2009年08月06日

オンライン10-20PLOキャッシュゲーム スターティングハンド表 その1

$380以下のスタックで、左隣にマニアックがいる場合



Hand.[A♥ J♥ T♠ 8♠]

▼アーリーポジション

リンプ/リレイズは充分通用する(すぐ左のプレイヤーはレイズをしてポットを大きくしてくれるから)

★レイトポジション

リンパーが少ないならばここでMAXレイズをし、タイトプレイヤーからの大きなレイズはフォールド。ルーズアグレッシブからのレイズに対してはリレイズオールインをする。



Hand.[K♥ K◆ 9♥ 7♠]

▼アーリーポジション

リンプ/リレイズは良いプレイだが、リンプをしてスーパータイトがポットレイズをした場合か後ろのレイズに対してリレイズが起きた場合はフォールド。しかし、そのリレイズに4人以上のプレイヤーがついてきた場合はAAがいると分かっていても確率的に割に合うので100%オールインするべき状況となる。

★レイトポジション

ルーズなリンパーに対してはMAXレイズ。タイトなプレイヤー1〜2人のリンプはコール。ルーズアグレッシブのレイズにはリレイズオールインをし、PFRが3%以下のプレイヤーのポットレイズにはフォールド。



Hand.[A♥ A◆ 5♥ 3◆]

▼アーリーポジション

リンプ/リレイズをしろ。もし、それなりにスタックがある場合($1000〜$2000の範囲)はミニマムレイズをすべきケースとなる。ある程度スタックがある場合はあらゆるハンドでミニマムレイズをすることだ。もし、ミニレイズに対してリレイズをされた場合A−A−5−3DSを持っている場合は単純にポットレイズをするべきケースとなる。

★レイトポジション

前からどんなアクションがあろうとも常にMAXレイズ。それなりのスタックがある場合はミニマムレイズをするのが良いプレイとなる。特に左にディープスタックのプレイヤーがいる場合は自分の手が分かられぬよう色々とアクションを織り交ぜるべきだろう。




Hand.[9♠ 8♥ 7♣ 6◆]

▼アーリーポジション

フォールド。同じくこのハンドがDSであろうとフォールド。ほとんどこのハンドをアーリーからプレイしない。

★レイトポジション

ボタンにいて少数のリンパーがいる場合、たぶんコールできる。これと同じ弱いハンドでも。実際にマルチウェイポットを争うときにフラッシュが見込めないハンドは弱いし問題がある。

レイズに対しては常にフォールド。

ディープマネーである場合は、稀にレイズにコールしたり、レイズすることができる。レイズにコールする条件はレイザーが弱いプレイヤーで「奴はビッグペアでしかレイズしない」という風に判断できる相手にのみコールする。



Hand.[J♠ J♥ 7♠ 7♣]

▼アーリーポジション

リンプ/リレイズは良いプレイ。だが、あなたがリンプし、マニアックがすぐにレイズし、完璧にタイトだと判別できるものがコールし、他プレイヤーが参加しなかった場合はリレイズせずにコールする場面となる。行けるかどうかはフロップで判断し、あなたはマニアックのアクションにタイトはどうアクションするか見るためにチェックをすることになるだろう。

★レイトポジション

弱くてルーズなプレイヤーがリンプした場合はMAXレイズをするべきだ。弱くてタイトなプレイヤーのリンプはコール。タイトプレイヤーのレイズに対してフォールド。ルーズアグレッシブのレイズに対してはときどきコール。ときどきリレイズ。レイザーに対してのポジションを考慮してリレイズするかコールするかを選択しよ。



オマハ ショートハンドプレイのスターティングハンド表 その2<タイトな環境>



posted by Nick O at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。