2009年08月06日

オマハ古典記事 誤った認識 オープンエンドストレートドローについて

[間違い]

フロップでオープンエンドストレートドローができたからプレイしなければならない


オマハではボードにJ-10と出て、あなたがQ9持っているとき、オープンエンドストレートローを持っていると思ってはならない。オープンエンドストレートドローのアウツとして数えるのはナッツになるときのアウツのみだけである。

が出現すればストレートはできるが、Q-9からのストレートは良いものではない。このハンドをプレイすれば勝ちよりも負けて失う方がかなりある。


オマハではオープンエンドストレートドローを持つものは同じようにいて大抵は良くてスプリットポット(最悪なのはより良いドローのフリーロール)となる


オマハではオープンエンドストレートドローはプレミアムドローではないのだ。そしてオマハでフラッシュがある可能性は常に存在する。リバーでフラッシュができるボードとなればストレートの価値は消えうせる事になる。あなたがオープンエンドストレートドローを持ち、ボードに2枚のスーツが存在するならば一般的に投資すべきでないケースとなる。以下にオープンエンドストレートドローをプレイできない理由を挙げよう



◆敵も同じストレートドロー(それかよりよいドロー)を持っているだろう

◆ドローするオッズはどう見ても良いとは言えない(あなたのアウツは全てナッツなのか?)

◆ストレートを作っても負ける可能性がある。ストレートを作っても新たにフラッシュの可能性が出たり、より高いストレートが作られる可能性がある。又、ボードにペアができることでフルハウスが作られる恐れもある。



これらの意味があるから、オマハでは決してオープンエンドストレートドローをプレイすべきでないのか? もちろんそうじゃない 場合によりけりだ。あなたにラップエンドストレートドロー(手札とフロップにある6枚を用いれば連続した数字となる状況のドロー 例としてJ-T-9-7 フロップ[8-6-2])とフラッシュのアウツがあればプレイできるポテンシャルとなる。

オープンエンドストレートドローは最大で8枚のアウツで、ストレートを作ることができても確実にあなたにポットを取れるわけではないのだ。だから、オープンエンドストレートドローができたからプレイすべきという考えは誤りだ。


[関連記事]

ビッグポットを獲るためのオマハのコツ その1

8カードのストレートドローをプレイしてはいけない理由
posted by Nick O at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。