2009年08月06日

オマハ古典記事 ショートスタックストラテジー

【チップ40BB以下のときのプレイ】



・とてもタイトにプレイせよ

プリフロップで最初にレイズで入るな ただし、プレミアムハンドを持つ場合はそのハンドの価値が最大限になるようレイザーに対しリレイズできるようトライしろ
(プレミアムハンドを持ったらプリフロップでオールインできるようなアクションをしろ)

・ハイペアとビッグカードのダブルスーテッドクラスのハンドをプレイせよ。そして、フロップワンベットでオールインとなるようなポットになるようコントロールせよ

6-5-4-3,Q-Q-7-4 off suite ,10-8-7-6 single suited というようなハンドはどのポジションにいても捨てよ 例外として、あなたがボタンにいてレイズが入っておらず、多数のプレイヤーがポットに参加している場合はプレイしてもいいだろう。同じようなマージナルハンドを持ちボタンにいる場合は敵が弱いプレイヤーである場合のみプレイすべき



posted by Nick O at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125120048

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。