2009年08月06日

オマハ古典記事 ブラフのインパクト

ポットリミットオマハは他のゲームやベッティングストラクチャーと比較しブラフの可能性は非常に多い。しかし、行われるブラフはピュアブラフでなくセミブラフが大半だ。オマハはビッグドローがフロップでできたら、すでに作られたハンドよりもアグレッシブにプレイするゲームだ。

(例1)

フロップ[Jh 9d 3h]


※1現在の勝率
【Js-9s-5c-2c】31.46%
【Kh-Qd-Td-8h】68.54%


現段階では【Kh-Qd-Td-8h】はKハイなのだが、トップツーペアよりも勝率はある。オマハはドローがかなり強いゲームなのだ。ドローでの強気なベッティングはかろうじてセミブラフとして数えられる。ブラフを積極的にしよう


※1 ディープスタックゲームではトップツーペアだけのハンドはデットマネーになる可能性があり、大きく金を失いかねないのでフォールドで正しいが、ポットが小さい場合はフロップベットにコール(レイズやフォールドするよりも)し、ターンにドローに影響しないカードが出れば、ターンでの勝率はほぼ5分になるのだ。このことはオマハのグットプレイヤーは知っている。小さいポットで降りるという考えはこんなに大きな誤りであるのだ


(個人的感想)
今まではトップツーペアはたいした事無いハンド 相手のベットは受けられないと言う教えを守り、相手のちょっとしたベットに降りてきたわけだが、これを読んで「ポジションがありブラフで降ろせる可能性があるなら、コールという選択肢も充分ある」という考えも持つようになった。ビッグポットのときでマルチウェイなら危険だけれども



ディープマネーのゲームではビッグブラフをリバーで行うのは効果的だ。ただ、敵がいい手を持っているときは相手もブラフだと疑うかもしれないけど効果は大きい

(例2)

フロップ[Kh Tc 3h]


ハンド
You   【Ah-Jh-7c-7s】
Opponent【Ks-Kd-Qd-9s】


あなたがアーリーポジションにいてチェックし、敵がポットベットをし、あなたはそれにコール

ターン[Kh Tc 3h Jd]

敵はトップセットを持っているが、ターンで出たJdは好ましくないカードだ。相手にナッツストレートができた可能性も否定できないからである。ここでベットすればナッツストレートを持っているように見せかけられる(ただしこのブラフをする場合、フロップポットベットにコールしなければならない) ここでポットベットをし、敵はコールした。

リバー[Kh Tc 3h Jd 4s]

ボードにラグが出現し、グットサイズのベットを打てばあなたはポットを勝ち取れる。相手は自分より良いハンドを持っているのにも関わらず勝つことができるのである。だからといってナッツを必要じゃないと考えてはいけない 基本はナッツで勝ち取る事なのだ。だが、あなたのブラフはあなたにとって良いチャンスをもたらすだろう。特に相手がタイトでしっかりしたプレイヤーならブラフすることで相手を乱れさせられる。


Bare Ace Bluff

オマハでよく働いてくれる"ベアエースブラフ(ドライエースブラフ)"を紹介しよう フロップで3枚のスーツが出て(又は2枚のスーツから3枚目のスーツが出現したとき)、あなたがスーツになってないエースを持っているときは、ここでベットすれば、フラッシュができないにもかかわらずポットを勝ち取れる。


なぜ勝ち取れるのかというと相手はナッツフラッシュを持っていないことをあなただけが知っているから勝つことができる。オマハはナッツを目指すのが基本だから相手は降りてしまうのだ。(もちろん、このブラフをするときは相手がKハイフラッシュを降りれるプレイヤーかどうか知る必要がある)


このプレイはやりすぎてはいけない 察せられてしまうからだ。このブラフがベストに働くときは セットやツーペアなどペア系ハンドとエースを持っているときである。相手がナッツでないフラッシュでコールし、こちらにフルハウスができたときは相手に勝てる。


実際にブラフを仕掛けるときは、ピュアブラフよりもセミブラフのほうがよいだろう。


最後に、1つ あなたのチップと敵のチップスタックの差にいつでも気を配るべき

ショートであるならオールインかフォールドの選択しかない。あなたにセカンドベストハンドが配られたときは基本的に金をあきらめよう。そして死を恐れぬ男や真に強いプレイヤーはリバーで大きなブラフを仕掛けてくる。完全に強いか全くの嘘しかないベットは強さを意味するのだ
posted by Nick O at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。