2009年12月17日

PLO Floating(フローティング) その5


ドロー期待値とフロート期待値


ここでコールについて少し考えよう。相手がベットしてきてそのベットにコールすることは投資をするということになる。ディープスタックプレイであるなら、ドロー期待値とフロート期待値を考慮してコールする価値が大きく出てくる。

ドロー期待値

ドロー期待値は単純にあなたが持つハンドの価値を表す。ストレート,フラッシュドロー,トップセットなどのナッツへ繋がるドローと役ができたら勝てて相手からチップを追加で勝ち取れるインプライドオッズもドロー期待値に含まれる。では例を出そう。



例1

ヘッズアップであなたがインポジションにいる。
あなたのハンド <A♠ K♠ Q◆ 3♣> 
POT:$100 敵とあなたのスタックは$2000 

フロップ[ 8♠−7♣−2♠]Pot:$100

あなたにナッツフラッシュドローを持ち、相手が$100ポットベットを打った。あなたはどうする?



ここで33%以上の期待値が見込める場合はコールすべきケースとなる。
(ここではナッツフラッシュのみを計算している オーバーカードのトップペアになるアウツは含まない。相手はAAを持っているかもしれないし、セットを持っているかもしれない 引いたとしても勝てるか分からないものはアウツに含まれない)

※管理人の注釈 オマハのワンペアは役として考えてはいけない 感覚的にツーペアがワンペアくらいの感覚になる。

しかし、ナッツフラッシュができる確率は20%。計算すると(300×0.2=60)$60のリターンになり、例1ではコールするのに$100が必要なので、算出すると−100+60=−40 単純にドローするだけだと損をすることになる。コールするには$40(13%分の期待値)が見込めなければコールできない。

割に合わせるには5回に1回できるフラッシュを完成させ、$100の投資から$400の勝利が必要とされる。(ターンで$300のポットに対し$200以上のベットが来なければならない)


ドロー期待値=コールとなる場合



ポーカープレイヤーがドローしに行くときは、ほとんどの場合、ポットオッズとインプライドオッズをもって行くかどうか決める。しかし、問題はPLOでは弱いナッツフラッシュドローを持ってフラッシュを作ったとしても、

敵がフラッシュがありうるボードとなった時点で勝負を諦めるのなら、十分なインプライドオッズを得ることはできない

相手がフラッシュできた時点で諦めるのならここでコールするのには割に合わなくなる。マルチウェイポットでポットベットにコールしたものが現れない限り、コールできない状況となる。

だが、私達はこのハンドは単純にコールするだけでは価値は出ないということを知っている。このシチュエーションで敵がウィークであるならば、ターンで出たカード次第で勝負を諦めて、チェック―フォールドに切り替わることがよくある。ここであなたがベットをすれば、敵はスケアカードが当たってしまったと思い、あなたが本当に持っていようがいまいがそれは分からないにも関わらず敵は降りることになる。


次にもう一つの期待値 フロート期待値について説明しよう。
posted by Nick O at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 上級テク-PLO- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。