラッシュドローを持つ場合はカードを手に入れたいとあなたは思っている。しかし、取れても半分のポットがベストとなる。

ナッツローを持つならば、ベットせよ ベットにレイズする場合はあなたの持つハイがベストであると思ったときにせよ


あなたが確定ナッツロー(カウンターフィットされないロー)とフラッシュドローを持つ場合は、複数人でポットを争っている状態を保つべきである。


ナッツローとナッツフラッシュドローを持つならば、最大限の金を投げ込むようアクションせよ レイズすることでポットが大きくなればレイズし、コールし多数のプレイヤーが巻き込めるならコールを選ぶしかし、ハイで勝てる見込みの無いナッツローはジャストコールに留めるべきだ。


3枚のローカードが並び、あなたがナッツローを持っておらず、セットを持っていて、ストレートやフラッシュがありうると思った場合はどんな場合においてもドローしに行ってはならない。しかしあなたがトップセットを持った場合は、コールせずにレイズしハイの半分を取る選択肢を選ぶ事となる。


(例4)

You Hold 6c-4h-3h-2c


フロップ[ Ad 7c 5c ]

確定ナッツローとフラッシュドローを持つならば、AAのセットやトップツーペアのようなハイしか持たないものからフリーロールさせるために複数人参加の状態を保つべきだ。


posted by Nick O at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。