2009年08月06日

オンライン10-20PLOキャッシュゲーム スターティングハンド表 その3

ディープスタック($2600)でのプレイ 右にいるものを狙い撃つプレイ

※自分の前にアクションするプレイヤー(右にいるもの)で特に強いプレイヤーでなくスタックが大きいものを狙うストラテジー ポジションを駆使して弱い相手を狩るというコンセプト

ここでのアーリーポジションはフルテーブルUTGにターゲットプレイヤーがいるものと仮定した上で説明している。



Hand.[A♥ J♥ T♠ 8♠]

▼アーリーポジション

ターゲットがコールした場合 レイズ$50 ターゲットが$40レイズ(ミニマムレイズ)してきたら、$100〜$120にリレイズする。$70レイズ(最初のポットレイズ)をした場合は、ミニマムリレイズ$120をする。ターゲットがアクションしたら小さいレイズをかぶせる。

ターゲットはリレイズに対し、「ビッグハンドが入っている」と思いリレイズはしてこないだろう。ターゲットがあなたのリレイズに降りたら、あなたは「よし」と思うだろう。なぜなら、このハンドはそんなに強いものではないし、悪いポジションでディープスタックで、後ろに上手いプレイヤーが控えている場合はあなたはプレイしたいと思わないはずだ。




★レイトポジション

ターゲットが$40〜50のレイズをした場合は、$120にリレイズ。

ターゲットがリンプし、他プレイヤーもリンプしている場合、そのリンパーがリンプ/リレイズを用いないプレイヤーであるなら$60〜$80のレイズをする。しかし、あまりやりすぎるな

あなたの目標はターゲットをゲームに参加させることであって、プリフロップで彼を飛ばすことではない




Hand.[K♥ K◆ 9♥ 7♠]

▼アーリーポジション

ターゲットがコールしたら、レイズ$50。
ターゲットが$40レイズをしたら、ミニマムリレイズ$80。
ターゲットが$70レイズをしたら、ジャストコールする。
ポットレイズ以下に対してリレイズすることで、あなた自身の手でポット構築できる可能性を作る。

★レイトポジション

ターゲットがスモールレイズをしたら、スモールレイズかコール。レイズするかコールするかは他プレイヤーがAAを持ってリンプ/リレイズをしてくるかどうかの状況次第となる。

ターゲットが大きなレイズをした場合はリレイズはせずにジャストコール。多くのハンドをディープマネーとなったポットでプレイさせるということを心がけよ。リレイズする目的はアグレッシブな姿勢を利用できるからするのである。

しかし、KKはいくつかのプレイでかなりパッシブにプレイするのが常識とされている。理由は簡単このハンドは単純にフロップを見て判断したいからである。

リレイズをしないもう一つの理由は、ポットを大きくしてしまうことはタイトプレイヤー相手に簡単な判断をさせる機会となりかねないからだ。

重要なのは ポットを大きくさせすぎず/簡単に降りれるよう少なくせず ポジションによる駆け引きが有効利用できるようにすることが重要なのだ。





Hand.[A♥ A◆ 5♥ 3◆]

▼アーリーポジション

ターゲットがリンプしたら$50レイズ
$40レイズをしてきた場合は、ミニマムレイズか$120リレイズ
このレイズは他のハンドでも同じようにしてきた。

このプレイの目標は4ベットを発生させることとなる。4ベットが起きたら、迷わずポットリレイズをぶちかませ。仮にリレイズが発生しなくともあなたが持っているハンドは判明したわけではない。安心してフロップを見れる。

ターゲットが$70〜90のレイズをした場合は、ジャストコールか良いポットになるようミニマムリレイズを行う。

(J♠ T♥ 9♠ 8♥)というようなDS系ランダウンハンドでも同じようにプレイするだろう。



★レイトポジション

ターゲットがコールしたら$50レイズ。
ターゲットが$40レイズしたら、ミニマムリレイズ(私はディープ氏タックである場合、プリフロップでほとんどポットレイズしない)かMAXリレイズ$120。(彼がポジションプレイをしているのだと思わせる)

決して後ろからリレイズ来ることを願ってのコールはするな。なぜなら、あなたは広範囲でAAを持っているようにリレイズをしている。だから相手からリレイズが来るよう期待してのプレイをした方が良い結果となる。

レイズが入らず、リンプで回った場合はスタンダードレイズの$80を行う。





Hand.[9♠ 8♥ 7♣ 6◆]

▼アーリーポジション

ターゲットのアクションに関わらずフォールド。ディープスタックである場合、このハンドをアーリ−ポジションからプレイしようとも思わない。ターゲットを愛想レートするのは弱すぎる。


★レイトポジション

ターゲットがコールし、1〜2人のリンパーがいて、あなたがボタンにいる場合はジャストコール。なぜコールかというと、レイズをしたら多くのプレイヤーが参加することは見込めず、弱いハンドを持ってポットを大きくしない方が良い結果につながるかもしれない。

しかし、ターゲットがレイズをしてきて、他に危険なプレイヤー(リンプ/リレイズを好んで使うようなもの)がいない場合は、あなたは$120のリレイズをすべきであるか、ミニマムリレイズをする。(前述のAAdsと同じプレイをする)このプレイの目的はターゲットとインポジションの状態でへッズアップに持ち込むことである。

ターゲットはおそらくやリレイズされたことでほぼ諦めモードとなるであろう。そうなればブラフをぶちかます好機となる。特にフロップに1〜2枚のビッグカードが出たらブラフするチャンス。

しかし、思ったよりも良いフロップにめぐり合えた場合はオーバーアクション気味にプレイせよ

だが、実際には9-8-7-6 DSというスーツを含んだハンドの方が有利に働くということ言うまでもないことであり、そういったケースを見込めない場合はフォールドすべきハンドとなる。




Hand.[J♠ J♥ 7♠ 7♣]

▼アーリーポジション

ターゲットがリンプしたら$50レイズ
レイズをしてきた場合は、ほとんどジャストコール。このハンドはフロップを見て判断するべきだと理解してほしい。また、アウトポジションなのでコールすることで他のプレイヤーを呼び寄せる方が得と考えよ。

しかし、このハンドは強いハンドでないので、ターゲットがフォールドしたら熱心にプレイはしないこと


★レイトポジション

ターゲットがリンプしたら$50レイズ。
$70〜$80のレイズは1〜2人のルーズで弱いリンパーがゲームに参加したときに行う。タイトなリンパーがゲームに参加している場合、AAを持ってのチェック/リレイズの可能性があるので、ジャストコール。特にそのリンパーがショートスタックである場合はなおさらである。

ターゲットがレイズした場合はジャストコール。このハンドをプレイする場合は彼に主導権を握らせることを心がけよ。あなたはフロップでJか7を当てることが必要だと思うだろう。セットを当てたときターゲットからのベットが来て欲しいと思うはずだ。このハンドはターゲットからチップを搾り取るための余裕を与えてくれるハンドだ。このハンドはダメなときといいときが目に見えて分かるので相手を読む必要がない。

ターゲットがフォールドしたときで、ポットにかなり強いプレイヤーがいる場合は、ほとんどの場合でジャストコール。このハンドは複数の選択肢を持たず、急所を狙い撃つためにあるようなハンドなので、ポットを大きくするのは必要とされていない。

大きなポットにするよりも小さなポットを保った方が良く、フロップを見て判断した方が得だろう。






posted by Nick O at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ(Pot Limit Omaha Hi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125121344

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。