2010年09月02日

SPRその3 LOW-SPR

あなたがショートスタックであるときか敵がショートスタックである状況はこのシチュエーションで戦うことが多くなる。

例1

ポット$1000 全てのプレイヤーのスタックが$1000という状況 あなたがフロップで最後のアクションという状況で、最初にアクションするプレイヤーがオールインし、全てのプレイヤーが降りて、あなたのアクション



このシチュエーションでは、ハイSPRで危険なハンドとされる ミドルセット,ボトムセット,セカンドナッツフラッシュ,アンダートリプスといったハンドが十分強い状況となる。相手がそれ以下のハンドで攻めてる可能性もあるし、これ以上チップが減る恐れがない。

前回挙げたフロップオールインしてはいけないハンド



SPRまとめ(高いときと低いとき)

SPRがとても高い場合は、中途半端に強いハンドで大きなポットにするのは危険 攻めるときはリドロー付きナッツとナッツアウツがものすごくあるドローで攻めよ

SPRが4以下である場合、ポットベットをレイズすればオールインできるかポットコミットにすることができる。

SPRが1以上〜4以内である場合、ローSPRシチュエーションとなり、ポットベットにレイズすることでコミット状態にすることができる。SPRが4以下である場合、ハイSPRで危険なハンドも十分強いハンドとなる。

SPRが1以下である場合、ほとんど降りれる状況でなくなる。ポットオッズが全ての判断となる、1である場合、勝率 33% 0.5は勝率 25%以上あればオールインする状況となる。





ではSPRが4より大きく13未満である状況どうなるのか?このテリトリーに入った場合は難しい決断となる。
posted by Nick O at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 上級テク-PLO- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。