2009年08月06日

オマハ古典記事 スターティングハンド分類・プレイの仕方 ペア編

Big Pairs(AA or A-K-K)

ポットリミットオマハプレイヤーは単純にAAを持ったからといってレイズすることは少ない 2枚のカード,チップスタック,今いるポジションを考慮せずにレイズするか決めなければならない。より経験のあるプレイヤーはAAをよくよくリンプで入る。プリフロップのレイズに対し、リレイズすることでプリフロップの段階で勝負を決めたり、ヘッズアップに持ち込むためのリレイズというのが狙いとなる。どちらもポットを最大限に獲得する為にやるプレイとなる。


手札がバレたとしてもリレイズすることで多数のコストを払ってまでフロップを見に行く選択は取らないから勝つことができる。しかし、リレイズをしても相手のスタックが85〜90%残るのであれば、相手は「相手のハンドに負けていることを承知の上でフロップでヒットする事」を願ってコールしてくるだろう。つまり、スタックのあるコーラーに対して、


完全なインプライドオッズを与える事になる


こちらは自分のハンドは何を持っているか教えていて、かつ相手は何を持っているか分からないのである。オマハはオーバーペア程度では強くは無く、ありとあらゆるドローが存在するのだ。


※1レイズに対してリレイズをする場合は、


敵がオールインしてくるのを捕まえられるときかフロップ1回のポットベットで充分な金を置けるときのみ


(※1個人的感想)
オマハはポットコントロールが本当に重要 AAをいつでもポットベット、ポットリレイズすると痛い目に会うだろう


Two Pair Hands

ダブルペアハンドはペア数字の高さによって価値は変わる。Q-Q-J-JはQ-Q-7-7よりも価値がある。しかし、大部分の状況下でQ-Q-7-7はプレイできるハンドだ(ポジション スーツがあればハンドの価値は若干高まる)

私はこれらのタイプのハンドを手にしたら、レイズで入るだろう。それに対してリレイズされた場合、そのリレイザーのハンドが予想できて(リレイズした場合、大概はAA)スタックに充分余裕がある場合はセットができることを狙いコールする。私がダブルペアをレイズで入る理由は、※2フロップのボードにフラッシュやストレートドローがある状態のときにできたフロップセットをプロテクトしたいからだ。つまり、ボードのコントロールをするために行う。しかしこのプレイは私にとって助けとならず相手を助けるために終わるかもしれない。そのときは私はほとんどの場合ハンドを諦めるだろう

K-K-T-Tというような2つのハイペアは事実上いつでもプレイできるが、7-7-3-3というようなスモールペアのダブルペアはプレイできない


ポットリミットオマハはボトムセット,ミドルセットをプレイしたいと思うな 特にディープスタックゲームにおいてはなおさらである

またQ-Q-7-7というようなハンドを手にしたときアグレッシブになるべきでないということは分かっているだろう。それは正しい この場合スモールレイズでの参加してもいいが、大きすぎるレイズはしてはならない 前述の通り、AAはリンプで入るケースが多くリレイズしてプリフロップで勝負決めることができるチャンスを与えてしまうかもしれないのだ。あなたのスタックがディープでないならコールはできない。レイズをすることで大きくなったポットをいいフロップになってポットを勝ち取る事を狙うほうが得となるであろう。



※2 ポットが低いとアウツが少なくてもドローしに来るケースが多い ポットリミットはポットベット以上のベットができないので気軽にコールできないベットをするためには前に準備をしなければならない
posted by Nick O at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125119485

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。