2009年12月17日

PLO Floating(フローティング) その3


リバースフロート(アウトポジションからのフロート)



本書のフロートには4種類あって、1つは通常のフロート(カードがボードに絡んでいない状態からのフロート) 2つ目はコンボフロート(カードとボードが少なからず絡んでる状態 例えるならガットショットストレートドロー+ミドルペア というようなオマハでは強いドローに分類されないドロー持ってのフロート) 3つ目はリスチールフロート(相手がポジションプレイを防ごうと思ってしたベットに対して行うフロート) これら3種類のフロートがリバースフロートの前に用例と共に説明されていた。

最後のフロートはリバースフロート。このプレイは前に説明したモノと違ってポジションのない状態から行うフロートである。ポジションがあるときと比較して危険なプレイとなる。なぜかと言うと、先にアクションしなければならないので、相手が強いかどうかの判断をするのに追加コストとしてベットをする必要があるからだ。



リバースフロートを行う場合のガイドライン


1.フロップで相手がベットしリバースフロートすると決めたのなら、
  あなたはターンでポットベットを打つべきである。



あなたがアウトポジションからフロートを行う場合で、ボードにフラッシュがありうるボードやペアが出現していない限りは、ほとんどの場合でベットポットをおこなうべきだ。なぜポットベットなのかというと、それ以下のベットでは弱さを表す為、相手にリスチールフロートする機会を与えてしまうことになるからだ。(ポットベットを打ち、それに対しアクションするのは自信があるときか本当に強い手を持っているときのみ)

2.あなたが複数のドローを持つか、相手の手を読めていない限りは、
  フロップポットベットに対してリバースフロートを試みるべきではない。


相手からのポットベットをコールし、ターンでフルポットベットを打つ計画を立てているならば、4のコストを使って2の勝利を得に行くというリスクを背負ったものとなる。つまり数学的に割りに合わない勝負となる。

(計算 フロップのポットを1とし、ポットベットを受けて1消費 ターンのポットは3となり、そこでポットベットをすると3の消費 コストは1+3=4 勝ちは フロップのポットと相手のフロップポットベットを合わせて2という計算になる。)

この問題だけでなく、ターンで出たカードがどのような影響となるか考えなければならないし、相手はポット以下のベットをしなかったから強いか弱いかの判断が全くできていない状態であるので、こちらからベットして確かめなければならないのだ。ゆえに求められるのは相手に対する強い読みと何らかしかのドロー。それらを持たなければ。アウトポジションから攻めるのは厳しいのである。

3.リバースフロートを行うチャンス

(1) 相手がフロップでポット以下のベットをしてきた

(2) フロップでボード上にペアができている

(3) ペアとなったボードをプレイするとき、フロップ・ターンよりもターン・リバーでアクションを行っているか


これら3つの要素に当てはまるなら、リバースフロートを試みる機会となる。


リバースフロートの基本は、

ポットベットにコールせず、ポット以下の弱いベットにコールし、ターンでポットベットを打つのが基本


【参考記事】

リバースフロート サンプルケース
posted by Nick O at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 上級テク-PLO- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135916452

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。