2009年08月06日

オマハ古典記事 スターティングハンド分類・プレイの仕方 ストレートハンド編

Rundown hands

フォーコネクターカード(なるべくならスーッテドであるもの)を持ったときは、次に挙げることを理解して欲しい

このタイプのスターティングハンドはとても稼げるハンドだ

これらのハンドは高い確率でビッグラップ(アウツが13枚以上のナッツストレートドロー)やペア+ストレートリドロー,ツーペア+オープンエンドストレートドロー というようなハンドになるのが目標である。(ポジションは重要で、ポジションがない状態でビックドローを持つよりも、ポジションがある状態でドローを持ったほうが稼げる)

Q-J-T-9というような四連続続いた数字のスターティングハンドを持てたら非常に好ましい事なのである。フロップで好ましい状況となったとき、あなたはツーペアとストレートorツーペアとストレートとフラッシュ という複数の攻めの手段が整う事になる。


ビッグドローができた場合、フロップ以降はアグレッシブに攻めるべきだ。(相手がドローなしの現ナッツのトップセットでこちらがビッグドローの場合、トップセット側が若干有利でしかない)


私はスモールランダウン(小さい数字四連続コネクター 7-6-5-4等)を好んでプレイする。特にポジションがあるならなおさらである。先ほど挙げた ダブルペアやビッグペアと同様にプリフロップでは時々レイズで入る。フロップでドローをキャッチできたら非常に好ましい状況となるであろう。


敵はレイズがあった場合、小さい数字よりも大きい数字を警戒する

テーブルにいるプレイヤーが少ないなら、スモールランダウンを好んでレイズせよ また、これらのハンドを持ってAA持ちの大きなリレイズをコールするのは危険なプレイとなる。オッズ的に3回に2回はAAに負ける事になる。しかし、大きくリレイズされた場合は相手のハンドをAAだと判断できた上でフロップを見に行く事ができるから、充分スタックがあり、インプライドオッズを手にできるなら承知の上でコールするのもよいだろう。


ストレート系ハンドは、ポットリミットオマハの中で最も稼ぎやすいスターティングハンドである。以下にこのタイプに属するスターティングハンドの注意点を挙げる


・ポジションの無い状態でこれらのハンドをプレイする場合、特に小さい数字のコネクターハンドはとてもコストが掛かる


敵があなたがターンでドローをミスしたと判断したときは、あなたを倒そうと試みるだろう。敵があなたにドローができたと判断したときは、敵は逃げてゆくだろう。


あなたにポジションがないときにする最高の選択は、

フロップでオールインに持ち込めるように挑戦することだ


ターンでできるかどうか待つよりもそうした方がオッズ的に良いのだ。しかし、このプレイは勝つチャンスのない持ってプレイしてはならない


※あなたのチップスタックが大きくないのなら、このことは特に断言できる。


(※個人的感想)

スタックが大きければ、リスク回避>チップ獲れるチャンス という判断で降りたほうが良いケースがたくさんあるが、ショートの場合はリスク回避を考えなくても良いのでオールインが有効となる。



・上の数字に伸びるストレート系ハンドが好まれる


J-9-8-7よりもJ-10-9-7の方が良いとされる。その訳はJ-9-8-7はギャップを埋める10出てストレートドローとなっても、ナッツストレードローのアウツは少ないが、J-10-9-7の場合はが出たら、アウツ全てがナッツのアウツになる可能性が高いからだ。ゆえに4枚のストレート系ハンドは、 

数字4連続>下ギャップ>中間ギャップ>上ギャップ

という風に判断される。

ポットリミットオマハはスーテッドAやビッグペアは多くの場合で価値を付加することとなる。


Q1 プレイヤーAとプレイヤーBが持つハンドはどちらの方が良いスターティングハンドを持っているか選べ そう判断した理由も答えよ


プレイヤーA・Ah-7h-Qs-3d プレイヤーBAh-9d-8h-7c


A.Bの方が良いハンドとされる。理由はAにはストレートドローの可能性が無いが、Bにはストレートドローの可能性があるからである。



Q2 プレイヤーCとプレイヤーDが持つハンドはどちらの方が良いスターティングハンドを持っているか選べ そう判断した理由も答えよ


プレイヤーC・Kh-Qh-Qs-Jd プレイヤーDKh-Qd-Qh-8c


A.Cの方が良いハンドとされる。理由はCがセットを手にしたときは、Dはストレートドローの可能性は無いが、Cにはドローできる可能性があるからである。


最後に、J-T-9-3というような4枚のうち役に立たない1枚が含まれたハンドはプレイしてはならない(dangler Hand<デングラーハンド>という) 特にハイステークスゲームやスタックが大きいときでこれらのハンドをプレイするのは命取りになる。
posted by Nick O at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。