2010年09月02日

The Pivot card

The Pivot card

ここではピボットカードについて説明しよう。ピボットカードとは、

ストレートを作るための軸となるカード


このカードがフロップで出た場合、ターンで出たカード次第でビッグストレートドローを持つ状態となる(バックドアストレートドロー)では具体的にどういうものか例を出そう



例1


あなたのハンド <Q♠ J♠ 9♥ 8♣

フロップ[ 10♠−3♣−2♥]


あなたはフロップでストレートを作る上で重要なピボットカードを引いた。ターンでK Q J 9 8 7が出ればあなたは13カードストレートドローか17カードストレートドローを手にしたことになる。



※ストレートドロードローと言うべきだろうか?


今まで教えてこなかったのは、バックドアドローで何の理由も無くコール・レイズすることは間違いとなると以前教えたからだ。だが、今ではフロートやSPRの概念を教えてきたのでバックドアドローでコールやレイズするケースをあなたは知っているはずだ。


Pivot Cardヒットで攻めれるシチュエーション

★ SPRが低くオールインして突っ込めるとき
★ フロートができるとき(要 十分なスタックとポジション)



例2 SPRが低くオールインして突っ込めるとき

ブラインド$1−2 $5ブリングイン MAXバイイン$500のゲーム


私のハンド <9♣ 8♣ 7♠ 5♥> スタック $500 ポジション:アーリー

<プリフロップ>
私はレイズ$15をし、その後ろのプレイヤーが$50にリレイズし、全員がフォールド。私はそれにコール


フロップ[ A♣−6♠−2♣]Pot:$100

私はチェックし、レイザーが$100ベットをした。今現在のスタックは$400持っている。私は、

「彼がAAを持っておらず、かつナッツフラッシュドローを持たないならば、私のチェックレイズオールインにフォールドするだろう。現在の私はフラッシュドローとバックドアストレートドローを持っている。降ろせる確率も考慮したらここでのオールインレイズは悪くない」

そう考え、私はレイズ$400をし、彼はコール。彼の持っていたハンドは、<A♠ A◆ J◆ 2♥> トップセットのみでドローのないハンドであった。

[この時点の勝率]







例3 フロートができるとき

ブラインド$2−4 6人卓の MAXバイイン$400のオンラインゲーム


私のハンド <Q♥ J♣ 10♠ 8♥> スタック $400 ポジション:ボタン

<プリフロップ>
UTGから$14のレイズが入り、私はコール。SB、BBは降りてヘッズアップ 


フロップ[ 9♣−3♠−2◆]Pot:$34

UTGが$26のベットをしあなたのアクション。

以前やったフロートを思い出してほしい。ここでフロートができるならば(相手がターンでチェック・フォールドモードになって諦める可能性が高いと読んでいる)ここでコールする正当性が高まる。ターンでQ,J,10,8,7,Kが出ればあなたはストレートドローを手にすることができ、まともに勝負できる可能性も出るわけだ。


【バックドアストレートドローからできる確率】


スターティングハンドストレート系
スターティングハンドストレート系(マージナルハンド)



【参考記事】
フロートまとめ




posted by Nick O at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 上級テク-PLO- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161335434

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。