2009年08月06日

キャッシュゲーム:フルテーブルでのスモールペアのプレイ(ホールデムのお勉強)

ここんとこ負けているので『Harington on cash game』を読み直すことに要点だけをサラリと

・55〜22はスモールペアに区分される。(個人的には66も入ると思うが)これらのハンドはトリッキーなプレイとなるだろう。


・プリフロップではおそらくやベストハンドを持っているが、フロップ以降となると確実にオーバーカードが現われるので、セットにならない限り速やかに捨てることになる。このハンドを手早く捨てたいと思っているわけでないが、これらのハンドは弱いペア。スモールペアのプレイは気を付けて、ポジションを意識してプレイする必要があるハンドだ。


・スモールペアの使い方は、トーナメントとキャッシュゲームでは異なる。(トーナメントの場合は今持っているチップが一定のBB以下ならプリフロップでオールインしたりなどできる)


・スモールペアの使い方は、今いるゲームの強さやレートによって異なる。


・スモールペアはドローイングハンドだと思え。セットができる確率は7to1(8回に1回) オッズに合わないのにゲームに参加しようとするな ドローに失敗した分のビッグポットを取らねばならないからだ。


・「セットを作ることができたとして、それで稼げるのか?」このことを意識してプレイせよ


・弱いプレイヤーが多数いるテーブル:TPTKやミディアムペアを捨てれないプレイヤーが多数いるテーブル環境ならば、あなたのリバーでのオールインベットにトップペアでコールするであろう。この場合はスモールペアはプレイできる。いつでもプリフロップを見に行くべきで、ポジション関係なしにレイズにコールをしたいところだ。


・強いプレイヤー(アグレッシブでハンドだけでゲームをしないプレイヤー)が多数いるテーブル:スモールペアをプレイするには問題がある。強いプレイヤーはワンペアを強いハンドと考えておらず、TPTKで突っ込むというような事もほとんどしない。ゆえに勝ったとしても中くらいのポットになり、セットを作ったとしてもそれに見合うポットを勝ち取る事ができない。スモールセットは勝つときは中くらいのポット、負けるときは大きなポットになるのだ。


[弱いテーブルでのプレイ](レイズやリレイズの頻度が低いテーブル)

◆アーリーポジション:基本的にはリンプ ときどきレイズ
◆ミドルポジション :アーリーポジションと同様
◆レイトポジション :レイズ ときどきリンプ

多くの場合はどのポジションでもリンプになる。(ポジションよりもハンド重視で攻めれるなら弱い環境)




[強いテーブルでのプレイ](レイズやリレイズの頻度が高いテーブル)

《誰もポットに参加していないとき》

◆アーリーポジション:フォールド
◆ミドルポジション :55,44をリンプし33,22はフォールド
◆レイトポジション :どのハンドでもレイズする。ブラインドスチールと思われないようときどきリンプ



《前からレイズが入っている場合》

オープンレイズが前から入り、そのレイザーに対してポジションを取れるのならそれは悪い状況ではない



▲後ろに複数人(4人以上)のプレイヤーが控えている場合:フォールド
後ろからリレイズを食らう恐れがあるため 強いプレイヤーがいるテーブルではプリフロップでリレイズが起きる可能性が充分にある


▲あなたがボタンかカットオフにいる場合:コール
最後にアクションできるならポジションを利用した攻めも使えるから


▲レイズに対し、前のプレイヤー1〜2人がコールした場合:コール
オッズに割に合う状況となるからゲームに参加できる



posted by Nick O at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ポーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。