2009年08月06日

PLO オンライン10-20PLOゲームの攻略法 5〜6

NO.5〜6はミニマムバイインでテーブルに座り、少しゲームをプレイし、チップを倍以上にしたorもう一度バイインするかどうかの判断




<攻略法5> 何も考えずにMAXバイインはするな

多くのプレイヤーは何も考えずにMAXバイインをする。多くのプレイヤーは「MAXバイインが本当にベストかどうか」ということを考えずにバイインする。実際にはMINバイインの方が多くのアドバンテージを持っている(簡単にプレイでき、負けたときのリスクも少なく、マルチウェイポットも作りやすいし、降ろされないので最後のカードを見に行ける)これらの理由から最初にバイインするときは最小限の方がよいのだ。

私がラージスタックをプレイする場合は以下に挙げたシチュエーションで行う。

★タイトでビビリなプレイヤーが私の左に1〜2人いて、そのプレイヤーがショートスタックであるとき

★私の右にいる弱いラージスタックのプレイヤーをターゲットに定めたとき


私の隣にいるプレイヤーはショートスタックプレイをする私のことを疎ましく思っているだろう。私は相手がそういう風に思っているときにMAXバイインをするろう。


※つまり「ショートスタックは撒き餌で、油断している所でMAXバイインで狩りに行く」 ということ



バイインするときに心がけるべきことは、MAXバイインするときはボタンにいるときのみ、それ以外のポジションはMINバイインをするということだ。スタックが大きいときはポジションによるアドバンテージが生まれるので最大限利用したいからだ。不利なポジションからMAXバイインすることはない。


<攻略法6 勝てたらすぐ退け>

ショートスタックストラテジーのコンセプトはヒット&ラン(当てたら退く)ということ。良いハンドを手にしたら全額ぶち込む。結果は−$400の損失か、中くらいのポットを獲得するかのどちらかになる。すぐに結果は出る。勝った場合はすぐにテーブルを離れる。負けたら再度MINバイイン

ここであなたが「このテーブルは美味しい」と判断した場合は席を離れずにプレイする。その場合は、ほとんどのケースでMAXバイインすることになるだろう(もちろんボタンで) そういう状況ならば、ショートよりもビッグスタックの方がチップを稼げるからだ。

MAXバイインしてリアルポーカーが始まるというわけだ。



ショートスタックは相手の情報もローリスクで見れるという意味でも用いられるという意図がある。
posted by Nick O at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。