2009年08月06日

オマハ古典記事 誤った認識 フルハウスのプレイ


[間違い]

フルハウスができたけど、どうすれば捨てれるの?



リミットオマハではスモールフルハウスを持ってそのような考えを持つのはおかしくない。相手がより高いフルハウスを持っていたとしても、たいした損害にはならない

ただポットリミットである場合は、あなたのスタックに多大な損害を与える事になる。そこでアンダーフル(66 フロップ[J-6-J]というような低い数字部分がスリーカードとなってるフルハウス)を手にした場合、常にシリアスな状況を迫られる。


(例)

フロップ[Jh 6c Js]

ハンド You【9h-6h-6d-5s】 あなたのポジション BB 後ろに4人のプレイヤーが控えている状況

あなたがショートスタックなら問題は無い ここでオールインせよ おそらく、中にいる1〜2人のJ持ちがコールし、キッカーがヒットしなければあなたの勝ちになる。(中にJ6,JJが無ければの話だけど)

しかし、ビッグスタック(両者共にスタックに余裕がある)であるなら状況は異なる。多くの敵がいる状況でフロップ,ターンとベット・レイズをしリバーでもベット・レイズをしても、後ろの敵がトリプスからフルハウスに昇格したか分からないのである。(もちろんこの話はJJのクアッドいないことを前提 ※そしてフロップでベットし、2人がコールしてきた場合、あなたはフロップで良い状況だったと知ることができる)


※注釈

なぜ2人がコールしてくれれば、フロップ時点で良い状況だと知ることができるのか


[J6が中にいる場合のシミュレーション]


プレイヤーA(ポジションBB ハンド 6-6-X-X )
プレイヤーB(AとBに挟まれている ハンド J-X-X-X)
プレイヤーC (AとBの後でアクション ハンド J-6-X-X)


AがBBからベットし、Bがコールする。Cは今フロップナッツのJ6を持っている。この場面でCはコールする? 答はNoになるであろう。ターン,リバーで上位カードが出れば上のフルハウスが作られる可能性ができるから、それを防ぎたいと考えるはずだ。そしてオマハでは4枚全てが機能するハンドが強い(基本知ってるプレイヤーはそのことを意識する)のでJと連動するA,K,Q,T,9,8が出れば命取りとなる。Cから見れば、AやBに安々とカードを見せたくないのでプロテクト目的のレイズをするはずだ。

66はすでにこちらが2枚持っているのでJ6持ちは一人しか存在しない J6がいたらプロテクトするためのレイズをしたい場面なので、2人がコールしたら両者ともにフルハウスじゃないと判断する事ができる。


そのことはターンでも同じことが言えるだろう。キッカーの数字が高ければどのようなベットに対してもコールをするだろう。リバーで相手がキッカーヒットしたのか分からないままリバーまで来てしまった。じゃあどのようにプレイすべきなのか?それは敵にインプライドオッズを与えないようにプレイすべきだ。以下にあなたにとって美味しくないシチュエーションを挙げよう


◆敵ができていない場合でターン,リバーであなたがベットしたとき、敵は降りる

◆敵ができていない場合でチェック(又はスモールベット)したとき、敵がビッグブラフを行えばあなたはフォールドし彼が勝つ

◆敵ができている場合であなたがチェック又はベットしたとき、敵はベット・レイズを行い、あなたが相手はブラフしてると思いコールすると多額のチップを支払う事になる

以上はマルチウェイポットでポジションがない状態からのアンダーフルを話したわけだが、ではポジションがある状態ではどうか?

私はレイトにいても多数のプレイヤーが参加しているならば、高確率でアンダーフルを持ってベットしない

ベットしコールされた場合、どういう状況か分からない状態でビッグポットが作られることになる。ディープスタック状態でアンダーフルからビッグポットを取るのは極めて難しい状況なのである。だからポットを低いままに保ったほうが安全だ。

チェックすることで相手のブラフベットを誘ったり、相手にたいした手が入ってないと感じればベットするオプションも加わる。ポットも低い状態なので被害も少なくなる。

フロップチェックストラテジーで発生する問題は、ターン,リバーで高い数字のアンダーフルができた場合である。


フロップ[Jh 6c Js 8d]

You Hold【8s-8c-5c-5h】

こうなった場合、小さいか中くらいの負けたい(勝ちたい)と思うだろう。しかし、敵がそれを察知したら、どんなハンドにも関わらずリバーでアクションしようとたくらむであろう。ハンドができたとしてもフロップと同じくチェックした方が良い 結局は、スモールフルハウスは全てのJ持ちに勝てないのだ。


※アンダーフルができた場合は、

最大限勝てるようにするか、負けを最小限に留めるか

が一番ベストなのである。


※個人的感想

ショートはオールイン ディープならベットしないが一番 私はポジション無い状態でフロップナッツフルを突っ込んで相手により良いフル作られてよく打ち負かされた。ポットを上手にコントロール(早い段階でオールインできるようにする)するのは重要な要素だと本当に思う。ナッツじゃないフルを大きなポットでプレイするのは本当に危険だ。

あと一つだけ、ボード上にエースペアが出現したら気を付けた方がいい。


[関連記事]

ビッグポットを獲るためのオマハのコツ〜フルハウス

フロップ以降のプレイ ボードにペアができたとき

posted by Nick O at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125119979

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。