2009年12月17日

PLO Floating(フローティング) その2

フロートはをする場合は特定のプレイヤーに対して行うべきである。フロートは特に弱いプレイヤー(ナッツを持っていない限り強気のベットができないプレイヤー)に対して効果的だ。その理由は後で記述する。

では例を出そう






ヘッズアップ あなたのハンド <Jd-Th-9d-7h

フロップ[ 9s−6c−2d]Pot:6BB

ペア+ガットショットストレートドローを持っている状態であなからのアクション。あなたはここでポットベット6BBを打ち、敵はコールした。


ターン[ 9s−6c−2d−As]Pot:18BB



強いプレイヤーと弱いプレイヤーの考え方は違う。強いプレイヤーはこの場面でもポットベットを打つ。フロップナッツである99を持っていたとしてもだ。強いプレイヤーと弱いプレイヤーの考え方はこのような感じだろうか



強いプレイヤーの考え方
「このカードは相手にとってスケアカードになる。ブラフで降ろせるチャンスだ。仮にポットベットし、相手がレイズしてきたら相手は本当に強い手持ってると分かるから簡単に降りれる。ここでのエースはいいカードだ」





弱いプレイヤーの考え方
「ナッツじゃないハンドでポットベットして降りなかった…しかも、ターンでエースが出た…オマハはエース持ってフラッシュ狙いで参加する奴多いんだよなぁ… AAもありえるし… あーこれはダメだ…」



二つの考えを比較すると、強いプレイヤーはポジティブに考えているのに対し弱いプレイヤーはネガティブに考えている。弱いプレイヤーを相手にしているならば、持っている手札と関係なしにベットすれば簡単に勝つことができる。フロートは、


パッシブですぐにフォールドしてくれるプレイヤーに効果的

フロートを狙いに行く場合はアグレッシブなプレイヤーと比較して多くのハンドでコールすることになるだろう。なぜなら、弱いプレイヤーというのはほとんどの場合でハンドを手にしたら、正直にポットベットを打ってくるからだ。
posted by Nick O at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 上級テク-PLO- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。