2009年12月17日

PLO Floating(フローティング) その6

フロート期待値

フロート期待値とはフロップベットにコールし、ターンで相手がチェックしそこでベットすることで相手を降ろして勝てる割合。つまりは、

フォールド期待値と言い換えれる。


相手がどういう条件で降りるかどうかによって算出できる数値となる。
だからフロート期待値は、

相手のプレイスタイルに大きく依存する。


では実際にフロート期待値を出してみよう。



例2

ヘッズアップであなたがインポジションにいる。
あなたのハンド <A♠ K♠ Q◆ 3♣> 
POT:$100 敵とあなたのスタックは$2000 

フロップ[ 8♠−7♣−2♠]Pot:$100

あなたにナッツフラッシュドローを持ち、相手が$100ポットベットを打った。あなたは相手が、

ストレートとフラッシュができるボードになって持っていなかったら、ターンでチェックし、ベットされたらフォールドに切り替わるプレイヤー

だと知っている。あなたはここでどうするべきか?



ターンでJか6が出れば、T9からストレートを作ることができる

ナッツが相手に作られたと思いチェックし、ここであなたはポットベットすれば相手が降りるということが確定しているのであれば、

Jと6の6枚がフロートアウツに加わる

インプライド0 フロートアウツ6のコール期待値


インプライドが期待できなくとも、オープンエンドストレートドローができうるカードが落ちたら降りてくれる相手ならば、ここでのコールは釣り合うことになる。

もし、相手がこちらのことを

「J-T-9-Xというハンドあるならば、Tも9もストレート(スケアカード)になる」

という風に思っているならば、さらにフロートアウツが加わる。


インプライド0 フロートアウツ12のコール期待値



実際は持っていないが、相手がそういうプレイヤーだと判断できているならこの状況でコールしに行くと平均して+$40の期待値が見込めることになる。
posted by Nick O at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 上級テク-PLO- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135916573

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。