2009年08月06日

PLO オンライン10-20PLOゲームの攻略法 10( VPIP PFRによるフルテーブルのプレイヤー判断)



<攻略法10> VPIPとPFRでプレイヤーを判断する

10−20PLフルテーブルにいるプレイヤーでタイトかルーズかアグレッシブかパッシブかの判断はソフトウェアを用いれば簡単に見分けられる。そのシフトウェアが出してくれるVPIP(ゲーム参加率) PFR(プリフロップレイズをする割合)の2つを見て、私はこう判断している。

★LOOSE
VPIPが33%を超えていればルーズ。44%を超えている場合は極めてルーズなプレイヤーだと判断できる


★TIGHT
VPIPが18%を下回ればタイト。


★AGGRESSIVE
PFRが9〜10%にあればアグレッシブ。PFRが20%を超える場合はマニアックと判断できる。


★PASSIVE
PFRが3%以下であればパッシブ。



【Loose-Tightの雑感】

上手いプレイヤーが行うショートスタックプレイで適正な範囲:14〜17%

実際に多くのプレイヤーがVPIPが10%を切るプレイヤーは少なくない。だが、VPIP10%以下で本当に勝っているプレイヤーは滅多にいない。理由はミスを恐れて勝てる機会を自分で捨てているからだ。本当に安心できる状況でしかプレイしないので、勝てないのだ。

多くのプレイヤーのVPIPは18%を切るが、一般的なオマハフルテーブルにおけるVPIPの範囲は24〜36%の間となる。

ほとんどのプレイヤーがビッグスタックアプローチをプレイする。だがVPIPが16%を下回るようではゲームを打ち破ることはできない。


【Aggressive-Passiveの雑感】

PFRが20%を超える相手はマニアック。ショートスタックプレイ時はPFRが20を超えるプレイヤーの右に座るべし。

最も多く勝っているプレイヤーのPFRは6〜12%の間


もちろん、プリフロップだけでなく、フロップ以降の指数も重要だ。だが、ショートスタックアプローチはプリフロップでの勝負で完結しているからフロップ以降のプレイは気にする必要はない


※ディープスタックでプレイするときは必要なのは言うまでもない むしろ、そっちの方が重要

ここで例題を出そう

$20をポストブラインドし、現在のスタック $380
あなたに配られたハンド<Ah-Qc-Th-7d

前に1人リンプし、ボタンが$90のレイズをした。

ここでボタンのPFRとVPIPに注目する。その2つを見れば、どうアクションすべきか分かる。ボタンのステータスがVPIP:16以下 PFR:3以下である場合は、単純にフォールド。ボタンには本当にいい手が入っている。

ボタンのステータスがPFR:12〜14で Attempt Steal:30%以上と出ている場合、ボタンはたいした手を持っていない可能性が高いのでリレイズを食らわせるべき場面となる。
posted by Nick O at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。